リッチマン日記 お金持ちになるための3つの奥義編リリ・ヘイデン日記4 リリランド編

2014年10月31日

お助け日記 手を差し伸べてもらえない訳は・・・編

20141023「本当に困った時に助けてくれるのが、本当の友達だよ。」…昔、年長者から言われた言葉をふと思い出したわ。

人間関係を築く上で利害関係が生じる御縁は長続きしないもの。長い時間をかけてほんの数人が親友と呼べる存在になりうる訳だけど、本当に困った時に助けてくれる人は・・・というと、その中でかなり絞られてくるわね。

もし困ったときに手を差し伸べてくれる人がいない!と思うのであれば、まず己の態度を見直してみなくてはいけないわ。ある心理学者が助けてもらえない人の特徴を挙げているのだけど、これが実に興味深いの…タイプは大きく分けて2つ。

まずは「他人を助けない、親切にしない人」…確かに普段無視を決め込んで、自分ばかりが苦しいときに助けてもらおうなんて虫が良すぎる話よね。例えば、吸血コウモリは飢え死にしそうな仲間に対し自分達の血液を与えるそう。でも全ての仲間が対象ではなく、他のコウモリを助けない冷血タイプには手を差し伸べないらしいわ。コウモリがこれほど仁義を重んじているのに、人間ときたら・・・よね。

次は「御礼やお返しをしない人」…稀に人から何かをしてもらって当たり前、という態度をとる人がいるけれど、これは最低よ。例えお金がなかったとしても、感謝の気持ちを伝えるには様々な方法があるものよね。何か物品でお返しを考えるのなら、例え金額は安くともひと言添えて渡す、また手紙やカードを送るのも良いものだわ。

まずは「ありがとう」という言葉や態度で感謝の意を表すというのが最も重要よね。しかし、頂いてばかりではこの言葉の重みも薄っぺらくなってしまうので要注意。贈る側は必ずしもお返しを期待している訳ではないにせよ、その人の喜ぶ顔を想像して選んでくれているのだから有り難い事だわ。

常に互助会的に何かをするからやってほしい、ではなく、相手のことを考えて行動する事が出来れば自然と人は助けてくれると思うのよね。こうは言っても、なかなかその域に達せないのが人間・・・日々自分の事だけでなく、人の事を考えられるゆとりを持てるよう精進しなくては、ね・・そうすればきっと「X File」の女神スカリーが助けに来てくれるかも…フフ。

pipopipotv at 00:00│Comments(0)自分探し 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リッチマン日記 お金持ちになるための3つの奥義編リリ・ヘイデン日記4 リリランド編