ヴィアート日記 お気軽フレンチ編太もも日記 美人足薄命!?編

2013年10月30日

猫目風景日記 ミー達の世界を見てニャー編

20131026猫の目線では、世界は一体どんな風に見えているのか…あんなに大きな瞳を持っているのだからきっとよく見えているはず、と思ってしまうわよね。

猫の視野は約200度もあり、人間の180度を上回るの。周辺視野と呼ばれる空間分解能が高い"中心視野"以外の領域は、人間が20度、猫は30度とこれまた広いわ。

しかし意外にも視力は人間程良くはないの…人間が30メートルから60メートル離れた距離から見分けられるものも、猫にはぼやけて見えるだけで、はっきり見えるのは約6メートル離れた物体だけだそうよ。これではどんな素晴らしい景色もぼやけて見えるだけなのかしら・・・そう考えると、ちょっと可哀相な気がするわよね。

更に色に関しては、人間の赤緑色異常に似た状態だそうよ。人間が赤、緑、青の3種型色覚を持つのに対し、犬、猫、牛、馬などの多くのほ乳類は、緑と青の2種類の色覚しか持たないのが理由なんですって。網膜にある光受容体の種類や密度が異なる為人間の色覚より弱くなってしまうから、濃い緑の森も荒れ野原のように映っているのかもしれないわね。

しかし、悪いことばかりではないわ。猫の網膜には様々な光受容体がある為、薄暗いところでは人間よりはるかによく見えるの。人間の網膜の中心には色を区別し細部を見分ける"錐体細胞"があるのだけど、猫は感度が高く暗闇で強みを発揮する"桿体細胞"が多いからなのだそう。

そう言えば、深夜になると家の近くで地域猫達が集まり、深夜のパトロールや集会をしているのを見かけるわ。暗闇は敵から身を守れるし、そういった意味でも動物の体ってよく出来ているわよね。

うちの愛娘たちも深夜に運動会を始めた挙げ句、転ぶことなく階段を行ったり来たりして最終的にベットの位置を確保。暗闇にも関わらず、あの鮮やかな振る舞いはこんな視点から来ていたとは・・・うーん、ニャンともミステリー。

pipopipotv at 00:00│Comments(2) アンドレア 

この記事へのコメント

1. Posted by HBriver   2013年10月30日 04:13
猫の目には、自分はどう映っているのか。
どう思われているのか。
猫は気まぐれだというけれど、ちゃんと人間を理解してくれる。
猫の目に優しい人だと映りたいです。
2. Posted by ピポ子   2013年10月30日 14:07
こんにちは!
にいさんは、猫ちゃんから見ても優しい方だというのがわかるはずですよ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヴィアート日記 お気軽フレンチ編太もも日記 美人足薄命!?編