2014年10月22日

スタートレック日記18 Axanar編

20141028

昨年、スタトレの本流とは別にキックスターターで公募され現在制作中の「STAR TREK/Renegades」をご紹介しましたが、今年にまた新たなキックスターター系スタトレが公募され見事に目標額をクリアした「STAR TREK/Axanar」をピックアップ。

前回の「Renegades」同様に、この「Axanar」にもスタトレTVシリーズ出演者が多数出演予定に入っています…「Deep Space 9」名作『父と子』に主演していた名優トニー・トッド、同じくDS9でクリンゴン総督となるマートクを演じたJG Hertzler、「エンタープライス」でバルカン大使を演じたGary Graham他、本家スタトレにお馴染みの役者が勢揃いです。

公募用の予告編的映像(約20分)の完成度も高く、最近のキックスターター系映像コンテンツの質の高にあらためて驚かされる次第で制作プロセスのアグレッシブ感が如実に出てるケースでしょう。

物語としては、TOSシリーズの第二パイロット版として制作された「Where no Man Has Gone Before:邦題(光る目玉)」の21年前の宇宙が舞台で伝説の「Battle of Axanar」を描くとの事。

現在、当初キックスターター内での目標額10万$でしたが、それを大きく上回る64万$に達しています…近年、キックスターター等のクラウド型コンテンツ制作は既に新しいステップに入って、クラウド側の法的な整備や本格映画ファンドの前哨戦的なマーケティングにも活用されるなど、課題点を洗い出しながら着実に新たな市場として健全に成長しています。

俳優陣も、昔のような映画とTVコンテンツとの垣根も今は無くなり、更にこのようなキックスターター作品にも実力系俳優が続々と出演してくれる時代になり、媒体もネットフリックやamazone等が積極的にビジネス参戦する事で配給の多様化も進み、質の向上を背景に作り手としては面白い時代に入りました。

勿論、資金調達が上手く行ったからと言って成功するプロジェクトもあれば失敗するプロジェクトも多々あるでしょうが、物事は実行してなんぼの世界です。誰かが資金を出してくれるのを待つ時代から、呼び込む時代になった今こそ本当のファンに向けてのプレゼンテーションをするべきでしょうね…フフ…v( ̄^ ̄)長寿と繁栄を。

【キックスターター/STAR TREK_Axanar】
https://www.kickstarter.com/projects/194429923/star-trek-axanar

pipopipotv at 00:00│Comments(0) 映画&TV 

コメントする

名前
 
  絵文字