アヌーシュカ・シャンカール日記1 魅惑のシタール編グッド・ウィル・ハンティング日記 経験から生まれるもの編

2014年09月02日

GH4日記1 4Kキタ編

20140903昨年4月のGH3日記で鞭パフォーマー「Naomi」さんの映画監督による綺麗な映像をお届けしましたが、あれから1年半、今年の初めにPanasonicからGH3の後継機GH4で4K対応とのアナウンス…これには驚きましたね。

この短期間に一気に4K撮影できるデジタル一眼がリリースされるなんて…発売は4月だったのですが、発売と同時に品切れで生産が間に合わず6月頃から購入出来るようになりました。

まだ出始めで価格も高止まりしてたので、ちょっとウェイティング…そして8月後半に価格が下がり始てきたので即ポチりましたよ。

本体デザインはGH3とほぼ一緒なんですが…実際に使ってビックリ!…完全に別物です

4Kが何かは読者の皆さまならよくご存じかと思いますので技術的な解説は省きますが、動画撮影時の奥行きの表現はそれは素晴らしく、スナップ的に気軽に撮影しても驚きです。

このGH4は型番的にはGHシリーズの4世代目になりますが、実質4K機材の初代と考えた方がベスト。同時期にSONYからα7sと言う恐ろしい程に暗部に強いフルサイズの機種が発売になりましたが、4Kでの撮影は内部では不可能で結局それなりの環境を整えないとダメな事からGH4を選択したわけですね。

ネガティブな部分として4K撮影時にセンサー領域がクロップされてしまい、広角レンズを使わないとランドスケープ的な絵が撮れないとも言われましたが、そのような問題はあっと言うまに解決されるでしょう…4K1号機ですからそこまで望みませんよ!

そして、使ってビックリなのが、4Kからの切り出し画像の繊細さ…"シャッターを切る"から"流し撮りからお気に入りの部分を抜く"…何とこれは革命的な手法ですね。特にシャッターチャンスが難しい動物や子供とかには最適です。

下の写真はそれぞれ4K動画からの切り出しなんですが、もう繊細さが写真レベルです…白猫の耳の血管までハッキリ出てますね…連写で最適ショットを撮る必要が無くなりました!

想像以上だった素晴らしい完成度のGH4…実験的な短編映画も撮影してみようと思ってますので乞うご期待…フフ。

【PanasonicGH4】
http://panasonic.jp/dc/gh4/

20140904
20140905


pipopipotv at 00:00│Comments(0) ハイテク 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アヌーシュカ・シャンカール日記1 魅惑のシタール編グッド・ウィル・ハンティング日記 経験から生まれるもの編