コラテラル日記 フィルム・ノワールの闇と夜明け編キックスターター日記1 GO or Canceled編

2013年11月27日

Dolby ATMOS日記1 驚愕の音響システム上陸編

20131127先日、待望の映画鑑賞最新システムがやっと日本にも導入されたと言う事で、早速体感しにちょっと遠くまで行ってきたわよ。

それはDolby ATMOS(ドルビーアトモス)なる名称の最先端音響システム…既に北米では導入が進んでいてアジアでは中国が先だったのね。

一般の人にはDolbyと言ってもあまり馴染みがないかもですが、音楽関係者には昔からなくてはならない機材だったのよ。まだレコーディングがTapeだった時代にノイズを抑える画期的なシステム…時代はアナログからデジタルに進化しDolby社自体も新たな音のサポーターとして進化してるのね。

難しい事はさておき、スタッフのウケウリを交えて解説よ…今回のATMOSは何が凄いかと言いますと、家庭でもDVDやBRで5.1chや7.1ch等のサラウンドがあるけど、それは既にレンダリングされた音が個々のスピーカーに割り当てられ音が出る仕組み…このATMOSは写真の様にスクリーン裏スピーカーを含め、天井・背面・両サイドと映画館内をスピーカー群(今回は49台)が包み込むように設置(数は限定されない)され、スクリーンチャンネルにその場でサラウンド音(オブジェクト)をデータからリアルタイムでレンダリングするのよ。
20131126
活字にしてるPIPOKOも分かってるようで分からないのだけど、音をキッチリとポジショニングできるのよね…それも劇場にあわせて自動的に最適化してくる優れもの…ボワ~と音が聞こえるのじゃなくて、そこに在るって感じかしら。その位置を自由に変えられるからビックリね…つまり出来上がった音じゃなくて、その場でMIXしてる感覚に近いわ。

ちなみに、ハード的にはレコーディング世界ではお馴染みのProToolsにATMOSのプラグインで視覚的に音場を調整するのだけど…今後はスクリーンチャンネルもATMOS前提に完全なリアルタイムMIX作品もどんどん出てくるでしょうね。

20131128で、実際どの作品で体感したかというと、PIPOKO的に今年衝撃だった「パシフィック・リム」と「STAR TREK:イントゥ・ダークネス」の2作品!…初のATMOSをこの作品で体験できるとはとてもラッキー!

実はATMOSだけでなくて、新しくTCXなるTOHOシネマズの独自スクリーンで壁いっぱいにやや湾曲してデジタルIMAXとはちょっと違った臨場感も素晴らしいわ!

で、一本目は「パシフィック・リム」…既に2D、3D、吹替版、IMAX版と全てのフォーマットで鑑賞済みなのでこのTCX+ATMOSでどうなるか・・いやぁ〜驚きの一言よ。

この作品は実は巨大なマシンの重量感を出すために重低音の再現がとても大事なのだけど、地響きのような重低音がATMOSのナチュラルなダイナミックレンジで凄い奥行きが出て、通常ならやや耳に付く高域もうるさくないのよ…細々としたオブジェクト音もちゃんと立体で定位してるし、その移動もリアル。音だけで無く俳優の衣装の生地の毛玉まで良く分かるスクリーンの上質さはデジタルIMAX以上だったわ。

二本目はこれも試写レベルから何回も鑑賞済みの「STAR TREK:イントゥ・ダークネス」…今度は座席をやや前方のセンターに移動して音のスイートスポットに変化があるか確認よ。この作品のサウンドはゴージャスなオーケストラ的な部分が多いのでそれとオブジェクトの馴染みをチェックね。

一般的に今までの劇場では音のスイートスポットはセンターからやや後方にベストチューニングされてるのだけど、ATMOSのそれは広いはず…劇場前方で見る利点はスクリーンから視界がはみ出ないのでその世界にどっぷりつかれる事、でも音はNG的な感じだったのだけど…う〜むこれも素晴らしい音場…恐るべしATMOS。天井のスピーカーもあって前方でも立体感は損なわれず、SF的な作品は今後はこのポジションが良いかもしれないと思ったわ。

何だかATMOSはおどかし的な音響と勘違いされるかもしれないけど、それこそ勘違い。リアルタイムレンダリングによるレンジ感の広さはとても自然な音響になるって事なのです…このようなシステムは映画だけで無く音楽LIVE映像にも最適ね。絶対に自宅では体感できない劇場だったら人は集まるし、逆にゴミのような作品だったら宝の持ち腐れになる…当面、このATMOSが活きる作品は海外作品だけでしょうけど、国内でもこのような最新技術を前提にした作品作りを関係者に期待したいわね。

さて、その上映場所はTOHOシネマズららぽーと船橋…モニタリング的な設置で、今後都内で初になるのは日本橋に来年3月にできるTOHOシネマズ日本橋との事。船橋での「パシフィック・リム」と「STAR TREK:イントゥ・ダークネス」上映は好評につき12/6ま延長らしいから絶対にご覧になったほうが良いわ。これは色んな意味で歴史的な上映会だから!!

pipopipotv at 00:00│Comments(6) ハイテク 

この記事へのコメント

1. Posted by ソウルマン   2013年11月27日 20:11
確か、一時期、東芝のダイナブックだったかな、スピーカーが、ドルビーだったような気がする。
その後、NECのパソコンでヤマハのスピーカーが内臓した商品が出るまで、ダイナブックは音がいいと評判だったんだよね。
2. Posted by ピポ子   2013年11月27日 20:54
こんばんは!
なんだか懐かしいネーミングが・・・。
そういえばそんなnotebookありましたね!
明日は気をつけて健康診断行ってね〜
3. Posted by チェルノアルファ   2013年11月28日 10:51
みてきました!凄かったです!
4. Posted by aachan   2013年11月28日 11:27
うわぁ〜〜ぞくぞくする。('-'。)(。'-')。ワクワク
理論的な仕組みはちんぷんかんぷんだけど、こりゃすごい臨場感が得られそうだぁ。
5. Posted by ピポ子   2013年11月28日 11:43
あぁちゃま!お元気ですか〜
いつも有難うございます(*^_^*)
これは是非体感して頂のが一番だと!東京にお越しの際は是非!!!
6. Posted by ピポ子   2013年11月28日 11:45
チェルノさん、初めまして!
体感されましたか!!引き続き12月まで延長だそうで、嬉しい限りです。
しかしこの2本立て・・・おいしすぎますよね!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コラテラル日記 フィルム・ノワールの闇と夜明け編キックスターター日記1 GO or Canceled編