2014年05月

2014年05月31日

DELAIN日記3 人間としての矛盾を超えて・・・編

20140532歌姫シャルロット嬢率いるDELAIN通算4枚のアルバム「The Human Contradiction」…彼らにとって初のコンセプトアルバムとなるのだけど、とにかく素晴らしい仕上がりよ!

先日彼らのリリック・ビデオをご紹介したばかりだけれど、「April Rain」で新機軸を見せ、4年のブランク後リリースした「We Are The Others」ではBANDとしての音固めをし今作で遂にDELAINカラーが方向付けられた気がするわ。

DELAINはそのメロディーラインの美しさ、そしてその美しさを描き出すシャルロット嬢の伸びやかな歌声と今回もゲスト参加してるNIGHTWISHの要なマルコのヘビィな声とのコントラストが特徴であるけれど、このアルバムではよりパワフルに、より儚さと美しさが表現されているの。

Witin Temptationの「Black Symphony」でその素晴らしいグロウルを披露したジョージが、5曲目の"Tell Me Mechanist"でゲスト参加しているのも聴きどころのひとつよ。このバンドはシンフォニック・メタルというカテゴリーに分類されてはきたけれど、今回からは日本的に叙情的ロジック・メタルと呼びたい気がするわ。

1曲目”Here Come The Vultures"は、歌い出しから悪夢の入口に立たされ、その扉が大きく開いていく様よ。単音のユニゾンから重厚なバンドサウンドへの緩急の付け方は秀逸で、いつもながら気付かれないうちに細やかなあの手この手で引き込まれていってしまう。後半メインのハミングとコーラスの交差する部分は最高にドラマティック!サビはいつもにも増してキャッチー、しかしテーマは重みを増しており、人間としての生きる事の矛盾との葛藤、希望への渇望が描かれているのだと痛感したわ。

2曲目"Your Body Is A Battleground"は文字通り戦闘態勢、マルコのボーカルが挑みかかり心地良い。改めて思うのは、マルコが女性ボーカルと組んで来た中でシャルロット嬢はベスト・バランサーだという事ね。ターヤだとお互い個性が強すぎて戦ってしまうけれど、彼女の歌声はディストーションが響く中でも程よくパワフル且つクリアに際立つからお見事よ。人間誰しも生きて行く上で、機械のように自分を偽ったり押し殺して行かないといけないシーンが多々あるわよね。その状況を打破しなくてはと思いつつ、日々流されてしまう・・・でもそんなループを断ち切れるのは己のみ。

アルバムを聴き返していくうちそんな思いが強くなっていくし、曲毎にビジュアルが想像出来てしまう。でも残念ながらリリック・ビデオ以外のPVの出来映えはイマイチなので、脳内再生したものを楽しむ事にするわ。

エンジニアリング的にはマルコが参加とあって、NIGHTWISHの「Dark Passion Play」にかなり影響された加工がなされてるのも面白いわ。

11曲目の本編以降はライブやオーケストラ・バージョン収録というお腹いっぱいのゴージャスさなので、ファンでなくとも楽しめるアルバム…ジャケットも従来のバンド的な仕上がりでなく、今作のテーマを色濃く打ち出していてクール!更なる進化を続けるDELAIN・・・次はどんな世界を見せつけてくれることやら。

【DELAIN official】
http://www.delain.nl

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 音楽 

2014年05月30日

ココ・アヴァン・シャネル日記 束縛からの解放!編

201405332009年公開「ココ・アヴァン・シャネル」…才気あふれるオドレイ・トトゥがココを演じているわ…時同じくしてシャリー・マクレーンで「ココ・シャネル」という作品をが公開され混乱を招いたけど、今作はオドレイが演じたという事以外はそれほど心を掴まれなかったかも。



孤児院で育ち、クラブ歌手とお針子の仕事で生計を立てていた若きココ。やがてクラブに来ていた将校と恋に落ち、彼の愛人になるの。やがて彼女は自分独自のファッションスタイルを確立していったわ。そして自分らしく生き、自分が求めていた真実の愛を見つけるけど・・という少女時代をメインにシャネルとして成功するまでの部分が描かれているのよ。



当時コルセットで体をきつく結い上げ、ただ飾り立てることが美しいとされてきた窮屈な女性のファッションを覆し、異端とされたコルセットからの解放。コルセットは当時までの女性の立場の象徴とも言え、それを解放することで女性の自立と権利を確立したとも言っても過言ではないわね。スタイル的に元祖マニッシュスタイルを作り上げていくココを見ていると、パティ・スミスの姿と重なって仕方がないの。実に格好良いし、真似てみたいと思わされるわ。



映画はそんなココの哲学的な部分よりも、恋に揺るぎながらも常に自立を志す女性を強調しているの。その強さがオドレイお得意の目力演技で見事に表現されてゾクゾクする。ただ残念なのは、恋愛の部分に焦点をあてるのは良いとしてもストーリー全体が流れていってしまい、ココがなぜシャネルを人生を賭けて立ち上げるに至ったかという肝心の心情の部分が薄れてしまった気がするの。



監督のアンヌ・フォンティーヌはもとモデルでファッション業界の現場を熟知していたけど、メイキングで俳優に指示を出す様子はファッションショーの現場監督のよう。制作陣の殆どが女性というのは賛同できるけど、結果良い方向へ作用しなかったのかなと思わされてしまった。



アヴァンギャルドで、キュートで、クールなココ…オドレイ無くして今作は完成しなかったわね。



ココが時代に立ち向かいながら"自分の感性"という武器で戦う姿をもっと力強く描いて欲しかったわ。でも、衣服は己を表現する大事な手段のひとつであることを改めて痛感

ファッションブランドの位置付だと、今のシャネルは「保守的」な部類に分けられてしまうけど元々ココの哲学はアグレッシブ的な変革。そのポリシーは脈々と引き継がれているはず。



一時期シャネラーなんて言葉が流行ったけど、シャネルの根底にある哲学を考えるとおいそれとは身につけられないわね。本当の意味でシャネルを纏える様になれるような"良い女"になるには、容姿も精神もピカピカに磨かなくては・・!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2014年05月29日

北斗の拳日記1 世紀末OVA編

20140531「北斗の拳」…言わずと知れた週刊少年ジャンプで連載されていた長編大作だわ。1800年に渡り一子相伝の掟のもと受け継がれてきた"北斗神拳"を巡り、その伝承者ケンシロウ、兄ラオウ、トキの3兄弟を中心に、男達の壮絶なる戦いと愛が世紀末の世界を舞台に描かれた作品よ。

そんな不朽の名作があのディアゴステーニで5/27創刊…TVシリーズ「北斗の拳」「北斗の拳2」が定期的にリリースとの事…放映時初期は見ていたけど結局最後まで見るに至らなかったわ。特に「北斗の拳2」は見逃してるので楽しみね。

その前に、長い時間を経て劇場版とOVAで5部作発表されてたので一気に鑑賞!



この"真救世主伝説シリーズ"は『ラオウ伝/殉愛の章』、『ユリア伝』、『ラオウ伝/激闘の章』、『トキ伝』、『ケンシロウ伝』と原作に隠されたエピソードを盛り込んだストーリーよ。作画は原作のテイストを充分活かしてはいるけど、ストーリーの詰めが甘い・・。



要の声優陣もケンシロウ役の阿部寛さん以外力量不足が目立ち、本家声優陣に押され気味だったのが残念。でも内容的には、ケンシロウの兄であるラオウの非情さに隠された悲しみが良く描かれていて良かったわ。ただ、彼の幼少時代の描写があまりにも作りすぎて許せないものがあったけど・・。各巻で登場するサブキャラは原作のように人物の背景が作り込まれていないせいか、どれも取って付けたよな軽い仕上がりになっていたのも残念。



ゼロという究極の世界で人間達は権力や支配を求める・・でも、その先にあるものは"愛"なのよね。その象徴がケンシロウの恋人"ユリア"なんだけど、彼女は慈悲に満ちた母性愛で北斗最強の男達を包み込んでいるの。彼らが何故ユリアを欲し、彼女が何故存在したのかという事がこのシリーズで良く理解できたわよ。



もともと作品のテーマがきちんと打ち立てられているので違和感を感じながらも楽しめたわ。その後、ハリウッド実写版も見比べてみたけど酷評されているほどではないかな、という感想ね。東洋に対する認識に違和感を感じるのは仕方ないし、ストーリー的におかしいと思う点もあれどご愛敬!ってところかしら。



原作自体、張りつめた重苦しい部分とコミカルな部分がうまく融合出来ているというのも魅力のひとつだしね。しかしながら、原作のクオリティーが高いと映像化するのに苦労するのは確かだわ。初期のTVシリーズは音楽も声優陣も最高だけど作画が今一つ…新作は作画以外は全て中途半端・・現代の技術で再度いいとこ取りで作ってみてはいかがかしら?



再度"北斗ファンド"を募り、北斗を愛するファン視点で制作してほしいとね…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2014年05月28日

顔つき日記 賢さは見た目でわかる・・・!?編

20140530「男は顔じゃないよ、ハートさ♪」・・・なんて、ふと昔懐かしいアイドルの歌を思い出したけれど、確かにその通りだとは思う。しかし、そろそろ妙齢と呼ばれる年代に差し掛かった今となっては、それも一概に正しいとは言えない気がするわ。

人を見た目で判断するというのは間違っているように思えるけれど、近年男性の顔を見ればその知能レベルがわかるという研究が発表されたというから、要注目よ!

チェコのプラハ・カレル大学の研究チームは、男女それぞれ40名、計80名の顔の特徴やIQの高さを調査し、160名の男女に彼らの写真を見せて頭が良さそうに見える顔を選出させたの。

その結果、頭が良さそうな印象を持たれた男性は実際に知能レベルが高いことが判明したわ!顔の特徴として挙げられたのが、面長で、目が離れ気味、鼻が大きくて口角が上がっている、そして顎がシャープというもの。

その逆で丸顔、目の距離が狭く、鼻が小さく口角が下がり、顎が丸い男性は頭が悪いという印象を持たれてしまったんですって。まぁ、丸顔は親しみやすい感じがするから、知的というイメージにはほど遠いのかもしれないわね。かく言う自分も丸顔だけど・・・。

では女性の場合も同じか?と思いきや、今回の研究では、女性の顔の特徴から頭が良いか否かは判断できなかったそうよ。頭の良し悪しより、美人か否かの方が気になるからではないかとのこと・・・まぁ、それもちょっと一理あるわね。

女性は化粧や髪型でガラッと変わるし、一見しただけでそこまではわからない。知的に見せるには、髪をアップスタイルにしたり眉や口角をきちんと描くなど日々七変化の技を磨いているから、見極めが難しい筈よ。春は出会いのシーズン・・・まずはシャープな顎とお魚の目を持つ男性を見つけなくちゃ。

そう言えば、歌の続きは、確かこうだったっけ。「女は顔じゃないよ、ノリだよ♪」・・・自信出てきたわ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2014年05月27日

物忘れ日記 加齢を嘆く前に・・・編

20140529忙しいと、ついつい忘れ物をしてしまうもの。携帯を充電したまま置いてきてしまったり、Suicaを前の日使っていた鞄に入れたままだったり・・・「もう年かしら?」と思うのも嫌だけれど、最近物忘れが多くなったのは否めない。

2012年に、英国の保険会社が3000人対象に調査したところ、平均的な人で1日最大9回も物を置き忘れ、3分の1の人がなくした物を探すのに1日15分を費やしているという事がわかったの。日々の物忘れは加齢と共に進むものの、軽度の記憶力の衰えは誰にでも起こりうるという事がわかって少し安心よ。

専門家は物忘れの原因の一部は遺伝子によるものだと言っているわ。ストレスや疲労、複数の作業などから物忘れを起こす傾向が強く、記憶力の衰えが鬱や注意欠落・多動性障害といった深刻な状態とリンクしている可能性があるそうよ…ちょっと安心出来なくなってきたわね。

そもそも、物忘れは何故起きるのかしら?

ハーバード大学の教授曰く、それは「関心と記憶の連結が中断されるから」なんだとか。この中断は、まず自分が何をしているのかという情報を脳に記憶させる事に失敗した時、そして記憶を引き出そうとする時の2場面で発生するの。

まず脳の記憶を司る海馬という部分で情報を撮影し、その後ニューロンという神経細胞の束に保存する事で脳に記憶させるのだけど、ニューロンは時間が経っても何かのヒントや合図で作動させることが可能なんですって。つまりこのデータを呼び出すことが記憶を引き出す鍵という訳よ。

紛失物を探すときは自分の行動を辿り、その時の自分の精神状態を思い出す事でうまく探し出せる可能性が高いわよね。その他にも物の置き場所を決めておく、物を置くときに意識したり行動を声に出す、なんて方法も効果的だけど、自分のやるべき事をイメージ化しておくというのも良いかも。

あと自分自身、同じ敷地内でも違う場所に行くことで道に迷うことが多いの。これは過去に記憶した情報が邪魔をして新しい情報を学習しにくくさせる「順行干渉」と呼ばれるものらしいわ。これも年齢のせい、とは言われずにすむかしら・・・。認知機能はその処理スピードに関して20歳がピークだそうよ!その後は脳が縮小される為、記憶の取り出しや複数の作業を同時に行うのに時間がかかってしまうのだとか。通りで最近1つの作業でいっぱいいっぱい・・・ふぅ。

いずれにせよ、何か物を探る場合は神経細胞を作動させる癖を付けることが大事ね。さて、へそくりはどこに置いたかしら・・・思い出せない・・・。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0)

2014年05月24日

ギーガー日記3 安らかに眠れ・・・編

H.R.ギーガー、74歳の生涯を閉じる
またひとつの時代が終わってしまった
20140526
丁度このブログで何度目かの彼の作品をモチーフにしたアートワークを紹介した矢先、彼の訃報を聞きて暫く信じられなかったわ…もう今更彼の作品についてあれこれ語る必要は無いけれど、彼の作品を初めて目にしたときの衝撃は今でも忘れられない。

音楽に興味を持ちだした10代の頃、彼の画集を偶然目にして、そのメカニカルな淫靡さに心を奪われてしまったの…「エイリアン」は何となく知っていたものの、生みの親がギーガーだとは全く知らず、錆び付いた深緑と鉄に彩られた世界に浮き彫りになった、人間の丸みを帯びた美しいパーツにただただ魅せられてしまった。

人間の骨や局部は歪で醜悪、どうしても直視できない羞恥や恐怖などを感じていたけれど、この瞬間からそれぞれの美しさや生命感に気付かされたの。

画集を見た帰り道、なけなしのお小遣いを持って画集を買い、それからは色々なミュージアム・ショップを渡り歩き、カード集とノートを入手したわ。当時はまだギーガーのグッズは入手困難で、この3つは今でも私の宝物よ。ギーガーの作品はエロティシズム、などと簡単に形容できない。
20140528彼の作品は母親の、そして愛した女性達からの愛情を養分に成立している。だからこそあれほどに目を覆いたくなるパーツでさえ、冷たい錆びた鉄板に血が通ったようになんとも暖かく描かれているのよ…これこそがギーガーの究極の愛の表現と言えるわね。そして美しい女性と対照的に描かれた、でき物で覆われた太った醜悪な子供達・・・彼らの存在は作品の中にほっとしたものを与えてくれるわ。

どこをどう見ても気味が悪いとしか言い様が無いのだけれど、彼らの苦しんでいるような表情はヒューマニズムに溢れており、己の醜さに気付くことなくひしめき合って存在している…それはもしかしたら、美しいものを生み出す為、守る為の代償だったのでは・・・などと考えてしまう。

これほどまでに1つの作品に様々な物語を凝縮させているからこそ、ギーガーの描き出す世界は奥深い。だからこそ様々なミュージシャン、映画制作者、アーティスト達を魅了してやまない訳よね。もうこんな風に描ける人は現れないでしょうね・・・。

聞いたところによると、ギーガーは"夜驚症"という睡眠中に突然起きて叫ぶという恐怖症状があったそう。大抵は発達に伴い良くなっていくそうなのだけど、彼はずっと症状が出ていたようね…夜驚は深い眠りで怖い夢を見て、部分的に覚醒する事で起きるそうで、元々の脳の素質に起因しているの…もしかしたらこの症状があの素晴らしい作品を生み出す源となってしたのかしら・・・そう考えると、彼を失ったのは非常に残念ではあるけれど、これから先はゆっくり休んで次のステージで絵を描き続けて欲しい。

日本で再度「ギーガーズ・バー」をオープン出来たら、今度は日本の内装もチェックしに来て下さいね。
20140527
GIGER's BAR at NY
どうか安らかに・・・母の元へ


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) アート 

2014年05月23日

VFX日記1 エポックな作品編

20140523

近年の映画でのVFXは本当に凄いわね…今ではリアリティー感も半端なくて、殆ど区別できないとこまで来てる。おまけにCPUやグラフィックボードの進化で数年前までスパコンレベルだった仕様も100万以下で揃える事もできるし・・。

そんなVFXのエポック的なシーンを約10分程度にまとめた映像がエディターのロジャー・セラバッサ氏によって編集された映像がアップされてたのでご紹介。

VFXと言えば模型や光学系のダグラス・トランブルや今は亡きCGの父と称されるロバート・エイブルの時代から色々派生して映画以外にも様々な分野に活用されてるわね。

CGが主流のVFXもちょっと前までは斬新なアイディアな映像マジックで物語を装飾してくれてたけど、そのアイディアはCGの中でも活かされてるわ…日本の優秀な若手もどんどん海外に出て第一線で活躍中よ。

ただ、何でも映像化してしまってるせいで人の想像力が欠如してしまうのも難点ね…その想像を下回る描写は逆に不快に感じてしまうことも多々有り。

機材の進化と同様に妄想力の進化も忘れずにね!


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2014年05月22日

Say No♪日記 ノーと言える勇気編

20140522人に頼まれると「ノー」と言えない…日本人の特徴としても挙げられるけれど、このひと言がやがて自分を追い込む結果になる場合が多いわ。

カナダにあるウォータールー大学の調査によると、人は面と向かって何かを依頼された際、気まずくなるのを恐れ「イエス」と答える傾向が強いのだそう…更に悪いことを依頼された場合でも同様、断れない人が殆どなのだとか。

実験で、学生達が108人の見知らぬ人に図書館の本にイタズラ書きをするよう依頼してみたところ、多くの人が嫌がったわ。しかし学生達が責任は全て自分達が持つから、という条件を出すと、半数がイタズラ書きに同意!…結果、学生達の予想を上回る水準となったのよ。

やはり気まずさや人目という点がクリアになったことで、正直に行動出来たという事になるわね。

専門家曰く、人にとって必要なのは社会的な結びつきであり、社会への帰属意識であるので、「ノー」と答えるとそれらの結びつきをすべて壊してしまい、他人が自分に反感を持つのでは・・・という不安が生まれるとのこと。

特に女性の方がその傾向が強いらしいわ。確かに女性は公園デビューなど子供や学校行事など、そういった場面に直面する機会が多いわね。PTAの役員やイベントの参加・・・本当は仕事で忙しいのに頼まれたら断れない、お付き合いで買い物・・・でもやはり断れない、等々。

では、頼みを断る最善の方法とは何かしら?もし事前にわかっている案件であれば、事前回答を用意しておくのが良いの。理由を周囲の責任にし、優しい口調で「ノー」と言えば、大抵無理強いはしてこないものよ。

不意の依頼であればその場で応じず「のちほど返事をします」と答えるのが大事ね。相手が「ノー」を受け入れなかったとしたら、理性的になり罪悪感を捨てて「ノー」と繰り返すべきだわ。

例えば洋服店で、気に入った服であれば問題なく購入すべきだけれど、もし迷っている場合は何が迷いの原因かを冷静に判断すること。販売員に曖昧に断れば、彼らのセールストークという術中にはまり購入させられる確立が高いので、購入しない理由を的確に伝え「また遊びに来ますね。」と言えば完璧ね。

深追い接客をされないし、角も立たないという特典も付いてくるわ。年を経る毎にこういった"断れない"機会が増えてくるけれど、そこは大人!これまでの経験を活かして、シーン毎にうまく人間関係を紡げる様にしなくては。このところ飲み会のお約束が減ってきたけれど、それは私がお酒に弱いから・・・ですよね?

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2014年05月21日

キックスターター日記4 Sci-Fiミュージアム編

20140524米では日に日にKickstarterの存在感が増していますが、以前紹介したスタートレック番外編とでも言える「Renegades」では追加でCG制作を強化する為に別枠で公募したりなど、成功案件を色々ブラッシュアップする動きがあります。

そんな中でまた面白い案件が出てきたのでご紹介…今回はハリウッドにスタトレ等歴史的なSFコンテンツ施設を「THE HOLLYWOOD Sci- Fi MUSEUM」として2015年にプレヴュー開催する案件…そして2018年に本格的な施設を稼働するとの事。

プレゼン映像を見る限りなかなか本格的な仕様…スタトレだけでなくSTAR WARSブレードランナー、2001年宇宙の旅、マトリックス、Avengers等々、話題になった作品のコアの部分を再現したり、レストランがあったりショッピングできたりと大人も子供も楽しめるスペースですね…今回の公募金額$82300で主にSTARSHIP関連の強化が狙い。

何しろSFファンが深く関わってますから妥協はしないでしょう!スタジオ側やプロダクションも全面参加ですからファンド成功時には話題となるでしょうね。

誰かの企画を待つのではなく自分で企画する、資金がないなら自分で集める…このマインドは日本には無いスピリットですね。キックスターター成功の影も彼らのような存在があるから熱意とお金がお互いを引き寄せ合うのです。

この公募企画は是非成功して2018年のフルオープンを目指して欲しい案件の一つです!


【キックスターターweb】
http://kck.st/RmobbR

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2014年05月20日

パートナー日記 上か?下か?編

20140514女性の社会進出が目立ち始めた昨今、女性の収入が結婚相手の男性より上回るというケースは少なくないかもね。

しかし、家族や友人はそれが原因で結婚生活に亀裂が生じると訴え、不安な発言を繰り返すはず。これがいわゆる「下方婚」と呼ばれるもので、適切な結婚は社会的階層と富がマッチしてこそ成立するという古式ゆかしい考え方よ。

逆に「上方婚」とは、女性の出世は困難なので、収入の多い結婚相手を探す為に女性達が大学に行くというもの…玉の輿計画と言うべきか。

いずれにしても、女性にとっては何だか屈辱的な印象を受けるわね。この問題を50年に渡り調査している米のリサーチ会社によると、学歴の高い女性が「下方婚」した夫婦の割合が、その逆の夫婦の割合を初めて上回ったと報告しているの。

学歴が高い=収入があるという事に必ずしも繋がらないけれど、米国の殆どの都市に住む30歳未満の独身女性は同様の男性より収入が多く、2012年の時点で、新婚夫婦の24%は妻の収入が夫を上回ったというから驚きよ。亭主関白の夫にそっと3歩後ろからついていき、夫をたてるということが美徳だった時代は終焉を迎えるのかしら・・・素晴らしい!

稼ぎ手である女性に最も必要なのは、協力的なパートナー。

彼女達の力に脅かされず、目標をしっかり支援してくれる男性こそがキーマンになるわ。しかしながら、この様に相互を尊重出来る男性は柔軟で、家族生活での責任をより分かち合えるというタイプ…昔ながらの男らしさからかけ離れている為、低く評価されがちなんだとか。

でも自分が仕事を続けるにあたり、そんなパートナーを得られたらバリバリ仕事をしちゃうわね!更に調査を進めていくと、2013年の段階で、女性達は夫より多い収入を得る事に警戒心を抱き始めたそうよ。

その理由は、収入の少ない夫が妻に依存し働かなくなるという可能性があるからなんですって!うーむ、このままでは男性の役割が大きく変わってきてしまいそう。

"主夫"という言葉が定着してきたのもわかる気がする。好きな仕事をしてお金を稼ぐというのは、本当に幸せな事よ。でも、上方でも下方でも自分にぴったりのパートナーを見つける事こそが、本当の幸せに続く近道かもしれないわね。さ、とりあえずは稼がねば・・・。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2014年05月19日

ノア日記3 神話ファンタジー編

20140521先週、ダーレン・アロノフスキー監督が来日して既に関係者の間では盛り上がってる「NOAH(邦題:ノア約束の舟)」…早速試写を見にいってきましたよ。

公開は6/13とまだ一ヶ月ほど先なのですが、予想をはるかに上回る完成度に驚きました。昨年の完成前試写では主に宗教界から賛否両論との事で、物語の修正を迫られてるのではと心配していたのですが、北米では3D上映もなく、無事ダーレン・アロノフスキー解釈によるドラマが描写されていたのです。

誰もが知ってるノアの箱舟のお話ですが、宗教的な色彩は特に感じず、あくまでも原作が旧約聖書の神話ファンタジーで、一部宗教的に上映禁止の国もいくつかあるようですが、まったく見事なエンターテイメント作品です。

物語は(プレスリリースから抜粋)…ある夜、ノアは眠りの中で恐るべき光景を見る。それは、堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るという神のお告げだった。大洪水が来ると知ったノアは家族と共に、罪のない動物たちを守る巨大な箱舟を作り始める。

やがてノアの父を殺した宿敵がノアの計画を知り、舟を奪おうとする。壮絶な戦いのなか、遂に大洪水が始まり、ノアの家族と動物たちを乗せた箱舟だけが流されていく。閉ざされた箱舟の中で、ノアは神に託された驚くべき使命を打ち明ける。箱舟に乗ったノアの家族の未来とは?人類が犯した罪とは?そして世界を新たに創造するという途方もない約束の結末とは──?


個人的に次回アカデミー作品・監督・主演賞はこれでいいだろ!ってぐらいの出来映え

どのような解釈かはまだ言えませんが、ラッセル・クロウ他、役者陣が凄すぎ…これは公開後大ヒットしてるのもうなずけますよ…また公開間近にあらためてピックアップいたしますね…フフ。

あ、そう言えば今日ラッセル・クロウが午前中に来日してヒルズでの特別試写で舞台挨拶後すぐにシドニーへ向かう大忙しなスケジュール…彼の濃厚な役者人生でも屈指の作品だけにプロモーションも気合いが入ってます!

【ノア約束の船…公式web】
http://www.noah-movie.jp/  

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2014年05月18日

ゴジラ日記3 重量あるけどロケットスタート編

20140525

北米版「ゴジラ」がいよいよ昨日から全米公開され、記録を作った「キャプテン・アメリア:Winter Soldier」を凌駕しそうな勢いです!

明日発表される週末3日間のBoxofficeはもしかしたら1億$突破の可能性もでてきましたね。

何分まだ本編を見ていないので、米の知人によれば「予告編が今一だったので期待してなかった分楽しめたかも」…と。今回の「ゴジラ」はオリジナルに近いらしいので、あの忌まわしいエメリッヒのトカゲ版「ゴジラ」をこれでなかった事にできそうです。

数字を見る限り心配は払拭された気配なので先ずは良々…日本上陸を楽しみに待ってるわよ!

pipopipotv at 18:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2014年05月17日

フォレスト・ガンプ日記 人生曲線の描き方編

20140519実は名作と呼ばれる1985年「フォレスト・ガンプ」を見ていなかったので、を改めて鑑賞…監督は最近「フライト」が公開されたロバート・ゼメキス…シンプルな展開をしていくかと思いきや斬新な仕掛けが所々に施されており、名作の名作たる所以を改めて思い知らされたわ。

主人公フォレストがバス停のベンチで過去の回想をしつつ、バスを待つ人達に語るという方式で物語が進行するのだけど、導入部分からスムーズで即シンクロしたわ。ストーリーはご存じの方も多いだろろうから詳しくはお話しないけど、生まれつき知能指数が低く、足の矯正器なしでは歩けなかった少年フォレストが、普通の子供と同じように育てたいと願う母の強い愛に守られながら次々とチャンスを掴んでいき、やがて巨万の富を得るという物語よ。

このストーリーを反芻していると、先日ピックアップした1979年作品「チャンス」を思い出さずにはいられないわ。

ここでは大きな2つの愛が軸になるのだけど、ひとつはフォレストの母の愛、もうひとつは彼が幼少時代に初めて友達となった初恋の少女、ジェニーの愛ね。ジェニーは幼少時代、父親に性的虐待を受けるという悲惨な目に遭い、歌手を目指して家出をしそこでも辛い目に遭うわ。更に彼女は彷徨いながらドラッグと酒浸りになり、ヒッピーのような生活でボロボロに…フォレストが次々と成功の階段を登るのと反比例にジェニーは不幸のどん底に落ちていくのよ。

人間は欲の生きもの…その欲の負パワーが自滅を招く場合もあるわ。これは最近自分自身も強く感じる事なのだけれど、力を入れすぎたり欲を持ちすぎると良い結果を得られない・・・まさにジェニーはそのラインを辿っているのよ。しかしフォレストは無欲で、ただ素直に一生懸命に生きているだけ。その生き様が次々とチャンスを呼び、欲やしがらみでがんじがらめになってしまった人々の心を解きほぐし、浄化さえしてしまう。

自分だけでなく周囲の人達をも幸せに導く物凄いパワーを持ちあわせている訳だけど、そのこと自体彼が理解出来ていないのが皮肉であり、幸福でもあるわ。しかし、そんな2人の人生曲線が重なる瞬間が!それは、ジェニーは全てを失いボロボロ、フォレストは最愛の理解者である母を亡くしジェニーを求め孤独を感じていた時よ。

ようやく2人は結ばれたけれど、ジェニーは不治の病という更なる不幸を迎えてしまった。けれど死を間際にしながら、彼女は新たな命を宿し残すという最高の幸せを手にしたの。これでようやく人生曲線をプラマイ・ゼロに修正できたのかもしれない。

公開当時話題となったVFXでフォレストが時の人達と共演するシーンが見所のひとつとなっているけれど、これが実にお見事よ。ジョン・レノンにニクソンにケネディの登場が物語の進行にマッチしており、フォレストが共同経営者のダンと共に投資した"果物の名前の会社"は現在のアップル社であったりと、歴史的人物や事件をうまく取り入れることでよりリアリティを感じる事が出来るわ。

計算され尽くしたファンタジーと言うと何だか味気ないけれど、全てが上出来な作品である事は確かね。生きていると、ついてない、上手く行かないと思う場面は多々あるわ。そこで深呼吸してリセットし、余計なことは考えずがむしゃらにやってみるという事が出口を見つけるきっかけになるのではないかしら・・・そんなことを諭された気がする。

劇中に登場するフォレストが戦死した友人バッバと共に立ち上げた海老専門店「バッバ・ガンプ・シュリンプ」が豊洲と後楽園にあるそうなので、近日中に行ってみることにするわ。美味しい海老料理を楽しみつつ、無欲に・・・というのはなかなか難しいけれど、ね。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2014年05月16日

チャンス日記 自然体は魂のベクトル編

20140518明け方、1979年の名作映画「Being There(邦題:チャンス)」をじっくり見たわ…作品を見終わった後に何とも言えない爽快感に包まれ熟睡・・。

しかしこの時代の質感は良い!…画面から70年代の匂いがぷんぷんしてくるわ。タイトルの「なすがままに・・」という通り、主人公の中年の庭師チャンスはいつも自然体で生きてるの。庭いじりとテレビが大好きで、とにかく無垢な心の持ち主!数十年屋敷の外へ一歩も出た事が無い彼だけど、屋敷の主人が亡くなり管財人に屋敷を出るように通告されてしまうの。

町をさまようチャンス…見るもの聞くものが新鮮ではしゃいでいた彼は1台の高級車にぶつかり、その車中にいた貴婦人に手当ての為家に呼ばれるのだけど、なんと彼女は経済界の大物の妻だったのよ。チャンスは高齢で余命いくばくもない夫人の夫に気に入られ、大統領とも話をする事に・・。

読み書きも言葉を話すのもままならないチャンスだけど、彼の庭の手入れの哲学を耳にした周囲の人々は勝手にその話を高尚な例え話ととり、大統領か彼の言葉を演説で引用してからたちまち人気者に。やがてチャンスは全米中に名が知られるようになり、大統領の葬送の際、有力な新大統領候補である事が明らかに・・。

彼はなすがままの自然体であり欲も持たない…自分の無垢な心が周囲の人達を幸せに変えた事にすら気付いていない…ストーリーはそんな感じだけどチャンスを演じているピーター・セラーズの演技はたまらないわ。後に彼と結ばれる貴婦人役のシャーリー・マクレーンも絶品よ。

音楽もこのストーリーならクラシカルになりそうだけど、ブラックで超クール!…特にお屋敷を追い出されてから流浪するシーンで流れるデオダートの「ツァラトゥストラはかく語りき」とのアンサンブルが最高。チャンスの子供のような純真な心が、歪められていびつになってしまった人々の心を柔らかくしていく様は、見ている自分のトゲトゲとした部分まで消えていく気がするわ。

ラストで彼が弱った木に触れる為に湖に入るシーンは、この作品のテーマを見事に表しているの。生きていくためには様々な感情を抱え込まなくてはいけないし、時には策略も必要。でも最も大事なのは自然体でいる事なんだわ・・難しい事だけどね。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) 映画&TV 

2014年05月15日

Kemper日記 革命と驚きのアンプ編

20140517「Kemper Profiling Amplifier モデリング再生マシン」というギターアンプをご存じかしら??…2011年のNAMM SHOWでお披露目され大注目された機材なんです。

日本でも昨年あたりから流通が始まって、知ってる人はレコーディングで大活躍な革命的機材なんですね。で、何が革命的かって言いますと、商品名の通りプロファイリング=個性・行動を分析してなりきってしまう・・とでも表現しましょうか。

よく、FIXされたアンプシュミレーターは色々あるのですが、このKemper最大の特徴は自分の好きなアンプの音を解析(プロファイリング)してデジタル化された特性を保存できてしまうのです…その歪みや奥行きまでもプロファイルしてしまう驚きの発想!

例えば、エフェクトBOX経由のアンプの出音も一つのファイルとして覚え込んでしまうのですよ…これでどんな状況が現場で生まれるかと言いますと、例えばプレイヤーなら重い真空管アンプを持ち歩かずに、このKemperユニット(約5kg)だけ持ってけばLIVEはOKなんですね。

レコーディングでも既に大活躍で、自分のアンプ意外にも同社のサイトから名ギタリストのリアルなトーンのファイルを利用する事ができて、それを元に自分で編集も可能なのが驚き…これが30万前後で揃えることができるのもビックリ!更にパワーアンプが無いラックタイプだと20万前後なので、スタジオワークにはこれが最適なわけなんです。

メーカーと国内楽器屋さんが提供する映像がありますので、まぁ~見て!出音にお悩みのギタリストの皆さまは是非参考に!CPUの演算速度の向上でこのような驚きの機材がこれからどんどん出てくる予感です。


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) ハイテク 

2014年05月14日

ターヤ日記8 Beauty&The Beat予告編編

20140520前回ごピックアップしたターヤのスピンオフなプロジェクト「Beauty & The Beat」…欧州での正式なリリース日が5/30と決まってその予告編のPVがオフィシャルで登場したので早速ご紹介よ。

プロジェクトとはターヤとレコーディング&ツアーメンバーでもあるドラマーのMike Terranaとフルオーケストラによるツアーなんですね

予告編を見てもらえれば、それがどのようなステージかは一目瞭然…歪み系の楽器は何一つ無く、オーケストラ&ドラムをバックにターヤVoiceのみ!

ちょこっとこれを見ただけでもその歌唱力の凄さに驚くわね。特にLed Zeppelinメドレーは秀逸で、カシミールから天国への階段などは鳥肌者レベルMAX。

単に声楽系ならありがちだけど、彼女は普段はヘビー・メタルでブイブイ言わしてる歌姫ですから、いくら声楽出身といっても、その存在感は今まで場数をこなしてきたターヤならではのオーラが出まくってます。

この「Beauty & The Beat」ツアーは日本では絶対に無理でしょうから、欧州のどっかに必ず見に行きますからね!…その前にBlu-rayで予習でも致しましょうか…詳細はリリース後にじっくりと…フフ。


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 音楽 

2014年05月13日

レトロ&オルタナティブポスター日記5 プロメテウス編

20140515無事続編が北米で2016年3月公開決定したリドリースコット監督の「プロメテウス2」を記念して、「エイリアン」と「プロメテウス」の綺麗なオルタナティブポスターをご紹介しましょうね。

「エイリアン」はスコットランドのアーティストでブライアン・テイラー氏の作品…シガニー・ウィーバーの表情がいいですよね!視点の定まらない虚ろな目が不安感と、本能的な生存の狭間にある自分をよく表現してます。

公開当時のポスターと決定的に違うのは、殆どのファンが物語を知ってる事…ですからこのオルタナティブポスターが成立するのですよね。

そして、「プロメテウス」はアートの定番Mondoで、マケドニアのグラフィック・デザイナーでマルコ・マネヴ氏の作品…ギーガーのテイストを匠にデザインした記憶に残るポスターですね。

いったい彼らの文明と哲学はいかなるものなのか…そんな謎も「プロメテウス2」で描かれるのか・・色々想像を膨らましてくれる秀逸なポスターです。

あぁ~スイスのギーガー博物館に生きたいなぁ~。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) アート 

2014年05月12日

習慣日記 やせる為の5項目編

20140516毎日走る、カロリーの高いものは極力食べない…色々と気をつけているのに痩せない!意外と何も考えず仕事に没頭したり、慌ただしく過ごしている時の方がワンサイズ・ダウンしている、なんていう経験はない?

自分はまさにこの繰り返しで、神経質に体型を気にしているとプレッシャーになってしまい結果が出ないという事が殆どなの。がむしゃらに努力せずスリムな体型を維持している人達は、一体どんな事をしているのか?そのさりげなく行っている5つの習慣を紹介するわね。

まず1つ目は「メインディッシュは肉」…お肉なんて高カロリーじゃない!と思うけれど、お肉は蛋白質の宝庫であり筋肉を作るために不可欠な栄養素なの。筋肉量が増えれば基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼されやすくなるというカラクリよ。

そして2つ目は「理想のイメージを持つ」…憧れの女優のボディ・ラインにうっとり・・・スカーレット・ヨハンソンにビヨンセ、あぁ、美しいなと感じたらチャンスね。同じとまではいかなくても彼女達に近づきたい、とポジティブ・シンキングになることで意識が変わってくるわ。自然と食事や運動などにも気を遣うようになるし、何より有り難いのは着れなかったお洋服が着れるようになって、一石二鳥の美!

続いて3つ目は「車に乗らない」…これは当然と言えば当然だけど、寒かったりするとつい車に乗ってしまう。そこはグッと我慢してお気に入りの曲をiPodに入れ、最寄り駅やスーパーまで歩くと良いわ。この積み重ねがやがて大きな変化をもたらすの。

さて4つ目は「常に恋をする」…これも又大事な事で、好きな異性がいればよく思われたい・・・その思いが、ダイエットに対する意識を高めるの。更に有り難い事に、恋をすると満腹中枢が刺激されて食欲が軽減するのよ!綺麗になる、幸せを感じる、愛される、と良いこと尽くしよ。お知り合いに常に恋をしている女性がいるのだけど、確かに彼女はスリムだし常に光り輝いているし、会う度に新しいボーイフレンドが・・・恋する女は綺麗さ、という事ね。

そしてラスト、5つ目は「まめに掃除を行う」…急な来客にも関わらずお部屋が綺麗、という人に限ってスリムな人が多いわ。掃除はかなりのカロリーを消費するものなので、その理由も納得ね。うちは猫家族がいるので毎朝簡単な掃除をしているのだけど、これもダイエットに結びついていたなんてニャンとも嬉しい限りだわ。

あくせく運動するのも楽しいけれど、日々のちょっとした習慣がスリムなボディ形成に通じるのだとしたら気が楽よね。今日からステーキ・ランチを食し、美女画像を待ち受けにして歩き、スポックのフィギュアを机の上に置いてボーッとして掃除する事にするわ。あっ・・・既にやっていたので継続…5年後には架空の「Supergirl」のようなボディになっている事でしょう…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2014年05月10日

アネッタ・オルゾン日記1 Shine編

20140513日本でアネッタ・オルゾンって知ってる?と聞いても殆ど知らないでしょ…マニアの方はNIGHTWISHの2代目歌姫ですね!と目を輝かせて答えるでしょう。

NIGHTWISHの初代歌姫はターヤ…今では伝説となったLIVEのその日にリーダーから解雇され、その後素晴らしいソロアルバムを連発し「NIGHTWISHには戻らないですか?」の問いに「メンバーが全員替わるなら戻るかも・・」と発言してメンバー間の根深い確執が見え隠れ…その後釜で加入したのがアネッタ・オルゾンなのですね。

彼女の基本的な歌声はABBAの影響を受けそれに近い歌唱法で、2007年「Dark Passion Play」でNIGHTWISHにも新たな世界観を与えました…一時はBAND内で上手くいってたのですが最近作「Imaginaerum」をリリース後ワールドツアー真っ最中に脱退する一大事に。

実はここに至るまでの経緯はうちのスタッフが関係者だったのでよく知っているのですが、ヴォーカリストとして、女性としての難しさが背景にあって・・また別の機会にお話いたしましょうね。

そんなアネッタのソロアルバムがやっと届きましたので早速ご紹介。まずビックリしたのが、このアルバム全10曲で39分だった事…最近はCDの限界ギリギリ70分ぐらいまでボーナストラックも含め収録するのが当たり前なので、おや、もう終わりって感じ…この短さは昔のLP時代ですね。

それはさておき、ジャケットを見てもNIGHTWISH時代のゴスメイクから一転、牧歌的なスタイルで完全にあの時代から決別したいのだなと感じました…でも、ターヤ決別直後のシングルカットタイトルは「I Walk Alone」、アネッタは「Lies」…何かとても意味深ではりませんか(*_*;)

アルバムタイトルは「Shine」…ソロとして私は芽を出しこれから輝くのよ!とも言えそう…全体としてアネッタの歌声のレンジの広さを十二分に表現させるアレンジになっていて素晴らしい仕上がりになってます。

華美すぎないストリングスに低音楽器に工夫をしアネッタの艶のある声を見事に引き立てたアレンジ…歪み系の音色はできるだけ少なくしMIXによって素晴らしくロックな世界がひろがります。

アネッタの骨格は北欧系の典型的な歌姫のそれで、ビョークにも共通する地声の強さがあります…そして自然と対峙するダイナミックレンジは脅威的…シングルカット曲「Lies」のVideoをご覧になればその強力さが分かるはず。

「Lies」がこのアルバムの全てを表現してると言っても過言ではないですね…この三拍子楽曲は非常に濃密な情感が込められて久々の感動曲でもあります。因みに、日本人には三拍子楽曲は無理なんですね…この浮遊感は文化に根ざしたものなので、日本人がやっても何の高揚感も生まれないのです・・。

その他「Shine」「Invincible」「Falling」等、彼女の歌姫としての力量を感じ取ることができてNIGHTWISH時代でとてもテクニカルに処理されたアネッタではなく、歌うと言う基本に立ち返った感動のアルバム…オススメです。


【アネッタ・オルゾンweb】
http://www.anette-olzon.com/

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(4) 音楽 

2014年05月09日

NIGHTWISH日記3 響きと歪みの美学編

20140510先月アネット・オルゾンの新譜がリリース…あ、そう言えばアネットが参加した最初のNIGHTWISHのアルバム「Dark Passion Play」をまだ紹介してなかった事に気付たわ。

この名作は2007年にリリースされ欧州で話題にそして大ヒットアルバムになったのよね。前作「Once」で最強歌姫ターヤで度肝を抜いたもののターヤが脱退…心配されたこのアルバムはアネット・オルゾン加入で新境地を開いたの。

何が驚いたかと言いますとアビーロードにて収録ってこと…アビーロードと言ってもビートルズのアルバムの事ではないわよ。ネーミングには関係するけど・・。それはイギリスの有名なレコーディングスタジオの名称。今でも第一スタジオは世界屈指の広さで、100人規模のフルオーケストラもすっぽり入る規模なのよ!

20140511このスタジオが有名になったのは、名前の通りビートルズの特にポールが自宅に第二スタジオを再現するするくらい大のお気に入りでスタジオ名がアルバムタイトルと同名になったのね。と言うか、スタジオの共同オーナーになってしまったから凄い・・。

1931年にスタジオに改装されEMI Recording Studioという名称でオーケストラ等の録音が主流だったの。それが1960年近辺からロック系プログレ系のアーティストとスタジオエンジニアが新しい録音の可能性を見いだし大成功したのね。



今は第一スタジオでは映画音楽のフルオーケストラ収録で多用されて、その素晴らしアンビエンスはここでしか収録出来ないとまで言われてるわ。勿論、その背景にあるエンジニアの腕は言うまでもないわね!!ここでマスタリングするだけで音が生き生きとしてくるからその技術には脱帽よ。アビーロードスタジオツアーもあって、ここで収録された映画音楽を第一スタジオで作品を見ながら楽しむという趣向で人気らしいわ。

で、「Dark Passion Play」はアルバム制作費を1億円!!その制作日誌を見る機会があり唸らせる文面が…プロデューサーが『イギリスまで来て高いスタジオ代でそれだけの価値があるのか??』と・・結果『驚いたよ!!彼らの仕事の質の高さとセンス、ここでしか出来なって事が・・。

20140512完成したアルバムはテクニカル的にも凄いの一言に尽きるのよね…レコーディングで意外に難しいのが、生のフルオーケストラとアンプ系で歪まるサウンドの合体…過去にも様々な作品があったけど一体感はなく、結局歪み系の人達もアンプラグド的な手法でナチュラルにサウンドを表現するという事が一時期流行ったわ。

生フルオーケストラは波動のアンサンブルだから、そこにアンプで歪まされた音圧、特にメタル系の大音圧が混ざると生音はかき乱されてしまうし、フェーダーで生音を上げても音が在るだけで濁ってしまう…最終的には主体の歪み系サウンドの背景のようにレイヤー化されたMixで終わってしまい、手間がかかったわりにはこじんまりとした作品に仕上がるのが常だわ。

が!この「Dark Passion Play」はメタル系の大音圧とオーケストラの空気感が見事に一体化してるではありませんか・・。どのようにレコーディングされたか興味津々よ。特に一曲目の14分大作「The Poet And The Pendulum」には楽曲構成だけでなく、詳細な音場のテクニカルなお仕事ぶりに脱帽だわ。

お話がアーティストよりスタジオ寄りになってしまったけど、それだけ歴史に裏打ちされた技術が凝縮された場所とスタッフって事ね。と言う事で、これからプロのエンジニア(ミキサー)を目指している方に、是非視聴していただきたい1枚です。

PC前でちょこまか音を作っていてるだけではダメダメ…宅録もそれなりのクオリティーでできるけど、シミュレートされたエフェクトやアンビエンスはまだまだ限界があるし本質的な信号の伝送やモニター環境等々、楽曲に至る前の段階でのエンジニアリングが実は大切なのね。素晴らしい器と巧みな技があって、その中でアーティストが120%の自己表現をできるのよ。

で、肝心のアルバムはアネッタが参加することで、ターヤの荘厳さは消えて、マルコパートの男声でハードさを強調してABBA的なアネットのビブラートが妙に心地良く聞こえてくるのね。この完成形が次作の「Imaginaerum」になるのですね。

と言う事で明日はそのアネット・オルゾンの新譜をピックアップよ!

【アビーロードスタジオweb】

http://www.abbeyroad.com

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 音楽