ストレンジ・ラブ日記1 禁断のヴィンテージ・ワールド編味の曙日記 未体験フライ・ワールド編

2013年08月23日

スタートレック日記6 金字塔「イントゥーダークネス」編

20130817このブログで長きに渡りご紹介してきた映画「スタートレック イントゥーダークネス」…遂にそのベールを脱ぐときがやって参りました!

スタトレ映画作品も今作で12作…2009年にJ.J.エイブラムスで再生、公開された「スタートレック」では、若きカークがU.S.Sエンタープライズ号の艦長に就任するまでを描いており、キャスティングもストーリーもトレッキー及び初スタトレ体験者にも納得いく仕上がりになっていたわ。そしてその3年後、同じ制作陣、キャスティングで…ときたら期待せずにはいられないわよね!

既に全世界で先行公開されていて、前作より最大300%を上回る国もあって大ヒットと言っていいわ。お話としては、『平和を謳歌する地球に、突如訪れた史上最大の危機。それはエンタープライズ号の内部に潜んでいた静かなる悪のもたらしたものだった。壮大な宇宙を舞台に繰り広げられる生死を賭けた闘い。仲間との絆は引き裂かれ、愛は試される。世界と引き換えにカークが、エンタープライズ号のクルーが、払わなければならない「犠牲」とは・・』みたいな感じ。

日本でも自販機、豆腐、オイル・・・と至る所で近年珍しい程の大規模なキャンペーン(ミッションインポッシブルの2倍以上)を展開し、大スタトレ祭りにテンションは更に上がる一方!公開まで内容を決して口外してはならないという通達があり、試写後スタッフも関係者も私の前では何も言えないという生殺し状況・・・でも私は密かに今回のヒールが誰なのか予想し、本編でその予想が見事命中した時は、嬉しさのあまり声をあげてしまったわよ!

これから本編をご覧になる方が沢山いらっしゃると思うのであまり詳しいことは書けないけれど、これまでスタトレを見てきた人達にとっては思わず唸ってしまうほどのツボの連続!これも詳しく書けないのが口惜しいわね。

クリス・パイン演じるカークとザカリー・クイント演じるスポックはウィリアム・シャトナーとレナード・ニモイ同様最強なコンビだけれど、今作の2人の方がよりセクシーさがあるような気がするのよね。映画はテレビシリーズより若い頃の設定なので、彼らの瑞々しい若さがとても眩しく、若さ故の破天荒さや美しさ、そして初めて向かい合う恐怖と苦しみがじっくりと表現されて素晴らしかったわ。

噂のベネディクト・カンバーバッチ演じるヒールも新たな切り口で描かれており、トレッキー達を納得させるには十分。テレビシリーズでじっくり時間を掛けて作り込んできたものを2時間ほどの映画にするというのは容易なことでは無いわ。

スター・トレックの映画シリーズに関してはトレッキー内の評価も様々・・・でも前作、今作は過去のエピソードをきちんと踏まえた上で新たに作り込んでいるし、制作サイドのこだわりと努力、そしてスタトレ愛は並々ならぬものを感じる。これだけの歴史的大作になれば、好きすぎても客観視できなければダメ、背景をよく理解せずやみくもに新しくしようとしてもダメ、一見さんにも常連さんにも楽しんでもらえるように、と言うことにも気を配らないといけないから本当に難しいわよね。

しかし・・・本当に素晴らしい作品であるということだけは間違いないの!さぁ、夏も佳境に入りましたが、スタトレの新たな挑戦は今始まったばかり・・・!ネタばれ有りのレビューは公開後一ヶ月ぐらいしたらアップするわよ…フフ、長寿と繁栄を。

pipopipotv at 00:00│Comments(0) 映画&TV 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ストレンジ・ラブ日記1 禁断のヴィンテージ・ワールド編味の曙日記 未体験フライ・ワールド編