フラメンコ日記 オーレ!カンテ・ライブ編マーマリス日記 御徒町にて前世を知る!?・・・編

2014年08月28日

トロピック・サンダー日記 やり切る楽しさ編

20140820

先週ピックアップした「チャーリー」で主演のロバート・ダウニー・Jr.が映画界に本格復帰の前哨戦とも言えるのが2008年異色のコメディ作品「トロピック・サンダー」よ

「アイアンマン」とは同年のリリースなんだけど、アカデミー賞他、各賞に助演男優賞としてノミネートされ実質的な前線復帰作と言ってもいいかも…だって彼の演じるのは黒人役なんですから!…作品的には、もう素晴らしいの一言…制作・原案・脚本、そして主演・監督も務めたのがお馴染ベン・スティラー。

物語は戦争映画の撮影現場でベン・スティラー演じる落ち目のアクションスターとジャック・ブラック演じる下ネタ系コメディアン、そしてロバート・ダウニー・Jr.演じるオスカー常連俳優の3人が背景の違いからもめ事に・・そこで怪しいこの作品の原作者が「役者をリアルな恐怖の中に放り込め!」と監督に耳打ち、そして実行されるのだが想定外の事態が起きてしまうの。

放り込まれたジャングルは麻薬製造地帯のとってもデンジャラスな場所。手の込んだ仕込みと勘違いする役者がリアルな戦闘に巻き込まれ、持ち前の俳優魂と個性でサバイバルしていくのだが・・と言うのがベーシックな流れよ。

何しろ、監督のスティラーの映画好きが組込まれたこの作品…「地獄の黙示録」「プライベートライアン」「レインマン」「エージェント」の視聴経験が必須ね。他にも「ランボー」や「戦場に架ける橋」その他もろろの名場面もリスペクトされて映画マニアにはたまらない作品に仕上がってる。

コメディだからと言って、アクションやセットが手抜きなんて全くなし…「ジュラシック・パーク」の撮影場所(ハワイ)に8週間も滞在しての長期ロケだし、最近のアクション映画と同等の火薬量を使用してるんですもの。その中で演じる3人+2人のボケぶりは羨ましいわ。

映画マニアは勿論楽しめるけど、もう一つ、米の映画制作の現場を知ってる人(究極!?)にとっては本当に大爆笑なのよ。一例解説すると、物語に登場する監督はイギリス人なんだけど、"紅茶野郎"とか罵られたりとか実際の現場でもアメリカ人ってイギリス系の監督を嫌いな人が多いわ。英語のしゃべり方がまどろっこしいとか、理屈っぽいとかでね。だから最近の映画の悪役はイギリス系になる事が多いのよ。

それと、映画制作におけるそれぞれの立ち位置、つまり誰がその場のボスかって事ね。映画のエグゼクティブプロデューサー役にあのトム・クルーズがカメオ出演するのだけど、その考え方がデフォルメしてはあるものの事実なのよ。本当の意味で最高に笑えるのがこの人物。

その他にも、黒人蔑視問題とかコメディながら巧みに脚色されてるし社会的な皮肉もたっぷり表現されていて素晴らしいの。サントラも良く出来てるし、またっくもって妥協がないコメディの大傑作と言っても過言ではないわ!!特にロバート・ダウニー・Jr.ファンは必ず見るべし!

pipopipotv at 00:00│Comments(0) 映画&TV 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
フラメンコ日記 オーレ!カンテ・ライブ編マーマリス日記 御徒町にて前世を知る!?・・・編