ITと音楽日記 インフォメーション・オンガクスキー編点数日記 結婚を持続させるために・・・!?編

2014年03月26日

エンタの現場日記2 お金にならない職業、思い出作りかビジネスか!?編

20140325なかなかお金にならない職業??…それは役者、声優、ミュージシャン・・との事。

一度は憧れる人も多いだろうけど現実は実に厳しいわ。昔、友人で声優を目指し大手の専門学校に通った子もいたけど、結局卒業と同時に就職したの。彼女は在学中に自分の能力の限界と、プロとしてやって行く為のルックスと営業力が必要が無いと判断し諦めたの。

ずっとアニメの声優を目指していたいたのだけど、当時はアイドルのような可愛らしい声優が注目され始めた時期だったので自分には無理だと思ったしまったらしい。

ある声優プロダクションの代表によると、全国で声優1600人いるうち1割はフリー、8割は声優の仕事だけでは生活出来ないのでアルバイトをしてるんだそう。しかも事務所所属でない『預かり』や『凖所属』声優だけでも850人以上いると言われてるんですって。仮に正式に所属出来ても仕事が無いのでオーディションの連続・・結局は融通の利くバイトで食いつなぐしかないのよね。

アニメの声優に抜擢されてもギャラが高くなったら要らないと言われてしまう悪循環。実際に仕事でアニメの現場に携わった事はあるけど、憧れの業界に足を踏み入れてその狭き門ぶりと厳しい状況に愕然とする人が殆どだったわ。それでも努力と知恵と情熱で挑んだ人が今もなお仕事を続けていられるようね。

現場で仕事の厳しさから挫折しがちなのは専門学校出身者の方が多いと語っていたけど、それはどのジャンルでも同じような気がする…勿論専門学校を卒業してきちんと自分の仕事を確立している人も居るけれど、そこで知識や技術を学ぶのと同じくらい"どうやって仕事にして行くべきなのか"という事を"リアル"に考えられる人だけが生き残れるのかもしれない。

学校側も利益だけ追っていないで、今後業界を背負って立つ若い人達がビジネスにおいて必要になる部分をたたき込むべきではないかしら。その為には講師のレベルもかなり高いものでないといけないから難しいけど・・。まだまだだなあ・・頑張れ日本!!

pipopipotv at 00:00│Comments(2) エンタメ戦術 

この記事へのコメント

1. Posted by ソウルマン   2014年03月26日 02:15
今の芸能界や、その関係の専門学校ってはっきり言って人を育てようって気持ちは明らかにないような気がする。
まあ、昔からそうなのかもしれないけど、育てるというよりももう、出来上がってる物を欲しがる、要するに金になるかならないかでしか見てないような感じがしますね。
どうしてもというなら金持ちのスポンサーを付けるとかしないと、デビュー出来ないのが現実みたいですよ。
特に声優さんは元々プロの劇団員か俳優さんがなるケースが多いと聞いた事があります。
となると、専門学校から純粋な声優という職業につくというのは至難の技もいいとこでしょうね。
それだったら劇団員に入って芝居の勉強を何年かした上で、アニメ業界にコネを作って声優になれるチャンスを狙った方が良いのではないでしょうかね。
まあ、何はともあれ本当にその職業が、好きであればの話ですけどね。

長々とコメントすみせんでした。m(__)m
2. Posted by ピポ子   2014年03月27日 00:42
ソウルマン、有難うございます!
ソウルフルな思いがストレートに!

本当にその通りだと思います。
その仕事をしたいと思うのであれば、まず行動!そして継続することが最も大事な事ではないでしょうか。厳しいことだからこそ挑んでみたいと思えれば一番良いですね(*^_^*)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ITと音楽日記 インフォメーション・オンガクスキー編点数日記 結婚を持続させるために・・・!?編