プロメテウス日記2 SFかファンタジーか…編集中日記 デジタルの弊害編

2013年01月21日

安佳里串揚げ日記 センスもピカッと光る店・・・!編

20130118串揚げって聞くと、真っ先に思い浮かぶのは「ストップをかけないとわんこそば状態」かしら。でも折角美味しいものを頂くのだから、ゆっくり楽しみたい、というのが心情ね。

そんな中、神田においしい串揚げのお店があると聞き早速行って来たわ!「安佳里(あかり)」という店名の通り、とても暖かくて雰囲気が良いお店よ。店主のビール好きが嵩じてビールにあう串揚げを…というのがコンセプトだそうなのだけど、なるほど見たこともない世界のビールが所狭しとお出迎え。

大変珍しいので珈琲風味とチョコレート風味のビールを注文すると、確かに泡からほんのり甘いフレーバーが・・・。グイグイとお酒がすすむ中、いよいよ独創的な串揚げがスタートよ。定番のエビは頭の味噌がたっぷり、珍しい地ハマグリは身がぷりぷりして歯ごたえも楽しんだわ。

青海苔で包まれた牡蠣はこれまた新鮮、見目にも麗しい秋鮭といくらの親子共演、大好物のフォアグラはジェノベーゼ風に包まれてさっぱりと、更に大好物の白子はトマトソースとの相性バッチリで、ガーリックチップを身に纏って登場よ。

小皿に盛られたお塩やタレの種類も豊富で、今まで見たことのないものばかり。どの串揚げも材料の新鮮さもさることながら、とにかくそのアイディアと美しさにただただ驚かされたわ。串揚げというジャンルを超えたオリジナリティ…!店主の並々ならぬビールと料理への愛情の深さを感じさせられたわよ。

特に気に入ったのは創作一品料理の中で際立っていた、イチジクを生ハムを巻いたお料理!イチジクの甘みと生ハムの塩気が見事に融合し、お酒がすすむすすむ・・・。

こじんまりとした店内では十分な接客が出来るようにスタッフが配置され、どこもかしこも隙のない完璧なセッティングだったのも素晴らしいわ。この分だと際限なく注文してしまいそうなので、ちょっと足りないくらいのところで終了。

量を頂くと言うよりは、その作品ひとつひとつを愛でるのが一番の楽しみ方ね。帰り道どことなくほかほかした気分になったのは、おいしい串揚げのお陰か…お店のスタッフのお陰か…その両方かも!とにかくまたリピートしたいお店が増えちゃったわ…フフ。

pipopipotv at 00:00│Comments(2) ごはんですよ! 

この記事へのコメント

1. Posted by ソウルマン   2013年01月21日 01:32
串揚げのフレンチ風とでもいうのでしょうかね。
なかなか良さそうなお店で。
写真の黒いビールはギネスではなくてチョコレート風味のビールなのですか?
ちょっと飲んでみたいですな。
今度、御茶の水の楽器屋行った帰りにでも行ってみようかな。
2. Posted by ピポ子   2013年01月21日 02:14
5 こんばんは!
こじんまりとしていて素敵なお店ですよ!
言うこと無しの美味しさです。
そう!ギネスでは無くチョコビールよ!
ランチもやってるみたいなので是非寄ってみて!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロメテウス日記2 SFかファンタジーか…編集中日記 デジタルの弊害編