2015年09月

2015年09月29日

ドグマ日記 塗り変えられた聖書!?編

20150915ありとあらゆる意味で問題作といえる1999年映画「ドグマ」

天使(ベン・アフレック/マット・デイモン)は殺戮を繰り返し、神は女性、使徒の1人は黒人だったが為に聖書に記載されなかった・・・等とかなりの過激ぶり。公開当時は上映禁止運動が起こるほどの批判を受けたというのも頷ける。

神に背き地上に落とされた天使2人が、ようやく天国に帰る方法を知るの・・・それは門をくぐる事により罪が許されるという教会の聖堂に入る事…でももし彼らが実行すれば、神が定めた教義に矛盾が生じ人類が滅亡してしまうの…天使らを阻止しようと選ばれたのは、キリストの末裔の女性堕胎医!!何とも皮肉よね。

そして欲の塊の人間の預言者、ストリッパーの女神、黒人の使徒とバラエティーに富んだ神の申し子チームは、果たして堕天使達を阻止できるのか・・・?という恐ろしい物語。

キリスト教の教義を覆す設定の数々にはらはらさせられっぱなしだけど、全編コミカルに描かれているから楽しく見ていられたわ。でもこの内容ではコミカルに描く以外方法が無いか・・・。ただ、冷静沈着な堕天使の1人が「自分達は神に尽す為だけに命を与えられたが、人間は自由でいる事が許されている。これほど神に愛されているのに、何故人間すべてが神を敬わないのか」と怒りを露にした場面でハッとしたわ。

人間は生きている事を当たり前に考え、自分が『生かされている』という事に感謝する気持ちを忘れてしまっているね。日々の慌ただしさに流され生きている事の喜びを見失ってはいないか?そう問われてるようだったわ。

別の意味でハッとしたのは歌手アラニス・モリセットが神様として登場するシーン…キリストが女性というだけでも『オーマイゴッド!!』なのに、このキャスティングはこれが本当の『オーマイゴッド!!』よ…神を演じる彼女の不思議な魅力を良しとするべきか否か判断に困っちゃう。

ベン・アフレックとマット・デイモンと言えば1998年の傑作「グッド・ウィル・ハンティング」だけどこの二人は最強コンビ。とにかくあらゆる部分で宗教的概念に波紋を投げ掛けた意欲作…今日もおいしい夜食に感謝をしつつ意欲作を生み出さなくては・・・。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2015年09月28日

CATWALKーCOLLECTION日記 衣装はデイリー使い編

2015091420代はじめの頃は憧れていた洋服を買えるようになり片っ端からお洒落を貪っていた時期だったわ。

幾つかの贔屓のインポートブランドはあったけれどセレクトショップに足繁く通うようになったのもこの頃だったかしら。若さと好奇心から・・・というと嫌だけど、どうやってデイリー使いにするの?と言われるようなデザイン性の高いものを買い集め、クローゼットの中はどこの楽屋かと思うほど奇抜な服で溢れかえっていたものよ。

中でもイギリスの「CATWALKーCOLLECTION」というブランドのファーコートは衣装レベルのインパクトで、デイリー使いとしては不向き。セレクトショップで一目惚れし予約注文をしたコートなのだけど、ファーの部分が検閲に引っかかり税関で止められたといういわく付きのお品ものなの。

でもこのコートは自分にとって忘れられない思い出が・・・大昔、初めてクラブッタ川崎でライブを行った際衣装として着用したのよ。

襟元、袖口、ヒップラインにぴったりと天然のファーが施され、ボタンを留めるとプードルの様なラインが出来上がりキュート!お値段は決してキュートでは無いし、タイトすぎる程タイトなラインはコートとしての機能よりビジュアル重視ではあるけれど、このデザインや質感は今なおベスト3に入るキワモノかも。

年齢を考えるとこんな大胆なアイテムは無理、なんて年を追う毎にそんな声が聞こえてくるけれど、今だからこそ敢えて挑戦したいと思うわ。

その時その時になりたい自分を表現するからこそのファッションであり、そのときめきや勢いを無くしてしまったらつまらない…十数年経ってこの「CATWALKーCOLLECTION」を身につけた自分が、子猫から成猫へ見事変貌出来ていたとしたら嬉しいかも・・・。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) ファッション 

2015年09月27日

In Memoriam日記 2015編

20150913人はいずれ死してしまいますがエンタメ関係者のそれは特に悲しいですよね…先日も若くして川島なお美さんが他界され驚きました。

先のエミー賞のでもこの一年間に他界されてしまった映画・TV制作関係者(北米)の追悼映像が約4分にまとめられて放映されました。

今年はあのMr.Spockことレナード・ニモイも・・・近年のメモリアムはTVの創世記を飾った方々が年齢的な事もあって大変多く時代の大きな転換期を感じます。

今日は語るよりも亡くなられた方々を偲んで…笑顔でご冥福を。

【2015エミー賞追悼】


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2015年09月25日

病気予防日記 誕生月で判明!?編

20150912夏に生まれた猫はよく育つ・・・よくそんな風に言われるわね。

気温や食べ物、親からの遺伝など様々な要因が猫の寿命に大きく影響するけれど、実は人間も全く同じ。生まれ月によってなりやすい病気、なりにくい病気があることがわかったのよ!!

米コロンビア大学の研究チームが1688種類の病気と誕生付きの相関関係を検証したところ、55種類の病気について相関があると確認したそうよ。

例えば日本人に多くみられる「肺癌」のリスクが高いのが2月、続いて1、3月と早生まれ。逆になりにくいのは11月なんだとか。

理由のひとつとして妊婦の健康状態が季節によって変わり、それに胎児も影響受けるという事が挙げられてるの…新生児の体内に入るアレルゲンの量も季節に左右される為、病気の発症率が変わってくるんですって。

最も病気のリスクが高いのは10月生まれ。風邪・急性咽頭炎・気管支炎・胃の機能障害、視覚不良に月系痛他15項目以上の病気が挙げられているのだけど、逆に高血圧・前立腺癌・心房細動・冠状動脈硬化症など重病のリスクが低かったわ。

しかしこの重病のリスクが高いのは3月、更に4月も狭心症や心臓発作・心筋虚血など心臓のリスクが高く要注意よ。そして最も病気になるリスクが低いのが5月、7月、12月という具合。

因みに自分は11月なのだけど急性扁桃炎・腸炎・下痢になりやすい・・・確かに当たってる。こうしてみてみると秋から冬にかけて誕生した人はなりやすい病気の数が多く、初夏から夏真っ盛りに誕生した人の方が病気になるリスクが低いという事がわかったわ。

こうした統計をとることで病気への対策も取ることが出来るし日頃の体調管理にも大いに役に立つわよね…今後は出産時期にも大きく影響してくるんじゃないかしら。春を愛する人は♪・・・なんて歌があったけれど、これからは心臓病に注意~♪と歌ってみよう。因みに、お家のホームドクターは猫共々Dr.マッコイですけどね…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2015年09月23日

ベルロイ日記 全天候でどっからでもかかってこい編

20150911新しいタワーに移転して日々アクティブな毎日を過ごしていると、環境に適したグッズが必要になってくるのだけど、お財布もその一つ。

身軽に自転車に乗ったり、よく歩いたりしてると突然の雨や汗でiPhone他の色々注意が必要…でもナイロン等はとても安っぽくてお財布としてもあまり利用したくない・・・と悩んでいたら、やはり同じ悩みが海外で多かったのか、遂に全天候型の革財布&iPhone収納可の素晴らしい逸品が登場よ。

ブランド名は「ベルロイ」…そのラインのエレメンツシリーズが日本でも発売になったので早速購入。こちらのブランドはお財布を薄々にしたことで着目されて、今度は革製品ながら全天候対応の画期的な商品。

エレメンツシリーズは大小4種類あるのだけど、その中で「エレメンツ・フォンポケット」を選択…このサイズがとても絶妙できっと開発者は絶対にアウトドアを知り尽くしてる人だなと使ってみて直ぐに納得。

必要最小限を実にコンパクトに収納できて、自転車ウエアーのおやつポケットにもスッポリと収まる縦長サイズでiPhone6も収納できるのよ。ジッパーも勿論耐水仕様なので突然の雨や運動中の汗にも対応。革素材とデザインも上品で全天候型にありがちなチープさは一切無し。

特に最近はApple時計と併用でiPhone本体はこの財布に入れっぱなしで頻繁な出し入れもしなくてよいのが持ち物の無駄を省いてくれるので重宝。これはアクティブな方々には超優れものな商品でオススメです。

ただ残念なのが販売してる方々(特に百貨店系)が無知な事が多く、「全天候ってなんですか?」とか目の前にブランドのPOPが出てるのに知らないとか、最新グッズに関する販売スタッフの知識の無さに驚き…こまったものです。

アウトドアでカッコイイ逸品をお探しの皆さま…これは本当にオススメですよ!!

【ベルロイ・エレメンツ・シリーズ公式】
http://bellroy.com/live-life-outside

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) ファッション 

2015年09月21日

VERSACE日記 薄くてもエレガント編

20150910ようやく秋めいてきたこの頃・・・そろそろコートを、というには少し早いわね。

今年は異常気象のせいか季節がまるっきり不安定で一体何を着たら良いかわからなくなってしまう。

クローゼットの中を見回し本格的な冬が来る前に準備しなければと思っていたところ丁度良いアイテムを発見!…大分前に購入した「VERSACE」のロングコートなのだけど気負いからなのか数回しか袖を通しておらずクローゼットの肥やしと化していたわ。

年々日本からハイ・ブランドが次々に撤退し、このブランドも例外ではなかったけれど最近では銀座にオープンした「VERSACE HOME」が話題になっていたかしら。

しかし「VERSACE 」といえばバブル期の大胆な鎖のデザインやゴールドの色遣いが印象深くて、自分のイメージとはほど遠く、着こなせる自信がなかったのよね。でもこのコートはVERSACE らしさがありながらもどこかクラシカルな雰囲気。

ブラックというシンプルな色使いだからわかりづらいけど袖と裾のカッティングが格好良いの…個人的にあまり”切りっぱなし"という手法は好きではないけど、このコートは見事にこの手法が生きているわ。正面の留め具と袖の絞りにすべて皮のベルトが付いていて、どことなく中世の様でありながらも近未来的で独特な雰囲気が漂っているの。

身につけるというよりも”挑んでいく”・・・と言った風情で、羽織るときはちょっぴり気合いが入るわ。自分が小柄なので丈の長さが心配だったけれど細身のシルエットが幸いしてさほど長いとは感じられなかった…これもデザインの妙と言うべきかしらね。

ウール生地なので若干重みはあるけれど薄手で暖かいの…今年は厚手のものより薄手のものを重ねる方が気候的にも対応出来るし使い勝手が良いわ。ヒールの高いブーツを合わせれば、裾のカットの美しさが際立ってエレガント・・・いよいよキレイめ個性派、デビュー!!か!?

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) ファッション 

2015年09月18日

休憩日記 最高の休み方とは??編

20150909

ようやく取ることが出来たお休み・・・せっかくだからお出かけしよう、なんて思うのは若い時だけ。

仕事に疲れたお父さん達からは、家でのんびり休んでいたいという声が多く聞かれるわよね。結局1日ベットでダラダラしていても疲れがとれず、家族から邪険にされるという結果に陥るパターンよ。

眠ったり、読書をしたりネットサーフィンしたり・・・果たして理想的な休憩方法というのは、一体どんなものなのかしら?心理学者のセーチエノフによると、休憩の時はただ漠然と何もせず休むより他の「積極的な行動」を取った方が気持ちが休まり精神的に良いのだそう。

これを提唱した学者の名前を取って『セーチエノフ効果』と呼ぶらしいわ…実際休憩には「受動的休憩」と「積極的休憩」の2種類が存在するんですって。休憩中、殆どの人は椅子に寄りかかったり机に顔を伏せて寝ていたりするけれど、これは「受動的」なの…更に漠然とネットサーフィンを行うもの同じく「受動的」よ。

逆に何か別の事を積極的にするのが「積極的」で、散歩をする、読書をする等がこれに当たるわ。では、これまで挙げられた行動ひとつひとつを良い悪いでなく、この2つの行動を踏まえて考えてみようかしら。

セーチエノフによると、まず「眠る」は受動的であり長時間行うのは良い選択肢ではないんですって。人は15分程度の睡眠で気持ちが落ち着くので、よほどの睡眠不足でない限りはちょっとした睡眠で十分だそう。更にお昼を食べ過ぎると眠くなるので、野菜やタンパク質を多く摂りご飯を少なめにするのが良いかも。

次に「散歩」は積極的で気持ちをリフレッシュさせる意味でも重要なの。しかし疲れては意味が無いので10分程度が適当よ…更に「読書」は積極的で、興味のある書籍を読むと気持ちが活性化され、仕事に戻った際集中力を増すわ。

「ネットサーフィン」は受動的で、積極的に何かを調べるなら良いけれど、ダラダラと検索するのは5分くらいにした方が良いそう。しかし最も大事なのは「これらを全力で行うこと」なんですって!!実際仕事がうまくいっている人は”他の事”を色々楽しみ、マルチに様々な仕事を成功させているわ。必ずしもすべてが成功する訳では無いけれど、うまく行く人というのは副業も気分転換もすべて全力で行い、それが回り回って本業を活性化させているのよ。

やりたいことをただやる・・・そのシンプルな行動こそがすべてを動かす鍵なのかも。自分自身何をやるにも気が抜けず、これまでよく人に「疲れない?」と言われてきたの。でもこうして思い返すと、興味あることをずっと突き詰めても疲れないし逆に本業に戻ると集中出来ていたわ。これからはストレスを溜めないためにも積極的休憩を心がけなければ・・・まずは猫を散歩に連れ出して、その後はMr.Spockフィギュアで遊ぼうかしら・・・フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2015年09月16日

ピアニスト日記 最期の調べは穏やかに・・・おくりびとビジネス編

20150908ピアニストの仕事場といえば演奏会だけでなくバーやティーラウンジ、結婚式などが思い浮かぶわ…自分のPODCAST作品でも「ピアノ爺」という高級クラブで演奏するベテラン・ピアニストが登場するのだけど、意外と需要は多い気がするのよね。

最近、このピアニストがある現場に引っ張りだこだそうよ。それはなんと・・・お葬式!!

しかもピアノを生業としているプロではなく主婦やOL、サラリーマンの副業として大人気なんだとか…中では月収30万円を超える収入を得ている人もいるというから驚きよ。

更に驚くべき事に葬儀専門のピアニストを養成するスクールが存在し、既に生徒は1000人以上・・・この仕事のシェアがいかに大きいか物語っているわね。

仕事の内容は、結婚式同様クライアントから式典中に演奏してもらいたい曲のリストをもらい当日プレイするというもの。只異なるのは、楽曲すべてを葬送風にアレンジするという事なのよ。故人の思い出の曲は様々なジャンルがあるわ。

HRからゲーム音楽、プロレスの入場曲にボカロまで・・・まず、これらをレクイエムに生まれ変わらせるというスキルが必要なの。自分が知る中で、営業で演奏する場合はいかに多くの楽曲を把握し即興で弾けるのかということが重要。現場にもよるけれど、あるレベルまでの演奏力があればオリジナリティは殆ど必要とされないわ。

しかしながら今回の仕事に於いては、若干のオリジナリティが必要な気がする。ただそのカラーは一色に近いものだけれど・・・。今後は若者よりお年寄りの割合が増えつつあるし、こういった『おくりびとビジネス』は更に拡大されていくのかもしれないわね。

プロのピアニスト達も仕事としてこのビジネスに参入してくることもあるかもしれないけれど、その時は彼らしか描けない作品を生みだし、新たなジャンルを確立するぐらいの勢いをもってもらいたいわ。

いつも思う事だけれど、もし自分の葬儀を行うとしたらどんな曲で送りだしてもらおうかしら・・・?出来れば人に演奏してもらうのは避けたい、そう思うのは自分のエゴかしら?いや、プライドかもしれないわね


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(4) 自分探し 

2015年09月14日

豊洲新市場日記3 CG比較編

20150907

秋の気配を感じるこの頃、熱中症に脅かされながらの建設現場もほっと一息な感じですが、定期観察の豊洲新市場の工事は着々と進んでいるようです。

今日はリリースされてるCGによる完成予想図と現場を比較してみましたよ。お、これは随分と予想図に近くなってるではありませんか!!

7月の上棟式から更に整ってきてますね…クレーンの数も減り周辺の基礎工事も始まったようです。完成までにはまだ1年以上ありますが、きっと屋上緑化も含め緑が多い環境になりそうです。

気になるのは没になってしまった千客万来施設のその後なんですが…今だ未定…この分だと絶対市場と同時OPENは無理ですよね。では次の観測は冬頃に!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2015年09月12日

大人の紙芝居日記 厚紙に潜むダークサイド編

20150906数年前、新橋の古本市で40年以上前に使われた紙芝居を2冊手に入れたの…作品を作る際参考にしようと購入したのだけど、これが子供向けとは思えない恐ろしくも重い内容だったのよ。

1冊目は「いきている おにんぎょう」…物語は生まれたばかりの妹の面倒をみなくてはいけない幼い少女が主人公…少女は妹の面倒に辟易し隣の子と遊びに行ってしまうの。

その時隣の子が持っていた人形が欲しくなり母親にねだると、母親は彼女に「うちにはこんなに可愛いお人形がいるのだから可愛がってあげなさい」と言ったわ…それから度重なる母の言葉により少女は姉としての自覚が芽生え妹を愛しく思うようになったのよ。

教育的なストーリーだから仕方ないけれど実際にこんな事はあり得ないわね。少女は初めて嫉妬という感情を抱き、これから憎しみや悲しみ、そして欲望にどっぷりと冒されていく・・・それが自然な姿だわ。母親が子供を洗脳すべく発した言葉をタイトルにするとは・・・背筋がぞっとするわね。

2冊目は「ともちゃんととうめいにんげん」…少年ともちゃんは自己中心的な性格で己の傍若無人な振る舞いを透明人間のせいにしてきたの。

ある日本物の透明人間が現れて彼の友人達に悪戯をし友人達はそれがとも少年の仕業だと思い彼を村八分にしてしまったわ。やがて透明人間の魔の手から友人を救ったとも少年は信頼は取り戻し大団円…透明人間は新たな仲間を探しに旅立っていったの。

このストーリーも単純ながらぞっとさせられたわ。幼い子供達に猜疑心が芽生え当たり前のように存在していた信頼が失われた時、それぞれがどんな行動をするのかという点は考えさせられる。しかもラストで透明人間は新たな仲間を探しにいくのだから、ブラックな結末よ。

ふと見ると、紙芝居の裏に印刷された”お話のねらい”という欄に「ともちゃんのわんぱくぶりや透明人間と決別する場面を強調しないように」という注意書きが・・・教育的な見地からすると納得出来るけれど、この点を強調することで大人用になるのではないかしら??

どちらも優しい切り絵的な画風であるけれど根底に大人のどす黒さが見え隠れしてついほくそ笑んでしまう…大人になって改めて読んでみると納得させられると同時にレイヤーの様に重なる負の感情を楽しめる。

これらの作品は今後様々な人間関係の渦に巻き込まれていく子供達にとって「暗黒バイブル」と言えるでしょうね…以前紹介した「火山人間」も同様、紙芝居に秘められたダークサイドを昔の子供達はどう感じ取ったかしら?あ、自分もその子供のひとりか・・・うーむ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) ご本 

2015年09月10日

職業の選択日記 父のポジション=娘の将来編

20150905夫婦共稼ぎが当たり前の昨今、父親が料理や洗濯を手伝うケースは増えてきているわね。

昔は男子厨房に入らずというのが当然だったけれど、今では母親より料理上手の父親だって存在する。子供達もそんな両親の姿を当然として受け止め育っていくもの・・・しかし、こうした家事をする父親の姿が娘の将来に大きく影響するんですって!!

ある研究論文によると家事を平等に分担する父親を持つ娘は宇宙飛行士、学者、警察官、プロのホッケーやサッカー選手など、あまり女性的でない職業に憧れる可能性が高いのだそう。

一方大半の家事を母親が担っている家庭の娘は、看護師やファッションデザイナー、司書、専業主婦などの女性特有の職業を好むらしいわ。

専門家曰く…「父親は家事に参加する事で娘に夫というものが家事を手伝うと期待でき、女性が外の仕事に時間を割くことを認めてくれるというシグナルを発している可能性がある」と発言しているの。

この専門家チームは更に調査を進め地元の7歳から13歳の男の子172人と女の子154人、そして彼らの親に協力を求めて各々の家庭での家事分担と子供達の将来の職業を尋ね、分析…その結果、母親は平均して子供の世話や家事の6割をこなしていると回答し、父親は4割と回答したそう…しかし父親は休みの日に普段の2倍の家事をこなしている。

結局、母と父が家事を平等に分担しているのは全体の2割未満という結果になったわ。両親とも家事に対してあまり関心がないと、女の子はエンジニアや学者、医者など家庭外で働く夢を抱き、対照的に男の子達は家事分担いかんに関わらず医者、エンジニア、会社社長など男性的な職業への志望が強かったそう。

やはり女性がオス化、おじさん化していくという所以はこういった要因が関係しているのだろうか・・・。とにもかくにも女性が社会に進出するのはまだまだ困難な時代である事は確かだし、ここらであの「世界の料理ショー」Mr.グラハム・カーのように男性諸君に家事をお任せしてバリバリお仕事するとしますか・・・ふふふ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2015年09月08日

出世日記 よく食しよく遊べ・・・!!編

20150904『英雄色を好む』…という言葉にもあるように出世する人は恋愛上手というのをよく聞くわね。

コミュニケーション能力が高いのがその理由かと思っていたけれど、それだけではないらしいわ。遺伝子レベルの研究によって、それが脳科学的にも正しいと立証されたそうよ。

米国カンサスの研究によると意欲や活力に関係する神経伝達物質であるドーパミンに関連する遺伝子「DAT1」が強く、ドーパミンを運搬する力が強い遺伝子を持つ人は会社社長や経営者になる確率が高いと突きとめたの。

しかもこの「DAT1」の働きが強い性質を持つ男性は、別の研究で恋愛経験が豊富、性的関係を結んだ人数が多いということも判明したわ。

モテるというのは本人の持ちうる魅力や才覚だけでなく、こうした遺伝子が大きく作用していたなんて・・・これじゃ太刀打ち出来ない訳よね。ドーパミンというのは多幸感や快感に関係する神経伝達物質で、それがよく働く脳ならば前向きに行動する意欲が湧きやすいもの…逆に働きにくければネガティブに考えてしまいがちになるそうよ。

個人的な話だけど私の友人は学生時代から常に夢中になるものを追い続け、会うと容姿も殆ど変わらない。きっとドーパミンがフル稼働中しているせいで若さも保たれているということかもしれないわ。

ではドーパミンを強制的に働かせることは可能なのかしら?研究によると、ドーパミンの働きに関係する遺伝子のタイプでリーダー資質、恋愛の達人資質というのはある程度決定されるけれど、遺伝子以外の部分で小さな成功を積み重ね自分に自信をつけ働きを高める事が可能なんですって。

又筋トレや有酸素運動、チーズや豆腐アボカドなどの食品を摂ることでドーパミンの産生を高める事も可能だそうよ!元々才覚無いし・・・なんて自分の遺伝子でネガティブになる前にまず出来るところから試してみるのも楽しそう。

自分自身、偶然にも運動やこの食べ物に関してはほぼ毎日行っていることだし、出世の可能性が出てきたかも。このワクワク感こそドーパミンが活性化している証拠ね!!よし、明日はダニエル・クレイグを見習って恋愛も頑張ってみようかしら・・・無理だな。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2015年09月05日

ゴッサム日記1 バットマンは如何にして誕生したのか・・・編

20150902アメコミに興味を持つきっかけとなったのは、クリストファー・ノーランが描いた「バットマン3部作」

この作品がきっかけで単にコミック・ヒーローとしか認識の無かったバットマンが何故正義を貫くのか、彼自身がどれほど苦悩し戦ってきたのか深く掘り下げて知る事が出来たわ。

バットマンはあくまで普通の人間・・・そんな彼が血の滲むような努力をし、自分の財力と仲間達の力で自分の生まれ故郷である”ゴッサム・シティ”を救おうとする姿は非常に人間らしく心を打つ…そんなバットマンの誕生前のゴッサム・シティを描いたTVシリーズ「ゴッサム」が今年の春から放送されているのだけど、これが非常に素晴らしいのよ。

物語はバットマンの親友ともいえる存在、若き日のジェームズ・ゴードンが新米刑事としてゴッサム市警に配属される所からスタート…幼き日のバットマンことブルース・ウェインが映画同様、両親を目の前で殺されるという事件をきっかけに2人は出会うの。しかもその時事件を目撃したのは若きキャット・ウーマンことセリーナという展開もなかなかのもの。

マフィアと警察の癒着や凶悪犯罪、そんなゴッサムを救おうと若きゴードン刑事は相棒のベテラン刑事ハーヴェイと共に数々の事件を調査していくのよ。腐敗しきったゴッサムでゴードンは目の上のたんこぶ的存在だったけれど、やがて彼の信念は徐々に周囲の人間達を動かすこととなったわ。

ストーリー展開も見事ながらキャスティングは稀に見るくらいの完璧さ!!…両親を亡くしその真実を突きとめようとする、芯は強いが憂いのあるブルース少年、そして彼を支える執事アルフレッドの底抜けな強さとブルースへの愛情、それだけでも見所だけれど、悪役として登場するペンギンの狡猾さ、なぞなぞ好きの変わり者の警察職員リドラー、サーカスで旅をし自分の母を殺した少年ジョーカーなど、アクの濃いキャラクター達を実にうまくストーリーに構成し登場させているのよ。

そして彼らを取り巻く母親や取り巻きなども物語に深みを与えているわ…コミックに於いて敵はポップに描かれ、初代バットマン映画でもどのキャラクターもコミカル・・・3部作映画でようやく彼らの憎しみや悲しみを理解する事が出来たけれど、このテレビシリーズで更にその部分をじっくり描いてもらえるので嬉しい限りよ。

この数ある怪優の中で特に異彩を放っているのが本編にだけ登場するギャングの女ボス、フィッシュ…ウィル・スミスの奥様であるジェイダが演じており、その存在感の大きさ、強さは圧巻ね。

ナイトクラブを経営する彼女が毎回個性的且つラグジュアリーなドレスで登場するのも見所のひとつかしら…常にゴッサムのボスの座を狙うフィッシュにとってゴージャスなドレスとヒールは戦闘服であり、敵や味方関係なく欺くその切れ者ぶりは見ていて清々しささえ感じてしまう。

シーズン1後半フィッシュはゴッサムを追われとてつもない行動に出るのだけど、彼女の生きる事への執念、トップになる事への執念、裏切り者を排除しようとする執念には感心してしまいフィッシュこそが最も人間らしい真っ直ぐな生き様を見せてくれているような気さえしてくるのよね…とにかく誰よりも男前!!とにかく毎回見る度にどんでん返しが起き、息をつく暇なく物語にシンクロさせられてしまい目が離せないのよ。

さてさて、バットマンことブルース少年、こんなとてつもない奴らとどう渡り合っていくのか・・・アルフレッドと共に頑張っておくれ!!母は見守っています。

【ゴッサムAXNオフィシャル】
http://axn.co.jp/program/gotham/

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2015年09月04日

遠い空の向こうに日記 夢、のちのち晴天なり編

20150903結末が読める映画は、進行するにつれ興味の度合いが減少してくるのが常だけど、役者陣の演技力でグイグイひっぱられちゃう場合もあるわね…それが1999年「遠い空の向こうに」

舞台は1957年のウェスト・ヴァージニア州の炭鉱町コールウッド。父を炭坑夫に持つ平凡な高校生ホーマー(ジェイク・ジレンホール)はソ連の人工衛星スプートニクの打ち上げを見てから自分もロケットを打ち上げたいと思うようになるの…悪友やクラスの変り者を仲間に日夜ロケットの研究に時間を費やし、女教師もそんな彼らを応援してくれたわ。

でもこの町はラグビーで奨学金を得て大学に行くか、炭坑夫になるしか選択肢がない田舎町・・・ホーマーの父親は厳しく、彼を炭坑夫にしたいと考えていたのよ。ホーマー達の涙ぐましい努力に、最初はバカにしていた大人達も次第に協力的になり、遂に彼らはロケットを打ち上げに成功!!

女教師は若い科学者予備軍に全米科学コンテストに出展するよう薦めたの…そこで優勝出来れば奨学金を得て大学に行くという選択肢が得られるから・・・。でも夢を叶えたいと強く願うホーマーの前に様々なアクシデントが襲いかかる・・・というお話なのだけど、これが実話だというのだからビックリ!!

父の子への無骨な愛情、そんな父の愛に気付くまで反発し自分の道を根性で切り開いたホーマー・・・熱い友情と町全体のファミリーのような結束。様々なテーマが重なり事実はフィクションの世界以上にドラマティック。

ホーマーの父を演じたクリス・クーパーは大傑作映画「アメリカンビューティ」で問題の父親を演じてるのだけど今回も素晴らしかった!!仕事と労働者達を守ろうとする芯の強さ、垣間見せる言葉無き息子への愛情の表現・・・目で、背中で、体の全身を使って演じるというのはこういう事なのだと感動。

そして主演のジェイク・ジレンホールは最新作「ナイトクローラー」では精神的に病んだジャーナリストを演じて好評だけど、彼の若かりし頃の力量を感じる。

夢をテーマとした時、夢そのものが成就した瞬間を感動的に演出するのは誰にでもできるわ…でもその過程、つまり失敗した時の悔しそうな描写の中に、夢に賭ける集中力を描き出した凄さがこの作品に力を与えたのね。

誰でも若い頃、親に反発する時期はあるけど自分はホーマーの様にここまで努力して己の主張を貫いた事があっただろうか・・・見終わってそんな風に反省・・・夜景に見とれてる場合じゃないわね(*_*;)

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2015年09月01日

プログレ50傑日記 Byローリングストーン誌編

20150901今年の6月に米ローリングストーン誌が『最も素晴らしいプログレッシブ・ロック・アルバム TOP50』を発表したのよ。

特にプログレマニアでは無いのだけど、ここにリストアップされた50作品のうち殆ど聞いてる自分でビックリ!!…特に嬉しいのはRUSHの作品が3作品も選ばれてる事。

22位の「2112」はRUSHの代名詞的作品、11位「Hemispheres」は初期からのファンにはたまらない一枚(これが一番好き)、そして最高3位「Moving Pictures」は世界的にも名を馳せる大傑作よね。

その他50作品を見ると、38位GONG、21位CAMEL、17位Mike Oldfield、16位Gentle Giant、12位Emerson Lake and Palmerはジャケットのギーガーも印象的、9位Genesis等々甲乙付けがたいアルバムばかり。

そして栄えある1位は勿論PINK FLOYD「The Dark Side of the Moon」…あえて説明は要らないですよね…フフ。それでは今宵も「The Great Gig In The Sky」をBGMにおやすみなさい・・・zzz。

50. Happy the Man, 'Happy the Man' (1977)
49. Ruins, 'Hyderomastgroningem' (1995)
48. FM, 'Black Noise' (1977)
47. Crack the Sky, 'Crack the Sky' (1975)
46. Carmen, 'Fandangos in Space' (1973)
45. Triumvirat, 'Illusions on a Double Dimple' (1974)
44. Strawbs, 'Hero and Heroine' (1974)
43. Electric Light Orchestra, 'Eldorado' (1974)
42. Meshuggah, 'Destroy Erase Improve' (1995)
41. Amon Duul II, 'Yeti' (1970)
40. The Soft Machine, 'Third' (1970)
39. Porcupine Tree, 'Fear of a Blank Planet' (2007)
38. Gong, 'You' (1974)
37. Marillion, 'Clutching at Straws' (1987)
36. Harmonium, 'Si On Avait Besoin D'Une Cinquieme' (1975)
35. Banco Del Mutuo Soccorso, 'Io Sono Nato Libero' (1973)
34. Caravan, 'In the Land of Grey and Pink' (1971)
33. Tool, 'Lateralus' (2001)
32. Kansas, 'Leftoverture' (1976)
31. Renaissance, 'Ashes Are Burning' (1973)
30. U.K., 'U.K.' (1978)
29. Dream Theater, 'Metropolis 2: Scenes From a Memory' (1999)
28. Opeth, 'Blackwater Park' (2001)
27. Supertramp, 'Crime of the Century' (1974)
26. Van Der Graaf Generator, 'Pawn Hearts' (1971)
25. The Mars Volta, 'De-Loused in the Comatorium' (2003)
24. Magma, 'Mekanik Destrukti? Kommandoh' (1973)
23. Tangerine Dream, 'Phaedra' (1974)
22. Rush, '2112' (1976)
21. Camel, 'Mirage' (1974)
20. King Crimson, 'Larks' Tongues in Aspic' (1973)
19. PFM, 'Per un Amico' (1972)
18. Frank Zappa and the Mothers of Invention, 'One Size Fits All' (1975)
17. Mike Oldfield, 'Tubular Bells' (1973)
16. Gentle Giant, 'Octopus' (1972)
15. King Crimson, 'Red' (1974)
14. Genesis, 'Foxtrot' (1972)
13. Pink Floyd, 'Animals' (1977)
12. Emerson, Lake and Palmer, 'Brain Salad Surgery' (1973)
11. Rush, 'Hemispheres' (1978)
10. Yes, 'Fragile' (1971)
09. Genesis, 'The Lamb Lies Down on Broadway' (1974)
08. Can, 'Future Days' (1973)
07. Jethro Tull, 'Thick as a Brick' (1972)
06. Genesis, 'Selling England by the Pound' (1973)
05. Yes, 'Close to the Edge' (1972)
04. Pink Floyd, 'Wish You Were Here' (1975)
03. Rush, 'Moving Pictures' (1981)
02. King Crimson, 'In the Court of the Crimson King' (1969)
01. Pink Floyd, 'The Dark Side of the Moon' (1973)

【ローリングストーン50プログレッシブ・ロック・アルバム TOP50】
http://www.rollingstone.com/music/lists/50-greatest-prog-rock-albums-of-all-time-20150617

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) 音楽