2014年03月

2014年03月30日

ゲイリームーア日記1 星になってしまったワイルドな天才アーティスト編

20140327男気あふれるスーパーギタリストと言えば、ゲイリームーアよね。最近彼の全盛期のLIVE映像を見て、そのエッジの効いたギターサウンドは今でもとても新鮮だったわ

最近、冬季五輪のフィギュアで「パリの散歩道」が使われてから、彼を知らなかった人もその音に惹かれ、マーキーでのLIVE盤が売れているらしいの…どんなキッカケでも彼の音楽に触れる機会が増したことにちょっと喜び。

でも、彼は2011年スペインでオフの時に心臓発作で他界してしまったのよね…58才の若さだっただけに悔やまれるわ。

そんな彼の作品で一番好きなのが初のスタジオソロアルバムで1978年リリースの「Back On The Street」とブルース回帰色が強くなった1992年の「After Hours」

「Back On The Street」はドラムに2バスの鬼才、サイモンフィリップスを迎えてのそれは凄まじいギターが聴く者を圧倒したわ。ゲストにThinLizzyの今は亡きフィルリノットも参加し、叙情的な旋律とパワフルなリズムが衝撃だったのよ。

勿論Vocalも彼なんだけど、基本的インスト色が強くてひたすら弾きまくりなアルバムでスゲ~としか表現しようがなかったのを覚えてる。全曲テンションMAXなアルバムってこれ以降お目にかかった事がないくらいよ。

当時ハードロック系のギタリストは沢山いたけど、彼ほどエッジの効いたプレイヤーはいなかったわ…テクニカルもそうだけどワイルドな表現力は他を圧倒してたし…顔もね(*_*;)

そして蘇った名曲「パリの散歩道」もフィル・リノットを迎え哀愁たっぷりのタメで聞かせてくれる…LIVEも含めて色々なヴァージョンがあるけどこの「パリの散歩道」が一番好き!

20140329以後、独特の地声を活かしたメロディアスなアルバムが多くリリースされたけど今一つだったのね。そして、「After Hours」…枯れてきたという表現は好きではないけど、やんちゃな少年が大人の男に成長した様な渋さが漂ってるわ。

声質的にはこちらの方が断然好み!ブルージーでややソウルフルなボーカルに"静かな情熱"を秘めたギターが重なり良い味が出てる~!やはり男性は年を経てからの方が方が断然格好良いわね

ルックス的には怖い顔で月面のようなお肌、幅広ボディーで猫背なんだけど彼の生み出す乾燥してるけど耳にまとわりつく粘着系サウンドは素晴らしいのよ!…当時ライブ会場は彼の音を愛する男性ファンが一杯で、異様な盛り上がり…これぞライブ!って感じで気持ちが良いの。

晩年、ブルースに回帰してしまったけど、昔のようなワイルドな彼に期待するファンも多くて、「OKまたそっちもやるぜ!」的な発言直後の死…最後に見たかったわ…。

「パリの散歩道」キッカケでGary Mooreを知った皆さん、是非「Back On The Street」をお聞きあそばせ。軟弱なサウンドは吹き飛びますからね…フフ。

そんな星になってしまったワイルドな天才アーティスト…Gary Mooreに乾杯!!…きっと今頃コージーパウエルと天国セッションを毎日しているでしょうから(^_^)v

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) 音楽 

2014年03月29日

ビョーク日記5 自然に憑依された歌姫編

20140328昨日のビョークのドキュメントからさかのぼり1997年LIVE「Live at Shepherd's Bush 1997」をご紹介。

このライブはファンクラブ限定で行われたそうで、ハコ的にもこぢんまりして良い感じ…彼女の衣装やヘアメイクも、この回がベストと言って良い程よく似合ってるわ。ステージにはドラム、キーボード、プログラミング、ライブミキシング、そして日本代表アコーディオニスト"Coba"という異色の構成よ。

ドラムのTrevor Moraisのプレイは神懸かり的で、ボーカルを肉体全体で理解しようとしている感じが素晴らしい!短いドレッドを振るわせ半ばトランス状態でエモーショナルに叩き上げる姿は一見の価値ありよ。そしてCobaもビョークの無機質トラックに見事に息吹を与えていたわ。

このライブは2ndアルバム『POST』発売後のツアーなんだけど、改めてビョークの表現には感心させられる…以前から思っていたけど、彼女はどこか土の香りがする・・精霊というか、自然に"憑依された"依代と言うべきかもしれないわね。

鼻から抜ける低音、ビリビリと張り上げるノイズの如き高音を自在に操り言霊を伝えているわ…"ビョーク音"を身にまとった瞬間、完結する世界観は圧倒…3枚のスクリーンに映像を投影する演出もどこかお伽噺話的で面白いし見所が満載過ぎて満腹状態…これぞライブよ!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 音楽 

2014年03月28日

ビョーク日記4 神霊は音に宿る歌姫編

20140323ビョーク2004年の頃のドキュメンタリー「Inside Bjork」…素顔の彼女が垣間見れてとても興味深い作品よ。

ビョークはアイスランド出身と知ってはいたものの、そこがどんな所か全く知らなかったの。映像で見るアイスランドは氷の塊がぼこっと浮いている以外、海と空だけ…昼間が22時間続き、その逆もあるんだそうよ。

彼女は学校へ向かう猛吹雪の中では大きな声で叫び、穏やかな日差しの中では草の上に横たわり囁くように歌っていたとか…彼女独自のあの歌い方はアイスランドの自然とセッションした結果生まれたものだったのね…だから誰にも真似出来ないのよ!

そして歌同様、メイクと洋服も無敵!!ファンデーションを塗らずにまっ黒シャドウをアイホール全体に塗ったり、銀座のママも仰天の縦に出っ張ってる夜会巻ヘア…良くも悪くも自らの外見もアートとして捕らえるその意気込みは敵う訳がない。

ビョークは「アーン」と文脈毎に唇を噛みつつ話すからあまり話が得意ではなさそうだけど、歌う時はのどの奥をカラカラ鳴らしたりして器用に音を操るわ…という事は、彼女は歌う事自体が言語であり、言葉を用いて話す事を必要としていないのではないかしらと思ったの。

人間というより妖精か精霊の類いなのでは・・と真剣に考えちゃう。

自分の世界を作る為に様々な音を集めてはたらふく吸収していく…その食いしん坊ぶりは留まる所を知らない…一番感心したのはPV制作前に仕事に関わる全ての人間に作品のテーマや考えを徹底的伝えるそうよ。

当たり前の事ではあるけど、そこまできちんとしているからこそ音と映像がバッチリ決まるんだわ!…名前だけのディレクターとかプロデューサーがまだまだ横行している日本の現場では耳に痛いお話しかもね…皮一枚ひん剥いてまずは自分のありのままを晒す所から始めないといけないかな・・フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 音楽 

2014年03月27日

点数日記 結婚を持続させるために・・・!?編

20140326結婚生活を維持させるのは、本当に大変な事よ…他人同士が共同生活をし生きて行くのだから最初はのぼせ上がって許容出来た部分もやがて受け入れられなくなる。

「結婚生活なんて墓場だよ…」なんていうお話をよく聞くけれど、これはやむを得ない事なのかと思う反面、幸せを持続させたいと思うのは儚い希望なのかしら?

ある結婚セラピストによれば、結婚生活の持続や破綻などの理由を調査する際、2人の関係を「点数」で評価させるのが最善の策なんだとか。点数を付けることで夫婦それぞれが感じている危機感のレベル、誠実であろうとする意志がハッキリ分かり、互いの成長に繋がるからだそうよ。

ある経済的な問題で悩む夫婦が、結婚生活を10点満点で評価すると何点になるのか質問すると、ほぼ8点という回答に。セラピストは彼らの話と数値が一致しない事に驚かされたけれど、こういったケースは多いんですって。

点数を低く付けた方は精神的にその関係から離れており、高い点数を付けた方は見当がついていない事が多く、この夫婦は心理学で言う"防衛機制"が働いて、本当に離婚したいと思うまで結婚生活がうまくいっていないと言うことを恐れていると判明したわ。数字は言い逃れの出来ない、冷静な証人という訳ね。

しかしながら、自分自身の結婚生活の健全性を見定め分析することが、どうしてこれほど困難なのか。その理由のひとつとして、現実味のある結婚生活が親のものでしか経験がないということが挙げられたわ。

他にも、夫婦生活に危機感を感じているほど自信を持とうと、他人の結婚生活の悪い部分と自分達の良い部分に焦点を当てる"優越の錯覚"という感覚が作用するからなのだそうよ。これは人間関係を維持したいと思うほど物事を歪めて見る、ストーカーの心理と同じかも。中には人生に関わることを数値で評価したくない人もいるけれど、そういう場合は最も点数の低い所を見ると良いらしいわ。

低い点をまず肯定的に話し合い、それを改善させる為に出来ることを自分と相手がそれぞれ1つずつ提案する…「自分はあなたを愛しているし、これからもこの関係を向上させていきたい。その為にどうしたらいいか考えた」…という具合に始めればお互いに前向きな話し合いが出来るという訳よ。

専門家はとにかく何をするにしても、決して他のカップルと比べてはいけないと言っているわ。まずは自分が期待しているものを評価して、期待以上のものが得られていると思えれば幸せになれるのだそう。私なら、日だまりの中で一緒にのんびりしたいと期待して、そこに子猫が寄り添っていたら幸せ・・・そんな単純な事で一気に点数は加算されるわね。

さて、あなた達の生活は一体何点かしら?ケンカする前に考えてみてね。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) 自分探し 

2014年03月26日

エンタの現場日記2 お金にならない職業、思い出作りかビジネスか!?編

20140325なかなかお金にならない職業??…それは役者、声優、ミュージシャン・・との事。

一度は憧れる人も多いだろうけど現実は実に厳しいわ。昔、友人で声優を目指し大手の専門学校に通った子もいたけど、結局卒業と同時に就職したの。彼女は在学中に自分の能力の限界と、プロとしてやって行く為のルックスと営業力が必要が無いと判断し諦めたの。

ずっとアニメの声優を目指していたいたのだけど、当時はアイドルのような可愛らしい声優が注目され始めた時期だったので自分には無理だと思ったしまったらしい。

ある声優プロダクションの代表によると、全国で声優1600人いるうち1割はフリー、8割は声優の仕事だけでは生活出来ないのでアルバイトをしてるんだそう。しかも事務所所属でない『預かり』や『凖所属』声優だけでも850人以上いると言われてるんですって。仮に正式に所属出来ても仕事が無いのでオーディションの連続・・結局は融通の利くバイトで食いつなぐしかないのよね。

アニメの声優に抜擢されてもギャラが高くなったら要らないと言われてしまう悪循環。実際に仕事でアニメの現場に携わった事はあるけど、憧れの業界に足を踏み入れてその狭き門ぶりと厳しい状況に愕然とする人が殆どだったわ。それでも努力と知恵と情熱で挑んだ人が今もなお仕事を続けていられるようね。

現場で仕事の厳しさから挫折しがちなのは専門学校出身者の方が多いと語っていたけど、それはどのジャンルでも同じような気がする…勿論専門学校を卒業してきちんと自分の仕事を確立している人も居るけれど、そこで知識や技術を学ぶのと同じくらい"どうやって仕事にして行くべきなのか"という事を"リアル"に考えられる人だけが生き残れるのかもしれない。

学校側も利益だけ追っていないで、今後業界を背負って立つ若い人達がビジネスにおいて必要になる部分をたたき込むべきではないかしら。その為には講師のレベルもかなり高いものでないといけないから難しいけど・・。まだまだだなあ・・頑張れ日本!!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) エンタメ戦術 

2014年03月25日

ITと音楽日記 インフォメーション・オンガクスキー編

20140322「IT業界には音楽活動の経験者が多い」という事を聞いたことがある?…あるリサーチ会社ではそれを実証すべく、20代から50代の男女584名に意識調査したんですって。

音楽を好きかという問いでは、好きと答えたのは全体の87%なのだけど、IT経験者で比較すると、未経験者は84%、経験者は92%とややリード。



PCで作曲、編集を行う経験に関しては、業界未経験者が17%、経験者が30%と差が開いてきたわ…そして演奏や歌う事を好きだと答えたのは、未経験者が30%、経験者が42%という結果よ。



次いで演奏好きの人が楽器を始めたキッカケとして、男性はミュージシャンに憧れた、曲に感動したという理由が多かったけど、女性は習い事と答える人がダントツというから面白いわね…しかもそのうちの5%がメジャーデビューを目指した事があるんですって!



ITというとどこか根気強くコツコツ仕事を行うイメージがあるし、音楽も自分の表現を音という手段を使って作り上げていくものだから今回のこの集計結果は頷けるのよね…例え人前に出たとしてもNetworkから発信しても、何かを伝えたいという思いは必ず通じると思う今日この頃です(^_^)v

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) エンタメ戦術 

2014年03月24日

殺し屋日記 ゴルゴよりもカジュアル・・・!?編

20140324「殺し屋」…マフィアかゴルゴ、というのが真っ先に思いつくイメージね…暗闇に同化し、音も無くターゲットを消すという印象が強いけれど、実際の殺し屋はそれほどプロっぽい訳ではないそうよ。

最近、英国で契約殺人の調査が行われたのだけど、その結果意外な事実が・・・。殺人を請け負うのは殆どが普通の人物で、その報酬も僅か200ポンド(約34000円)とリーズナブルなの。

まずターゲットの動向を調査して、スマートに仕事を済ます、というのは映画の中だけで、家の近所を散歩したり買い物をしたりしている時に殺害されるケースが多いそうよ。

研究チームが1974年移行の殺人事件を分析したところ、契約殺人は27件あり、男性の殺し屋が35人、女性の殺し屋が1人という結果に。女性は28歳のマオリ人で、7000ポンド(約119万円)で殺人を行い有罪になったそう…男性のヒットマンは平均年齢が36歳、最年少は15歳というからビックリね。因みに子連れ狼の拝一刀は一殺500両(現在の価値に換算すると約6500万円)よww。

犠牲者の平均年齢は38歳で、殆どの殺人は銃器で行われたの。どちらも働き盛りの脂ののった年齢なのに・・・何だか切ないわよね…犠牲者は平凡な日常の用事の最中に襲われており、まさか自分がこんな形で死を迎えるなどと思う間もなく旅立っていったのかも。

契約殺人の依頼の殆どは、配偶者への不満、ビジネスのいざこざ、犯罪集団の若者が自分の力を誇示するため、などと至極単純な理由が主で、敵討ちとか国家機密事項保持のため、などといったものは無いわ。

殺人者の種類は、初めて契約殺人を行う「初心者」、最も平均年齢が高く、自分の金銭問題の解決の手段として殺人を請け負う「素人」、常習犯ではあるけれど地元の情報網から突きとめやすい「職人」、軍及びそれに準じるバックグラウンドを持ち検挙率が低い「達人」の4グループに分類されるの。

「初心者」の最年少の殺し屋は殺人を自慢したのが元で逮捕されたり、「素人」ではターゲットに話しかけて怖じ気づき任務遂行が出来ないなど、人間らしい一面から失敗するという例もあったのだとか。

しかしながら、にょうんな事で恨みを買い、スーパーの帰りにズドン!とやられるなんてまさに青天の霹靂としか言い様が無いわよ。こんなにお手軽に人が殺されるなんて・・・プロの殺し屋に狙われるよりもずっとずっと恐ろしい事が起きている事を認識しなくてはいけない。もしかしたら、隣のスポックがあなたを・・・ズギューン!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2014年03月23日

ボブ・ロス日記 奇跡!!刷毛と絵の具の魔術師編

20140321皆さんはボブ・ロスをご存知?1983年から2004年まで「ボブの絵画教室(The Joy of Painting)」という長寿人気絵画番組(日本はNHK教育)に出演していた、アフロにお髭がトレードマークの油絵画家なのよ。

実は最近までボブの事は知らなかったのだけど、彼の番組の映像を見せてもらって一目で虜になったわ…初めて見た回では、ボブは真っ黒に塗りつぶしたキャンバスにどんどん木を描いてゆき、ものの30分で恐ろしいほどの質感があって緻密な森を完成させたから度肝を抜かれたわよ!

何処から見ても写生したとしか思えない絵なのに、自分の想像力だけで、しかも構図も考えず描いちゃうから天才としか言い様が無い!!

真っ黒から始まった画面が生き生きとした森に変貌していく経過を見ていると、もしかして騙されているんじゃないかと思ってしまう位お見事。油絵ってオイルを付けて平筆でドーンと塗って上からどんどん描くのが主流だと思ってたけど、ボブは銀杏型の筆、刷毛の特性を活かし、大胆に塗り付け、暈し、画面に絵の具を押し付けていくの。土ひとつ描くにも"描く"のではなく"盛っている"ようで、彼の手法は独創的であると同時に効果的よ。

そして素晴らしいのは技術だけじゃないわ…彼のトークも最高なの!木の枝を描きながらボソボソと「税務署にお金を持って行かれる」とか「ほら、うまいでしょう」など茶目っ気たっぷりの発言には爆笑したわ。

吹き替えの石井隆夫さんの声は、本人よりちょっと高目の声だけどイメージにぴったりでなかなか良い感じ…でも残念ながらボブは2005年に52歳という若さで天に招かれてしまい、その勇姿はDVDでしか見れなくなっちゃった・・もし今も元気でいらしたら絵を習いたかったな。NHKさん、是非再放送をお願いします!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) アート 

2014年03月22日

カヴァー日記 ミス・こけし来襲編

20140317YouTubeで大好きな歌姫ターヤの映像をチェックしてたら関連映像に面白い作品を発見!

ターヤの最新アルバムに収録されている「Victim Of Ritual」を自室でカヴァーする美しい女性の映像なのだけど、これが実に見事な歌いっぷり!

声楽の勉強をされているのか、ターヤの高音域を難無くクリアしオリジナルに近い雰囲気なの。ただ上手・・というのならそれまでだけど、これまたなんとも癖になるナイスな映像なのよ。

彼女はターヤそっくりのヘアメイクをし、机の前に座り熱唱・・・その背後には彼女の日常を伺わせるアイテムが登場し、素人っぽい撮りっぱなしというのがツボにはまったわ。

日本式のベッドカバーとベットサイドに鎮座する可愛いこけし人形に違和感を感じるけれど、日本好きというのは嬉しい限り。間奏になると所在なさげに目が泳ぎ、とりあえず美しいスマイルで間を持たすというのが初々しくて良いわ。

更に歌っている途中で可愛いワンちゃんが登場したものの、ご主人様の音波に耐えられず直ぐフレーム・アウトというのも偶然の産物ながら愉快なの。映像は自然体そのままで、本人の意図する部分とは別に面白い仕上がりになっているのだけど、彼女のターヤに対する憧れや情熱が画面からビシバシと伝わって来るわ。

日本ではカヴァーをしてそのままアップするというと著作権違法だから云々・・・などと否定的だけど、海外では実力のある人達がどんどん自分のやりたいことを発信しているのよね。

確かに違法かもしれないけれど、オリジナルのアーティスト側もカヴァーする側も、お互い良い形で発信しあえているのだなという事に気付かされる。この女性もサイト上で沢山のファンを獲得し、私をはじめ彼女の新作映像に期待する人も増えているのよね…これぞ正しく音を楽しむ音楽そのもの!

女性の名前はヴァネッサ嬢だけど、敢えて"ミス・こけし"と命名させて頂くことにして、私もこけし嬢に遅れをとらないよう新映像をアップしなくては・・・!


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 音楽 

2014年03月21日

キックスターター日記3 ニール・ヤング編

20140319映画や音楽、その他エンタメでキックスターター等のクラウド系ファンドを利用するのは国外では新たな手段として市民権を得てきてる状況ですが、また一つ面白い動きがありました。

ご存じの方も多いかもしれなですが、ベテランミュージシャンのニール・ヤングが音楽流通の品質向上の為のシステムをキックスターターで公募して、現在日本円で2億5千万円ほど集まっています。

彼は現在の圧縮音源、特にMP3に不満を抱き、スタジオでのマスター音をファンに届けたい…その為には原音に戻せない圧縮フォーマットではなく、FLACと言う原音に戻せる圧縮フォーマットでファンに音楽を届けたいと言う信念で活動を始めました…単にフォーマットをFLACにするだけでなく、それを再生するハードと配信するシステム「Pono」として提供する企画なんですね。

長年音楽を仕事としてる者として、圧縮音が音のファーストコンタクトになり始めてる若い子の聴覚に危惧感を持っているのです…単に楽しむだけとしても、その影響は真綿でクビを絞めるが如く感覚にとって悪影響なのですよ。まして、これが制作側の人間であれば致命傷的状況になります。
20140320きっと、老体ニール・ヤングも同じ思いで起ち上がったと思いますが、彼は現在を否定するのではなく「スペック的にもそろそろ一歩前進しようぜ」的な提案だと感じます。

このような試みをキックスターターを使うのが素晴らしく、だからこそこれだけの資金が短期間に集まったのだと確信してます。Appleとて今後のiTunesの課題として高品質な音源にチェンジしていく時期を模索してるハズ…これらに催促してる企画とも言えますね。

DSD(1bit)やFLAC等、脱!!非可逆圧縮に賛同です(^_^)v

【KICKSTATER Pono MUsic】
http://kck.st/1g5xVf3

(ps;)4/12時点で約6億円集まってます!凄いですね!これぞ信念!
 

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) 音楽 

2014年03月20日

モンシェール日記 至福のふわふわ編

20140318スライスするとマーブル柄のチョコ・・口に入れるとふわふわ。そんなパンをお土産に頂いたことがあるのだけど、それが「モンシェール・ミホ」のデニッシュ・パンだったのだと最近知ったわ。



おいしかったな・・などと思い出していたら、よく通る銀座博品館劇場の前でも購入可能と聞き、早速買いに行ったの!あったあった…博品館のおもちゃ販売ロッカーの前に小さな販売用スペースが…そこにはモンシェールの赤い紙袋が一列に並んでいて、お兄さんが次から次へと訪れる人に紙袋を渡していたのよ。



銀座の出店にはどうやら1種類らしくチョコではなくプレーン味のみ…1点勝負というスタイルが潔いわ。2斤で900円なんだけど、その重量感には驚きよ!!ずっしり重いパン…それだけでも職人のこだわりが感じられるわ。銀座なので界隈のクラブのお姉様方への差し入れや、お店で出すパンとしても大人気で、あっという間に売り切れてしまうそう。訪れたのは19時くらいだったけど、既に紙袋は数えるのみだったわ・・危なかった。



早速お家に帰って軽くトーストしてみたら、中のふわふわ感が倍増…バターの風味が増してきて甘い香りが全開!とにかく柔らかくて程よく甘くておいしいの…パン本来の優しさがカットした断面から伝わってくる感じね。翌日は時間が経っていたものの、そのまま食べてもまだ柔らかかったわ…シチューやサラダのお供、おやつとしても見事な存在感!



製造工程は厳選したバターや生クリーム等をハンドメイドで54層にも折りたたみ編み上げてるだけあって、その丁寧さが味にも伝わって来るのね…モンシェール・ミホの工場は東陽町にあるのだけど24時間営業というからビックリ。種類はプレーン以外にもチョコ、ゴーダチーズ、セサミがあるんだとか。どうやら予約制らしいのだけど、是非ゲットしたいわ。



不思議なもので、パンって人の心をほっとさせるのよね。あの柔らかさを噛みしめると心地よい浮遊感の様なものを感じる。女性がパンを好む理由って、きっとこのふわふわ具合が優雅な気分にさせてくれるからなのかもね…ご飯派?パン派?と聞かれると悩むけど、このルックスだとついついパン・・と言ってしまいそう。



銀ブラの際は、博品館前を覗いてみてね!街角で幸せ気分をお持ち帰り出来ますよ…フフ。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2014年03月19日

グリーンマイル日記 1$の絆編

20140316映画監督のフランク・ダラボンと作家のスティーブン・キングは非常に強い絆で結ばれているのを皆さんご存知かしら?

ダラボン20代の頃、キングの短編小説「312号室の女」を是非短編映画として撮らせてもらえないでしょうか? と手紙を送ったところ、その感受性の深さにキングは1$で独占の映画化権利を彼に与えたんですって!

その後、ダラボンは「ショーシャンクの空に」で大成功(この映画化権利も1$)し1996年作品「グリーンマイル」に至るの。もちろんこの作品も映画化権利は1$なのよ(配給報酬は別として)。それだけ、キングはダラボンに対して自分の人間描写は彼しか表現できないと確信しているわ。そんな相性の良い二人の作品はどうであったかあらためて語ってみようかしら。

背景は米1930年代の大恐慌時代…南部ルイジアナ州刑務所のトム・ハンクス演じる慈悲深い死刑担当官と、少女二人の殺害容疑で有罪となったコフィ(マイケル・クラーク・ダンカン)という奇跡を起す力を持っている身長2m10cmの死刑囚の関係を軸にした3時間の長編物語なの。

30年代の南部と言えば、人種差別は日常茶飯事で特に黒人に対する偏見は凄まじく、ここに登場する巨漢のコフィ(暗闇を怖がりいつも目に涙を浮べ、子供のような一面を持つ)も白人が恐れたモノの象徴として位置付けられているわ。

一方、ハンクスの役柄は典型的な模範的アメリカ人で、その慈悲深さゆえのジレンマが核となっている…ハンクスは本当にこの男が罪を犯したのか疑問を抱き、やがて執行官としての義務と人間としての在り方の狭間で葛藤を強いられるのね。

ミステリーという一面、死刑制度や奇跡、人種問題など見る側を考えさせられる内容になっているけど、それぞれの課題に対してメッセージ的な部分は折込んでいないのが凄いわ。

死刑執行に手違いがあった時の痛ましい場面があっても淡々と物語は進み、制度そのもに反対・賛成を感じさせる意味合いも含まれないの…これこそがダラボン監督の問いかけ的作品と受取れるわ。

刑務所という場所にコフィが与えるインパクトがこの作品の見どころで、キングの人間描写がダイレクトに映像化された部分だけど、閉ざされた空間の中で彼の存在そのもがこの答えなのかも。

自身も意識していないコフィの不思議な力は、他人の痛みを感じ奇蹟を起すのよ。それはあたかも天使のような存在に近いのかもしれないわね…物語が進むにつれて彼の心髄が分かってくるのだけど、ただ、どうしても大げさすぎる演出が全体の輝きを鈍らせてしまっているのよ…これが見るの者の考え方や、人間に対する理解を見失ってしまう味気のないものにしてしまった感があったわ。

だけど、それを差引いてもハンクスの演技や、セリフの間、原作の持つキングの描いた人間味など素晴らしく見ごたえのある作品に仕上がっている。

そして、このコフィを演じるマイケル・クラーク・ダンカンには圧倒よ…彼なくして「The Green Mile」の成功は無かったかもしれない…優しい心を持ち、外見とは正反対の人物を力強く演じ、この衝撃はハンクスを凌いだわ…更に米作品にありがちな"素朴で気高い黒人が白人に何かを教える"という含みも無く、個々の人の心を洞察した点も評価できるわね。

ちなみに、タイトルのグリーンマイルとは死刑執行室に続く緑の廊下なんだけど、コフィはその廊下をまばゆい奇蹟の光で満たしてしまうの。慈悲に映る心の世界は、テーマよりも感覚的な感動物語として語り継がれていくに違いない!ダラボンとキングの1$の絆がスクリーンを染め抜いていたわ。

残念な事にコフィを演じたマイケル・クラーク・ダンカンは2012年に心臓発作で他界…あの巨体が心臓に負担をかけていたとの事…ブルース・ウィリスに見い出され、俳優としては短いキャリアでしたけど素晴らしい役を演じてくれた彼に感謝です。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2014年03月18日

マコ日記 築地最古のカフェ編

20140315『マコ!・・』と言っても「パシフィック・リム」の主役ではございませんのよ…それは威勢の良い声が飛び交う中、新鮮な海の幸たちが所狭しとその麗しいボディを競い合う「築地」…そんな築地に前々からいってみたかった場所があるの…そこは知る人ぞ知る、築地市場最古の喫茶「マコ」よ!

狭い路地を抜けていくと、階段のそばに小さく"珈琲・お雑煮"の看板。昭和の映画に出てくるような赤いドアをそっと押すとそこに、あるのよ「マコ」…店内はこじんまりとして、マダム・マコの小さな厨房と5席のみなの。中央には程よいBGM代わりのテレビがちょこんと鎮座し、白いレースがかかったソファ、暖かみのある電灯、絵画…どれもこれもがとてもノスタルジックで、初めて訪れたとは思えない程の居心地の良さ。

早速名物"とりのお雑煮と珈琲"のセットを注文!…マダムははきはきとした発声で注文を確認すると、時間がかかる旨を伝え厨房へ。席に着いた途端、まるで実家に帰ってきたかのような安心感を覚え不思議でならなかったわ。

隣の席では年配のカップルが涙を浮かべていたり、観光客の女性3人の席では携帯が鳴り出し、マダムの逆鱗に触れたりと…お雑煮を待つ間様々なドラマが展開していたの。でも皆食べ終わる頃にはニコニコしていたのが印象的だったわ。そして遂にお雑煮が到着…その時マダムがひと言「今日はお雑煮と珈琲がいっぺんに出てこないと言って怒るお客さんがいたの。食後にちゃんと出ますからね・・」

マコではお雑煮をひとつひとつ丁寧に作っているから時間が多少かかるのだけど、中にはそのペースを快く思えない一見さんもいるということなのね。でも待っている間この暖かい空気感とドラマを存分に味わっていたので苦ではなかったです、はい。

お雑煮は一等級のいりこ、利尻昆布、大分のどんこ、熟成本鰹で出汁を取り、タケノコ、エノキ、鶏肉で構成されているのだけど、あまりのおいしさに驚愕よ!お餅の焼き具合も絶妙だけど、なにより旨みという旨みがお椀の中に集結していたわ。

食べ終わる頃には、有機栽培した豆を丁寧にネルドリップしたまろやか珈琲・・・後味が良さに更に驚きよ。お雑煮と珈琲って意外な組合せだけど、マコではこの2品で完璧な作品なのね!マコが築地に登場して約50年弱…この空間がとても快いのはマコさんのものづくり魂とお人柄、そしてそれに魅了されたお客さんのほこほこな気持ちで満ちあふれているからなのかも。

長く続けていくこと…それは決して妥協しないこと、そして訪れる人達の素敵な気を引き出すこと、ここにも素敵な師を見つけました。でもちょっと心配なのが2年後に市場は豊洲へお引っ越し…現在の場外市場はそのまま残る!?との事ですが果たして「マコ」はどうなるのか・・ですから皆さん、築地にお越しの際は是非「喫茶マコ」へ寄ってみて下さいね!

【築地ガイド】
http://www.tsukiji.or.jp/search/shoplist/cat-d/cat-15/055.html

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(3) ごはんですよ! 

2014年03月17日

レトロ&オルタナティブポスター日記4 エイリアン編

20140314恒例のレトロ&オルタナティブポスター…今回はまたMONDOのアーティスト達が美しい作品をリリースしてくれたの…それはあのエイリアンシリーズから3作品。

先ずはKevin Tongによる「エイリアン」…エイリアンと言えば何しろHR.ギーガーの強烈なアートワークが存在してるので、これを違う視点でオルタナティブに仕上げるには簡単そうで難しいと感じるのよね。

その為にも一見してエイリアンよりも主役をどう描くかが課題なんだけど、そこもスルーしてマーベル系の悪キャラみたいなテイストで純粋にストレートにエイリアンを表現してみましたって感じかしら。

正直うぉ!って印象はないのだけど、アメコミ文化を深く感じるポスターです。

次はMartin Ansinの「エイリアン2」…こちらも1枚目と同様にアメコミなマザーエイリアンに立ち向かうリプリーのとても分かりやすい構成になってますね。

特に物語から抽出した比喩的な部分は描いてないけど、両作品とも商売を意識した作風が見え隠れしています(^^;)

で、面白かったのが最後のKevin Tongによる「プロメテウス」…これはやっとギーガーの呪縛から少し解かれたようなタッチがうかがえるの。

前の2作品と違い物語のテーマをお上手に抽象化していていい感じ…ちょっとザック・スナイダーの「WATCHMEN」を彷彿させるような部分もありますが・・。

正直最近はオルタナティブポスターブームに乗って安易な商売用の作品も多くなってきて、ただそれっぽく描けば売れるみたな傾向もありますから、しっかりと感度の高い作品だけ見極めないとですね。

でも、結論として思ったのが、HR.ギーガーはやっぱり凄いなって(笑)

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) アート 

2014年03月15日

生意気日記 BanBossy!!編

20140313女性が重要なポジションに就く、なんていうのは本当に最近のお話。

女性が何かのリーダーシップを執ろうとすれば、必ず言われてしまうのが「生意気(Bossy)」…誰もが1度は経験があると思うわ。

最近、このBから始まる嫌なワードを強く否定する訴える女性リーダー達が「生意気ではなく、経営者にふさわしい指導力があると言い直すべき」と訴えていたのだけれど、これは実に的確なのではないかしら。

そのリーダー達とはFacebookの最高執行責任者であるシェリル・サンドバーグ氏と、米国ガールスカウト最高経営責任者アナ・マリア・チャベス氏で合言葉はBanBossy…生意気使用禁止令とでも言いましょうか。

彼女達は幼少の頃から意志をはっきりと示していた為、周囲から生意気呼ばわりされてきた経験者なの…しかし理不尽ともいえる差別に屈することなく社会的な地位を築き、こうして声高々と女性達の為に訴えている…実に天晴れよね!

「生意気」という言葉は1世紀以上に渡り、否定的、女性的な響きを持っているわ。大恐慌後の1930年代では、"女性が男性から仕事を盗むべきではない"という国民感情が広がり、多くの女性が市場に参入し女性運動が活発になった1970年代では、最もこの言葉が多く使われたそう。

しかしながら、この言葉が持つ否定的なニュアンスには性別を巡る固定観念があるわ。学校などにおいても、男の子がリーダーになるのは当然であるけれど、女の子が同じ事をすれば批判されたり嫌われたりしてしまう。こういった環境が女の子の目標に大きな影響を与えてしまい、中学に上がる頃にはリーダーを務めることより人に好かれる方が重要だと考えるようになってしまうの。

生意気は始まりに過ぎず、積極的に振る舞えば攻撃的、野心的、怒っているなどのレッテルを貼られた上、成功すれば好意を抱かれないという、まさに踏んだり蹴ったり状態よ。

オルブライト元国務長官、ヒラリー・クリントン前国務長官もこの地位に至るまで、また着任してからもBossy批評と戦ってきた猛者であるけれど、未だ指導的な役職は男性が握っているのが現状だわ。

しかし最新のデータによると、皮肉な事に女性管理職の多い会社の方が業績が良いと出ているのよ。海外ではこうしてきちんと発言し行動する人がいるけれど、日本なんてまだまだ・・・出世どころか事なかれ主義が殆どといっていいかも。

ちなみにビヨンセは「生意気ですって? これが私の実力よ!」と言い切ってる!!素敵よね!!

希望の会社に就職出来たけれど出世のチャンスも無さそうだし、結婚まで穏便に過ごそう・・・なんて、諦め気味のあなた!まずは自分の能力を存分に発揮し、全力で仕事に取り組んでみましょう。そこで上司に「生意気」と言われたら「生意気ではありません。優れたアイディアを持ってるだけです!」と言い返してみるの…やがてその行動が自分の人生を変え、結果として日本全体を変える事になるわ。さぁ、今日からBossy禁止よ!

【BanBossy公式web】
http://banbossy.com


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) 自分探し 

2014年03月13日

セレブ・デ・トマト日記 赤い誘惑・・・編

20140312

トマトの専門店「セレブ・デ・トマト」…以前お誕生日に青山の本店にご招待して頂いたのだけど、トマトの七変化にただ驚かされるばかり。久々に堪能したくて、今回は夜景の美しい横浜店にお邪魔してきたわ。ディナーが一新されたということで"プレミアムディナー"をお願いしたのだけど、これまた強力なラインナップよ。

まずはトマトジュース3種を飲み比べからスタート。岐阜県産1種と北海道産2種を試したけれど、グラス毎にトマトの甘みが変化するのが不思議だわ。さらっとした軽い味わいからとろみのある濃厚な味わい、品種によってここまで変わるなんて…生産農家の研究と努力は計り知れないものよね。

それに続くは、お待ちかねの前菜。国産黒豚と鹿児島黒豚の生ハムとミニトマト、フルーツトマトのカプレーゼに七面鳥のスモークと、お肉とトマトの見事な共演よ。どの赤さもそれぞれに美しく、お皿の上は花畑といった風情ね。

次はトマトのワイン「TOMATOMA」をお供に、トマトとムール貝をシャンパーニュで香り高く蒸したお皿を楽しんだわ…出汁のよく出たスープが美味しくて、バゲットに浸してペロリ。

次のお皿はまた絶品で、香り高いポルチーニソースのラビオリ。この香りにクリーミーさ、トマトの適度な酸味のコントラストが見事すぎて次回もお替わり決定よ。

メインディッシュはセミドライトマトとスモークした合鴨のコンフィに甲州ワインとデミで仕上げたタンシチューよ…大好物の合鴨は、色鮮やかな野菜と共に甘めのトマトソースとバルサミコソースで頂いてうっとり。シチューはフォークに刺した瞬間から解れてしまう柔らかさ。

お替わりしたバゲットは蜂蜜とトマトのジャムを少しだけ付けて、またお替わりという有様なの。そこここにトマトが登場し、時には主役、時には名脇役とこのキャスティングは神懸かりね。

最後はトマトのロールケーキが登場しテンションはMAXに…甘いものは控えていたのだけど、ふわふら生地は甘すぎずふっくら、トマトのソースがこれまた自然な甘みを出していて、あっという間に完食よ。

ようやくお皿から目を離すと、目の前には横浜の美しい夜景・・・夜景もご馳走と気付く頃にはお食事終了…ボリュームがあるものの胃腸に負担がかからないのは、やはりトマトの効力なんでしょうね。

全部で何種類存在するかわからない赤い珠玉たちをここまで活かしきるとは・・・恐れ入りました。次回もリピートしたいお皿も幾つかあったし、次回は表参道店に行こうかしら。恐るべしトマトの魅力・・・未体験の方は是非、このトマトの誘惑をお試しあれ!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) ごはんですよ! 

2014年03月12日

ガム日記 噛みどきはいつ?編

20140311たまに野球選手がガムを噛みながらマウンドに立つ姿を見かけるけれど、あれは集中力を高めるためのものなのかしら?そもそもガムを噛むという行為は、人間の体にどんな影響を及ぼすものなのでしょうね。

食事の後に口中をリフレッシュさせる、空腹を紛らわす、はたまた禁煙する人がニコチンガムで喫煙を抑制する、などとその用途は様々だわ。遡ること古代ギリシャ時代においては、マスティックの樹から採取した樹液を口臭対策として使用していたというから驚きよ。

人間がガムを口に放り込む際、脳は消化過程が開始されるという警報を受け、体は食物の咀嚼を助ける為の唾液を出し、次いでそれらを溶かす胃液、膵液、胆汁を分泌するの

しかしガムを噛んでいるという事は実際の食物が入っていかないわけだから、ガムは体のシステムを騙し、胃は胃散の分泌で混乱すると考えられているわ。長時間ガムを噛むと膨満感やガスを感じるけれど、これは酸ではなく体内への空気の取り入れが起こす現象だそう。

実はガムは消化過程をスタートさせるので、実際は空腹感を高める可能性もあるの。そしてよく起こりうるのが、ガムを飲み込んでしまうこと!飲み込むと腹痛を起こすなどと言われるけれど、これは事実無根。ガムは食事と食事の間に行われる腸のメンテナンス中に押し出され、残っていたとしても数時間くらいなんですって・・・でも数時間は体内に存在するのね。

もうひとつ気をつけないといけないのが、顎に問題のある人がガムを噛むことよ。軽度の顎関節障害を悪化させることから、偏頭痛を引き起こす可能性もあるからだそう。

ガムは体に色々な影響を及ぼすけれど、悪いことばかりではないの。最新の研究では、仕事中やスポーツをする際にガムを噛むと認識機能が高まることが立証されたわ。野球選手がガムを噛むというのもこれで納得ね。

専門家曰く、一番良いガムの活用方法はノンシュガーガムを食後に噛むという事よ。分泌を促す唾液が歯を綺麗にして、ミントなどの香りがリラックスさせるからなんだとか…ガム自身が直接体に働きかける事は無いにせよ、良いきっかけを作ってくれる事は間違いない訳だから、適度に活用してみようかしら。クチャクチャ・・・あ、飲んじゃった。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2014年03月11日

ウインター・ソルジャー日記2 BWはストレート編

20140310北米で4月に公開される「キャプテン・アメリカ」の続編「ザ・ウインター・ソルジャー」の冒頭部分の長尺映像が公開されてるようなのでお届けしましょう。

何やら貨物船が乗取られて、キャプテン、ウィドウ他が奪還する場面を5分程度にまとめてあるようですが、キャプテンとウィドウの何ともオフィス的な会話もさることながら、気になるのがブラック・ウィドウの髪型なんですよね。

「アヴェンジャーズ」ではくるっと巻いてあった髪が見事にストレートなんですが前の髪型の方がキレ味鋭くて、トゲ刺すわよ!的な魅力で良かったのですが、ストレートになると負けん気がちょっと薄れて優しい感が…(笑)

まぁ、そんな話は別にして、これを見る限り本編は期待大。日本公開が楽しみです!

【The Winter Solder 長尺映像】
http://www.traileraddict.com/captain-america-the-winter-soldier/extended-sneak-peek


pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2014年03月10日

残念な口癖日記 不信任な人にならないために・・・編

20140309頑張っているのに結果が出ない、高学歴なのに仕事が出来ない…そんな"残念な人"には、共通の「口癖」があるんですって。

あるビジネスコンサルタントが幾つかの例を挙げているわ。例えば「じゃ、皆で話すか」が口癖の人は、問題解決能力がないとみなされるの。確かにこの言葉は皆で考えた方が決定しやすいというプラス思考に感じられるけれど、自分で決定すべき事を決められず他力本願になっているという事になるわね。

次に「・・・したのに」が口癖の人は、何でも人のせいにする傾向があるとか。相手が自分の期待通りの行動をしてくれなかった事に対して落胆し、物事に対して広い視野と想像力が欠如しているという事になるわ。

「いつかは起業したい」という人は、決断実行力に欠けるのだとか。起業したいという理由は人それぞれだけど、人に指図されたくない、今の会社が不満といった理由を挙げる人が多く、どういう会社を作りたいかという核の部分が後回しになってしまう。結局現状に流され、第一歩を踏み出せないというパターンに陥るという事になるのね。

そして若者によく聞かれる「まだ本気出してないだけ」…まだやってもいないうちから発する場合が多く、自分の限界を知る事に対する恐れから来ているそうよ。そう言われてみれば、その言葉を使う人に限って何も出来ていないわ。更によく聞くのが「あいつ、使えない」・・・嫌な口癖ね。

上司から見て、思うような働きをしてくれない部下は何人かいるもの。それぞれの適性を活かして配置しようという考えに及ぶべきが、人をもの扱いして軽んじるなんて、最低。そして経営者によく聞かれるのが「生き残りをかけて」。そもそも生き残るというのは、競合する相手を出し抜く事よね。これはあくまで社内の問題でお客さんには関係の無いこと、しいてはお客さんを無視している訳だから生き残れるはずがないという結論に至るわ。

更に業界人に多い「寝てないんだよね」は時間の使い方に問題がある場合が多い。仕事が多くて大変なのではなく、仕事が出来なくて大変であると判断するのが妥当なのだとか・・・納得。

他にも色々とあるけれど、特に気になったのは以上かしら。ふとした言葉からその人自身の考えが見え隠れするものだけど、逆にこれらを逆手にとってビジネスに活かすというのも必要かもね。自分自身が残念な人(カーデシア人のガル・デュカットみたいw)にならない為にも極力マイナス・ワードは飲み込もう!・・・ゴックン。

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(0) 自分探し 

2014年03月08日

ロッシ日記 前代未聞の前菜編

20140308

数々あるイタリアンレストランの中で、伝説的ともいうべき名店「ロッシ」…オーナーシェフである岡谷文雄氏の評判の高さは耳にしていたものの、これまで未体験だったの

お料理のコンセプトは「単純な組合せで美味しいシンプルなお料理」…これを聞いたら行かない訳にはいけない!という事でなんとか予約が取れたので麹町まで行って来たわ

丁度記念日という事もありテーブル席をお願いしようと思ったけれど、岡谷シェフの技が目の前で楽しめる名物のカウンター席に。無口で黙々と料理を創り上げていくシェフ、細やかな気配りをしつつ、絶妙なワインセレクトをしてくれるソムリエ、とチーム一丸となっておもてなし。

まず驚かされたのは名物の前菜…その種類の豊富さと美しさ!大きい角皿に宝石と見まごうばかりの輝く野菜たちが艶やかな姿で登場したの。全18種類というスケールの大きさ…果たして前菜と呼んで良いのだろうか!?シャンパンからイタリア・カーザウォレスの赤にパートナーを変更し、いざ頂きます。

真鯛のカルパッチョとナスのマリネ、アボガドのマリネでさっぱりと、大好物のホタルイカで春の息吹を感じ、イワシとドライトマトのタタキにお米のサラダなど実にユニークな野菜と魚介類の共演が続いたわ。

お肉類は短角牛のもも肉のタルタルトリュフ風味、トスカーナ豚の頭肉のにこごりハム、肩ロースのコッコ、青森産鴨肉の自家製ハムなどイタリアと日本のお肉食べ比べよ。どれも素材の良さが引き立つ絶妙なラインナップで、ソースや調理法は細部にまでこだわりが見られるわ。配置も素晴らしく、その彩りは1枚の絵画のよう。

前菜をゆっくりと楽しんだ後はぷっくりとした牡蠣を菜の花のクリーミィなソースで頂いたの。ここでソムリエが牡蠣に合う白ワインをチョイス…牡蠣の甘みが引き立ったわ

続いては肝好きの私が感動に打ち震えてしまった、軽く揚げた白子にトリュフ??ソース…外はちょっぴりカリッ、中はトロッ…この絶妙加減はどういうこと?と感動しているうちにタレッジョチーズの風味とポルチーニ茸の香りが見事に融合したトルッテリーニが登場。

この香ばしさと風味は今も思い出すほど・・・。お魚料理は甘鯛とノドクロのポワレ、ミニキャベツや菜の花などの野菜が甘みを演出して名脇役になっていたわ。お肉料理は鴨や蝦夷鹿の盛り合わせ、それぞれのお肉の良さを引き立たせる調理が施されていて感動。

デザートがこれまたラストにふさわしいヨーグルトソースにショコラ、イチゴの酸味が全てを締める役割となり完璧だわ。満腹感はあれど食べ終えた後も臓器に重さを感じさせない爽快感…これぞ岡谷マジックね!あくまで素材が主役でその素材を活かしきる為に様々な技を駆使しているけれど、表面には見えず口に入れた瞬間にわかるというもの…憎いね、この!

店内は常連さんで賑わっていたけれど、ファンが多いのも頷けるわ。ちょっと小さめのお店だけど、岡谷シェフがとことん料理を突き詰めて提供するにはこの規模が一番なのかもと思ったわ。次回は何を頂けるのかしら・・・楽しみ!

pipopipotv at 00:00|PermalinkComments(2) ごはんですよ!