お家日記7 野原と五輪編ピーター・ガブリエル日記2 詩人は進化するのみ・・・編

2014年01月24日

帽子日記3 花咲く英国魂フィリップ・トレイシー編

20140118このブログで日本人帽子デザイナー"MISA HARADA"の紹介をさせて頂いたけど、彼女と同様、ロンドンの名門ロイヤル・カレッジ・オブ・アート出身の先輩である「フィリップ・トレイシー」の作品も一筋縄ではないわ!


フィリップはカレッジ卒業後、その才能を見い出されシャネルの帽子デザインに抜擢されたの。

その年のイギリスファッション協会の"アクセサリー・デザイナー・オブ・ザ・イヤー"を受賞した後、自身のレーベルを立ち上げ、アレキサンダー・マックイーン、ジバンシーなど多くのブランドとコラボしているわ。


その独創的なスタイルは、エレガントでありながらくすぐるような遊び心満載。


ずっと欲しかったこの『レッド・ハット』は、日本入荷はこのひとつだけ!素材の色合いの美しさ、細やかなアシンメトリー…着用時に最も花開く、計算されつくされたデザインは最早芸術の域よ。細部に渡って丁寧に作られているから、手にした時に作り手の息吹を感じるよう。


装飾の飾りも同色の赤で統一することで、嫌味のない上品さが出ているのよね。クラウンハットの部分に微妙な高さが付いているからで、丸顔でもそんなに気にならないというマジック付き…うーん、エクセレント!

MISAは日本的な華やかさがあるけど、フィリップは英国的な伝統とアバンギャルドさが共存していて甲乙付けがたい。恐るべし、英国帽子界!

pipopipotv at 00:00│Comments(0) ファッション 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お家日記7 野原と五輪編ピーター・ガブリエル日記2 詩人は進化するのみ・・・編