2012年06月

2012年06月30日

FOD日記 進化し続けるGOLD SOUND編

20120628日本で3ピースの雄は多々あれど、筆頭に挙がるのは「FENCE OF DEFENSE」ね。

学生時代、彼らの音に触れてからというもの、LIVEをやりたいと思うようになって今の自分があるわ。北島氏、西村氏と立て続けに共演させて頂いて、気付けば彼らも今年で25周年・・・!時が経つのは本当に早いけれど、FODのサウンドは進化し続ける一方よ。コンセプトアルバムとして発表された「2235」を始めとし、重厚なロックサウンドとデジタルサウンドを融合させたスタイルは他に追随を許さないわ。

未だにファーストアルバムを聴いても新たな発見が有り、色褪せないのは卓越したセンスと技術、何より3人の音楽への熱い思いが今尚燃え上がっているからなのだと痛感したわ。学生時代、どこか大人への憧れを抱きつつ聞いていた歌詞や楽曲は、今こうして自分が表現する立場になって聞いてみるとなるほど、こんな意味合いがあったのかと深く理解出来るし、緻密に組み上げられたFODサウンドは時代を感じさせないのよね。

昔ある雑誌の取材で「FODのリハーサルはお金を払ってでも見たい。」という1文があったのを覚えていて、実際御一緒した時に個々ではあったけどじっくり拝見。会場は小振りではあったけど、そこには不変の"FOD音"が存在していたわ。当たり前の事だけれど、どんなところであっても一音発しただけで、その人の音だ!って思えるのって本当に素晴らしい事だと思うし、彼らのシーケンスが流れ始めただけでも「あ!FODだ。」と耳がシフトしてしまうのが羨ましい。

今回は25周年という事でファーストから最新アルバム「GOLDIVIN」までの楽曲を少しずつチョイスして、2時間30分ほどのステージ!1曲目に時の流れを紡ぐかのように「TIME」、そしてメイン曲よりもツボを突くラインナップが続き、個人的には6枚目のアルバム「digitaglam」から「恋の独裁者」というサンプリング音源を駆使した熱いダンスチューンでヒートアップよ。西村氏のボーカルは独特の籠もりがあってがFODの楽曲に欠かせない重要な要素なんだけど、今回のステージでは更に伸びやかでパワフルに。

自分自身LIVE感がやや薄れつつある状態になったので、彼らの生き音を目の当たりして大事な衝動を思い起こさせてもらった気がするわ。そういえば、LIVEの楽しさを教えてくれたのもこの3人だったのよね。人生の節目にいつも彼らの音に教えられているなぁ。

いつもは物販は購入しないけれど、この日最新アルバムのリミックス音源がUSBで発売されると聞いていたので、即購入!USBメモリーで販売とは・・・またしてもやられました!高音質のWAVファイル、パート別音源入り、考えつくようで考えつかなかったそのアイディアにただただ脱帽よ。この音源については改めてレポートさせて頂くわね。

開演前、久しぶりに会場の渋谷AXの付近で他のフリークス(観客)達と一緒に開場を待っていると、夫婦だったり、子供連れだったりとファン歴の長さを感じたわ。でも皆さん物凄い笑顔!・・・あぁ、皆FODの音をずっと長く愛しているんだなと思い感慨深く、そしてとても羨ましい気分よ。自分もその一人ではあるけれど、高校時代から彼らの音を追ってきた親友二人とこうして一緒に楽しみ、自分の音楽生活の段落分けになった、そんな一夜でした。いつまでもキラキラと輝き続ける3人に負けていられない!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) 音楽 

2012年06月29日

アンドレア日記 花は心編

20120626ミー達は自然を駆け巡るのが好きなので、野に咲くお花は身を隠すための必須アイテムにしか感じてないけど、人間はお花に対して特別な感情を込めてコミュニケーションしてるってママが教えてくれたニャー。

今日もお家の隣の劇場で有名な劇団のお芝居の初日だったらしくて沢山のお花が劇場エントランスから溢れんばかりに盛られていたニャーよ。

そんなお花群の中でも送り手の個性がしっかり出る人は、その世界でも存在感のある人なんだと感じたのだニャー。社交辞令的なお花はただのお花だし、写真のIKKOさんのように気持ちがこもったお花は愛情を感じるし。

面白かったのがパン屋さんが贈ったお花が、ちゃんとパンと言う事を主張しながらも相手を喜ばせる気持ちがこもってるニャーと、ママから花コミュニケーションを教わる日々。

でも、ミー達は花を愛でてると敵に捕獲されてしまうので、今日も花に紛れてお散歩するニャーよ!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) 自分探し 

2012年06月28日

網膜日記 来たぞRetina嬢編

20120627今月11日に発表され、翌日かは販売が始まった新モデルのMacBookPro…その中でも話題になたのが、Retinaディスプレイを搭載したモデルよね。実はうちも初日にApple銀座に行って買ってくる予定だったけど、つい寝落ちしてしまって気付けばお昼…時既に遅し・・完売だったわ。

オンラインでの注文も既に3~4週間待ち…一応ポチってはみたけど、お家に届くのはきっと早くても来月中旬以降と諦めてたのね・・。そして昨日・・Twitter上でお仲間がとあるショップで見たという一文・・早速事実確認の電話をショップにしようと思ったら既に深夜…朝を待ってお友達に在庫確認のお願い…で、1台残ってたのよ!それも\174000というAppleより1万も安いときたから驚き!その日のスケジュールを変更してダッシュで買いに行ったわよ片道2時間かけて!!

もう、そこは大自然のいっぱいの場所で、なんでここに・・と思ったけど天気も良いから軽く遠足気分。現場でお仲間のフォトグラファーとちょっとお茶しながら満足感。

帰宅後は噂のRetinaを検証すべくAirの設定をそのままタイムマシーンHDDでインストール。HDDではなくフラッシュベースのSSDだからAir同様に動作音も無く軽快にセットアップ…しばらくして気付いたのだけど冷却用のファンの音が殆ど聞こえないのよね…こんなとこにもちょっと感動。

色々四苦八苦しながらセットアップも終わって再起動…おっと!なんだこの奥行き感は!2880×1800ピクセルの解像度って凄いなぁ~って実感(; ̄O ̄)…写真だけじゃなくて文字も綺麗なのよね!これはもう普通のモニターには戻れないって悟ったわよ。

今日は、とりあえずファーストインプレッションって言うことで使い勝手や各種ソフトとの相性とか後日レポート致しますわ。でもこれで18万なんだから間違いなく買いのモデルって事で( ̄ー ̄)フフ

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) ハイテク 

2012年06月27日

クオン日記 大パノラマ・ランチ編

20120619どことなくノスタルジックな雰囲気が漂う芝浦埠頭・・・目の前にこれだけの海が広がると癒やされるわ。家から芝浦付近まではゆっくり歩いて20分ほどなので、最近お気に入りのお散歩コースのひとつよ。

この間、この海沿いに素敵なレストランを見つけ、早速ランチと洒落込んだわ。「オーシャンディッシュ・クオン」・・・そのネーミングの通り、店内はどの席からも東京湾を一望できるパノラマ・ウィンドウなの。開放感に溢れ、落ち着いた雰囲気の中でお食事が楽しめるわ。

昔ながらのホテルのレストランといった雰囲気だけど、お料理はとても美味しくてつい長居してしまったわよ。今回頂いたスペシャルランチは、オレンジ色が美しい人参の冷製ポタージュスープから始まり、スズキのカルパッチョ、グレープフルーツのソースに彩られたスズキ、鴨のスモーク、グリーンピースのムースと、大好物のオンパレード。こうしてオードブルが並ぶと気分があがってしまうわ!

メインディッシュも、若鶏のソテーや真鯛のポワレ、キッシュ風オムレツが一皿にほどよく盛られ、彩りも鮮やか。海のものから山のものまで、あれこれ頂くというのは楽しいわね。やはり、お料理は手間暇をかけると繊細な味わいになるわ・・・フードプロセッサーの購入を本気で考えようかしら、などと考えているうちにデザートのクレーム・ド・ブリュレが登場。久々に頂いたけど、何だかとても美味しくてあっと言う間に食べちゃった。

景色もご馳走のうちのひとつ、なのかもしれないけど、久々にゆったりとランチを楽しめたわ。こちらのお店は地元の方や近辺のオフィスの方が利用されているみたいだけど、意外と穴場かも!因みに田町からシャトルバスが運行されているそうなので、お近くに寄られたら是非。夜はロマンティック度が増すこと間違いなし!

【オーシャンディッシュクオンweb】
http://www.qon.co.jp/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2012年06月26日

トリコの虜日記 ニャンボルギーニといっしょ!編

20120625最近は、愛車ニャンボルギーニ号でどこへでも出かけるようになったわ。

以前履いていたアディダスは履き古してしまったので、今回は自転車専用としてランニングシューズ「NEWTON」を購入!トリコロールの色合いが鮮やかでどんなウェアにも合わせやすいし、なにより足の踵に負担がかからない設計になっているから使いやすいわ。

こういったタイプのシューズは初めてなので、代官山蔦屋書店の並びにあるトライアスロンのアスロニアショップでサイズを測ってもらったのよ。普段は22.5~23㎝のサイズなんだけど、驚いたことにこのシリーズは24.5㎝をチョイス!もともと運動用として小さめに作られているから、24㎝で丁度良いくらいでも小さいんだそうよ。

普通に歩くにはまだ違和感を感じるものの、自転車のペダルに足を乗せると凄く楽で踏み出しやすいの。足を太くしたくないので力の入れ加減やフォームも大事だけど、まずはその部分をサポートする専門のアイテムは必要不可欠なんだなと痛感したわ。

その他にもお買い物用、もしくは非常時の猫の運搬用に「BIOSPEED」のリュックも購入。カエルのアイコンが可愛いので一目惚れしたのだけど、取り出し部分が円筒形になっていてとにかく入る入る!中には1畳分ほどの敷物まで入っていたわ。このバック、もともとトライアスロン用に使われるもので、濡れた水着が中で一緒にならないように下部に収納スペースがあったり、ヘルメットを入れる収納部分があったりと至れり尽くせりなのよ。

これで築地に生ものの買い出しに行けるし、猫砂の運搬も楽になったわ!スポーツマンの皆さんから怒られそうだけど、本当にサイズ的にもデザイン的にもしっくり来るものが見つかって本当に嬉しいわよ。さてさて、この子達をニャンボルギーニ号のお供にして、ピポ太郎は今日も元気に湾岸行脚でございます。

【アスロニアshopWEB】
http://www.athlonia.com/shop/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) 自分探し 

2012年06月25日

アンドレア日記 金曜は肉の日かよ編

20120624今年になってママは肉食になったらしいニャー。特に毎週金曜日になると、"肉の日"って独り言を叫びながらどっかに出かけてくニャーよ。

今日はどこ行って来たって聞いたら、お友達のデザイナーのうたちゃん夫妻と四谷三丁目の火練って焼き肉屋に行ったとか…ここは安くて美味しいお肉を食べれるそうでラムチョップも食ってきたとか…。

おまけに飲み放題だったらしくて、いつものように腹を叩きながらそのまま寝てしまったニャー。何やらお土産らしき袋があったから勝手に開けて食べておくニャーよ。

まぁ~ミー達は元々肉食だから、これで仲間になったニャーって事だ!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2012年06月23日

子連れ狼日記2 シーズン1刺客街道編

20120623日本を代表するエンターテインメント作品「子連れ狼」。原作の素晴らしさは勿論だけど、1973年に放映されたテレビシリーズは脚本、演出、キャスティング・・・全てにおいてクオリティが高いわ。

当時は、映画を手がけている監督がテレビシリーズを手がけているとあって1本1本が映画の様に仕上がっているの。テレビは3シーズンで構成されているのだけど、どれもこれも秀逸。これからちょこちょこご紹介させて頂くのでよろしくお願いしますね。

さて、まずはこのストーリー、公儀介錯人の地位を持つ拝一刀は、裏柳生の策略にはまり妻も一族も全て殺されてしまうの。一刀は生き残った一子・大五郎を連れ、一殺五百両で刺客を請け負い、裏柳生に復讐しようと諸国をさすらう、というのが大筋ね。本編で幾度となく出てくる「冥府魔道」という言葉は原作者・小池一夫氏の造語なのだけど、一刀親子が復讐を成し遂げんと歩む道は険しく、人としての全ての幸せや欲を捨て修羅として生きる、という意味合いが伝わるし、語音も良いのよね。

しかしこれだけ重く辛いストーリーでありながら、ゴールデンタイムに放送されていたという粋さ!しかも当時の風習や人々の生活などの描写もきちんとなされているので歴史的に興味深い部分も多いわ。でもなにより根本であるストーリーがしっかりしているのと、拝一刀役を自らアピールして勝ち取った萬屋錦之介の神懸かった演技力にはひれ伏しかない!あぁ、リアルタイムで見た人は幸せね。

でも最近ようやくDVDを入手することが出来たので、毎日大事に見ているの。第一部で特に心臓をえぐり取られたのは、第4話の「刺客街道」で妻と一族を殺された一刀がその怒りを柳生烈堂にぶつけるシーン。歌舞伎の口上の様にセリフを語り出すと、怒りがギシギシと伝わって来て画面から目が離せないの。

歌舞伎役者である錦之介の見事な時代劇との融合・・・これは彼にしか出来ない、新しいスタイルを確立したと言っていいのではないかしら。一刀は公儀介錯人時代はまだあの青いシャドウのメイクではなかったけれど、この後から例の特徴的な青シャドウになっていくの。それは、彼が今まで公儀とはいえ命を奪っていた者達を弔うため祀っていた不動明王にそっくり・・・!という事は一刀が冥府魔道に生きる上で不動明王が守りについたという解釈になるわね。一歩間違えればこの斬新なメイクはコミカルに映ってしまいそうだけど、こういった意味合いをきちんと表現しているのよね・・・納得。

毎回登場するゲストの俳優陣も超豪華!シーズン1の主演女優賞は浜木綿子さんなの。第6話の「あんにゃとあねま」では穂積隆信さんや竹下景子さんも出演しているけど、浜さん演じる女郎を仕切る頭の酉蔵は際立っていたわ。女を捨てて男の着物をいなせに着流し、凛とした美しさは目を見張るものがあるもの。でもその中に女を捨てたほどの悲しさ、そして一刀の武士道を目の当たりにした後垣間見えた女としての部分が見事に演じられていたわ。

この回で登場した「ぷりぷり」という拷問シーンも見物よ!語り出したらまだまだ止まらないけど、一刀親子が冥府魔道を進むにつれてどこか神々しさを感じるようになったのはピポ子だけでは無いはず・・今度は改めてシーズン2のご紹介をさせて頂くわね。お付き合い下さい!

pipopipotv at 00:09|PermalinkComments(2) 映画&TV 

2012年06月22日

ラフラ日記 レスキュー・オレンジ編

20120621気温の変化とストレスで、一進一退を繰り返すピポ子のお肌。大人ニキビがぷつっと現れたかと思うと、毛穴の汚れも目立ってきたり・・・これではエステのケアなんて付け焼き刃になっちゃうわ。

どうにかホームケアで元の肌に戻せないかと悩んでいたら「ラフラ」というシリーズを紹介されたの。オレンジのパッケージが特徴的なこのシリーズ、全てオレンジの香りが調合されているのよ。オレンジはネガティブな心情を改善したり、気持ちを高揚させる効果があるんですって。つまり美肌成分としてだけで無く、肌に最も影響する心情的な部分をケアしてくれているということなのよ。なるほど、一番大事な部分ね。

ニキビが出来ると肌が乾燥していることが多いので、先ずは潤いが重要だわ。市販のクレンジングは洗い上がりがやや乾燥してしまうのが難点なのよね。"バームオレンジ"と呼ばれるクレンジングは、手に取った瞬間ほんのり暖かくなり、そのまま肌をマッサージしながら汚れを落としていくの。洗い上がりはしっとりでダブル洗顔不要という優れもので、ニキビにも優しいわ。

そして忙しい朝の洗顔には"マシュマロオレンジ"。こちらはムース状の泡になっていて、ワンプッシュ顔に乗せマッサージすれば洗い上がりはもっちり。通常の洗顔だとそうしてもグイグイ力を入れて洗ってしまいがちだけど、この方法ならエステで教わるお手本の洗顔が出来るわ!力を入れずに泡に汚れを吸着させて洗い流す・・・これで毛穴にも負担がかからない。

「ラフラ」は肌に付ける化粧品は少なく、自分の肌を育てるというのをモットーに開発されているの。ファンデーションを塗った肌は美しいけれど、これって肌本来の美しさがあって成り立つことなのよね。肌が衰えるとそれをカバーしようとして付ける物が増える、でもそれは厚着をしてるだけに過ぎないしお金も半端なくかかってしまうわ。肌本来の美しさを見直し、再生していけば年を重ねても美しいし節約にもなるのよね。50歳、60歳になって外で素肌に近い状態でいられたら・・・あぁ、理想だわ。

驚くべき事にこのシリーズは、日焼け止めはあれどファンデーションは開発してないの!それは、自然な皮膚呼吸する肌を作ることを目指しているからなんだそうよ。エステに通うのは最後の仕上げ、まずはおうちでじっくり自肌を見つめ直さなくてはね。ペタペタ・・・。

【ラフラweb】
http://www.rafra.co.jp/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) コスメ 

2012年06月21日

アンドレア日記 鰹は任せろニャー編

20120620ママのブログを見て気になることが一つあるニャー・・それは、食べ物ネタが多くなってきたる事。まぁ~衣食住は生きる物全てのテーマだからいいけど・・太らなきゃね。

今日は帰ってきたら何やら衣服からカツオ節の匂いが漂ってるニャーよ。何しろミー達の鼻は別名カツオセンサーとも言われるほど鋭敏なんだニャー。

問いただすと目黒のラーメン屋で「しるみ」というマニア垂涎のお店があって、中でも「極煮干しラーメン」なる一品が極上の鰹節を使ったスープらしくて、その香りが衣服にまとわりつくほど濃いらしい。

ミーのセンサーが感知するぐらいだから本当に旨いのだろうニャー!

ミー達は麺は苦手だから今度スープだけお土産に買って来ておくれ~!で、そのスープにとろみをつけてくれたら最高だニャー!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2012年06月20日

野辺地日記 へのへののへじ…編

20120616新宿の創作料理「野辺地」(のへじ)・・・こちらのお店は和食とお寿司の2店舗があり、今回は和食をチョイス。

店内にはカサブランカが置かれていてとても良い香りなんだけど、お料理が始まると若干気になってきたのが残念ね。でも野菜やお魚で彩られた先付けやお刺身はとても美味しかったわ。

さすがにお寿司部門も構えているだけあって、ネタは新鮮よ。

その後も、鶏の焼き物や抹茶のお塩で頂く野菜の揚げ物などどんどん続き、最後はお鍋の登場。真っ白なスープの豆乳コラーゲン鍋はスッポンがブレンドされていて、鶏肉とお野菜がさっぱりとした味わいに仕上がっていたわ。一見濃厚だと思いきや、ここまでさっぱりしているのはスッポンのせいなのかもしれないわね。

豆乳も鶏もコラーゲンもお肌に良いし、スッポンも滋養強壮だから最近のピポ子には有り難いものばかり。最後はおうどんで締め、よ!さすがにここまで来るとお腹がパンパン。

お料理の質もボリュームも良いとは思うけど、気になったのは件のカサブランカと接客ね。きちんとしたこだわりがあったとしても、それをお客さんに楽しませる事に神経が行き届かないと減点されてしまうものね。お料理もやはりエンタテインメント・・・ちょっぴり顔がへのへのもへじになる帰り道でした。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2012年06月19日

冷えた愛情日記 科学的根拠編

20120617「4年も経てば愛情は冷める」よく聞く言葉だわ。お互いいるのが当たり前になって、進むのは結婚へのカウントダウンでは無くマンネリ化。気付けば彼は他の女の子と食事に行ったり遊びに行ったりしているのに、自分は食事にも連れて行ってもらえない状況に・・・。

これは誰にでも起こりうる状況で、大多数の女性が経験したり不安に思ったりすることね。でも実はこの状況には科学的根拠があったの!恋をすると何も手につかなかったり、恋煩いで痩せるという状況に陥るけど、これはPEA(フェニルエチルアミン)という脳内の神経伝達物質が大きく関わっているんだそうよ。

PEAは高揚や陶酔、快感をもたらし、いわゆる「あばたもえくぼ」状態を作り出すの。これは抗うつ剤に使われる程強い脳内麻薬で、分泌される量は自然に調節されていきその寿命は3年なんだとか。これが4年説の根拠になっているという訳よ。PEAと反比例して増えていくのがβエンドルフィン。

恋人と一緒にいると落ち着いたりリラックスするのは、この成分のお陰なんだとか。その鎮痛効果はモルヒネの6.5倍で、ストレスや困難を乗り越える力を持っているそうよ。好きな人が一緒ならどんな事でも乗り越えてみせると言う"愛の力"は、この成分が大きく影響していたようね。

PEAの効果で恋が冷めるのは3年目、そこで反比例に増えたβエンドルフィンへうまく移行しないと悲しい結末が・・・。厳密に言えば恋は3年で冷めてしまう事になるけど、常にこの2つの物質を分泌し続けるべく努力しなくては。人間はどうしても嫌な部分をクローズアップしてしまう癖があるけれど、まず好きな人の素敵な部分をじっくり見つめていくべきかも。そして、自分もそう見られていることを忘れてはダメね。まずは心身ともに自分磨きから・・・。


pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) 自分探し 

2012年06月18日

FiGARO日記 築地でどんぶり!編

20120609愛車ニャンボルギー二号のお散歩ルートに、素敵なお店を発見。真っ赤な外観が目印の「和FiGARO」よ。

こちらは2階建てのビルになっていて、1階は居酒屋、2階はダーツ・バーというなんとも変わった組み合わせなの。テーブルと椅子が高めで居酒屋と言うよりはバーといった趣ね。内装もお洒落な絵が飾られていたりして、店名の和の雰囲気が無いのが面白いわ。

お昼時には、丁度美味しそうなランチメニューがずらり。海鮮丼と穴子丼というチョイスをしたけど、どちらも大当たりだったわ。素敵な店長が「わさびが非常にきいてくるので気をつけて」と言うので口に入れてみると、そのきき具合にビックリ。でもわさび本来の辛さを久々に体感した気がするわ。

海鮮丼は築地ならではの海の幸が山盛りで、そのネタも非常に新鮮で美味!・・・マグロ、エビ、ホタテ、ウニ、どれもこれも硬派なわさびと相性抜群よ。あなごも大胆に盛られ、ビジュアルも良い感じね。その他にも角煮丼なるものもあったけど、それは次回の楽しみにするわ。

でも一番印象に残ったのは、丼と共にやってきたお味噌汁なの!魚の出汁がじっくり抽出されたあら汁は天然の甘みが広がり、とにかく美味しかった。お味噌汁をお替わりしようかと思ったくらいよ!やはり築地はお魚天国・・・外れが無いわね。帰りは腹ごなしに家までひとっ走りしたけど、30分もあれば行ける距離だということがわかったし、今後はこのエリアを出没するわよ!

【FiGAROweb】
http://figaro-darts.com/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) ごはんですよ! 

2012年06月16日

サウンド・オブ・サッカーパンチ日記 華麗なる旋律編

20120615以前ブログでご紹介した映画「サッカーパンチ」…作品の素晴らしさは前に述べさせて頂いた通りだけど、このサントラはサントラというより、このアルバムだけでひとつの作品ね。

大好きなアーティストが2人も参加しているのも嬉しいけど、一度聴いただけで映画のシーンがそのまま蘇るというシンクロぶり。映画において音は重要な要素だけど、ここまでマニアックに細胞レベルで訴えられると参ったとしか言いようが無いわね。

主演のエミリー・ブラウニングがボーカルを務める「Sweet Dreams」「Asleep」はこれから暗闇へと足を踏み入れてしまう少女の不安、そして悲しさが表現されているわ。監督ザック・スナイダーが彼女にボーカルを依頼してよかったとコメントしていたけど、この切なく儚い恐怖は彼女だからこそ歌い切れたのかも。

そして、娼館にやってきた薄汚い男たちが金をちらつかせながら醜悪な姿を晒すシーンでの「I Want It All」。これはその意味そのままズバリで、QUEENの「We Will Rock You」をベースにラップが炸裂。わかりやすいけれど、感覚的に残る格好良さよ。

最も度肝を抜かれたのは主題であるBjorkの「Army Of Me」!!…前から大好きな曲だけど、この劇場版ではなんとあのスカンク・アナンシーが参加しているの!ピポ子にとって不動明王と大日如来がセットになったような衝撃よ。アルバムバージョンと異なり、後半は驚愕のロックテイスト!うねるギターを差し押さえ、バリバリと悲鳴のように張るボーカルは鳥肌が立つほど格好良い!!

スカンク・アナンシーはイギー・ポップの「Search And Destroy」もカヴァーしてるのだけど、彼女のファーストアルバムほど攻撃的では無いにせよ、充分な威力を発揮していたわよ。久々に彼女のボーカルがこの作品で聴けるとは・・・感無量だわ。

ラストのマダム・グロスキーとブルーデュエット「Love Is The Drug」はブライアン・フェリーのカヴァーだけど、さすが役者さんは凄い!ちゃんと役になった状態で歌えてるのよね。きっちり歌ったら絶対凄いだろうに、このキャラクター達ならこう歌うだろうという設定の上で仕上げてくる・・・うわわわ、参りました。

どんなに好きなアルバムでも全曲お気に入りというのは皆無に近いわ。でもこのアルバムに関してはどの作品も耳を奪われるし、それぞれの楽曲の個性とアーティストの個性が見事な化学変化をもたらしているのよね。作品の世界観を増長させるのが音楽の役割ではあるけれど、そこを超越して一人歩きしている、そんなアルバムがあっても良いと思うしそうあるべきなのかも。いやぁ、聴覚にもグサッと来ました!皆さんも是非一度聴いてみて!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) 音楽 

2012年06月15日

アンドレア日記 お土産ジュルッと編

20120614ママが珍しくお土産買って来てくれたニャー!

品川駅構内にある「Cold Stone」って言うアメリカ生まれのデザートショップで、ショップのお兄さんやお姉さんがお歌を唄ってくれることでも有名だニャーよ。

何でもコンセプトは「10 Minutes Vacation」で、関わった人全てが幸せになりますように!って言う気持ちがこもったおもてなしだそうだニャー。

今日食べたのは三つのベリーが入った「ベリーベリーベリーグッド」とオレオのクッキーが入った「クッキーミンスター」…とっても美味しかったニャー!

今度は店舗に行ってミーも一緒に歌うニャー!

【コールドストーンweb】
http://www.coldstonecreamery.co.jp/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) ごはんですよ! 

2012年06月14日

お料理日記 バーニング鍋!編

20120612お料理教室のクラスがいよいよ本格始動。1ヶ月に1回というのんびりコースだけど、和食を中心に基礎からお勉強するわ。

記念すべき第1回は「新ジャガと豚肉の照り煮・ささみと三つ葉のわさび和え・切り干し大根の煮物」の3品よ。今回の先生は明るくファンキーで、ピポ子とはウマが合いそう。前回同様講義を聞いてから実践にうつるのだけど、この3品を同時進行で仕上げていくのと、同じテーブル4人の役割分担に手間取って難航したわ。出汁を取り、じゃがいもと炒めている間に、ささみを茹でる、切り干し大根を水で戻すというのがはじめの一歩。しかしながら1品毎に完成までの工程を聞いてしまうと、そこに意識が集中して他の料理を考える余地がなくなるというおサボり左脳・・・。

基本的に、お料理は主菜を作る間に副菜をちゃちゃっと作る訳だけど、3つのプロジェクトを同時に完成させるというのは経験を積んでいかないと非常に難しいと悟ったわ。炒め終わったじゃがいもと豚肉を出汁で煮込み、落としぶたをして20分ほど火にかけるという段階でようやく落ち着き、先生が各チームの鍋をチェックに来てくれたの。すると、隣のチームの鍋から火が・・・!きゃあっという悲鳴があがりふり向くと、ファンキー先生が鍋に水を入れ冷静に対処していたわ。

原因は3つ口コンロの火力を見誤ったからだそう。家の器具とは異なる為扱いが慣れずこういった事態を招いてしまったのね。でもどうして焦がしてしまったかという事より、焦がしたらどうするかということの方が大事・・・こういうアクシデントが起きないとなかなか気付かない事よね!

チーム・ピポ子の鍋は焦げることはなかったけど、みつばを茹ですぎてしまい食感がぐったりしてしまったのと、切り干し大根に入れた人参のサイズが若干大きかったのが反省。そして作業の割り振りね。同じテーブルには長年の友人であるあきちゃん、そして各コースを渡ってきたベテランさん、お母様に勧められて意を決したお嬢さんという楽しい面子が揃ったわ。皆テキパキしていて実に頼もしいの。

他のテーブルでは男性参加者の姿ももちらほら見え、皆の料理への関心の高さに驚いちゃった。これから半年間、色々な事を吸収できるように頑張って行かねば!でも鍋は焦がさないように・・・。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2012年06月13日

体内時計日記 愛を育む睡眠編

20120613人間にとって睡眠は本当に大事なものよね。最近、カップルが同じベットでただ一緒に眠るだけで健康になれるかもしれないという研究結果が発表されたの!

今回の研究で、女性はパートナーと一緒だとよく眠れない、男女ともに誰かと一緒だと余計に寝返りをうってしまうという意見が出たのだけど、それは掛け布団の争奪戦、就寝時間の違い、室温の設定というのが主な原因のようよ。

しかし長期にわたってパートナーと信頼関係を築いている女性は、独身もしくはパートナーを失った女性に比べてすぐ眠りにつく、夜中に目を覚ます回数が少ないという結果が出たの。この分野の研究は始まって日が浅いけど、健全な関係を持つパートナーと一緒に眠ることで安心安全の感覚が増し、ストレスホルモンのコルチゾルの分泌が抑えられ、オキトシンの分泌が促されるからではないかという仮説が立てられたのよ。

オキトシンは不安感を和らげる働きを持ち、睡眠と覚醒を司る脳の部位から分泌されるの。専門家は、例え寝返りをうっても、夜一緒に寝ることで得られる精神的な利点はマイナスに打ち勝つ、と指摘したわ。でも人それぞれ体内時計が異なるから、睡眠時間にも違いが出るわよね。

「なんで朝起きれないんだ!?」なんて怒る人もいるけど、実はこれ体内時計の違いが大きな要因なんだそうよ。その点をお互い認め合って、相手が自分と違う事を受け入れるようにしなくてはならないわ。体内時計はなかなか変えられないから、日毎にお互いの睡眠時間で休むというのも方法の一つだと専門家は提案していたわよ。体内時計の合わないカップルはケンカの回数が多く、同じ活動で過ごす時間も減少し、セックスの回数も減ってしまうんですって。これが原因でイライラされたり当たられたりしたらストレスがたまる一方・・・良い睡眠もとれるはず無いし、即離別ね。

更に興味深いことに、女性がパートナーと快適に過ごせた日は男性もよく眠れるんだとか。女性は人間関係の感情面を左右する傾向があるそうよ!"態度がうつる"というのはもしやこういった科学的根拠からきているのかしら。世の男性へ告ぐ。長生きをしたければ、まず女性を大事にしてください。そしてお互いが質の良い睡眠をとれるようにしましょう。そして女性を愛して下さい、ね!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) 自分探し 

2012年06月12日

ねこアップ日記 こねこを釣り上げろ!編

20120611またまたゲームにはまってしまった・・・。その名も「ねこアップ」!

猫好き心を見透かしたような、愛くるしいキャラの数々・・・しかも今回は第2弾という事で、前回よりパワーアップしていたわ。このゲームはある星にいる猫達を救出せんが為、宇宙人が宇宙船に猫をビームで引き寄せ釣り上げるというものなの。

今作では冒頭にそのエピソードの部分もきちんと描かれていて、猫と宇宙人の関係も理解出来た上でゲームに臨めるのが良いわ。最初は小さな猫を片っ端から釣り上げ、エネルギーが増えてきたら中くらいの猫を釣り上げることが可能なの。その間茂みに隠れてるアイテムをゲットして辺りの猫を全部眠らせたり、パワーアップして大きな猫を捕まえたりさせたり、子猫を大量発生させてまとめて釣ったりと、有効活用させるのよ。

猫を釣りつつ、アイテムを使いつつ、ポイントを貯めつつと結構大変。今回から課金制で別にアイテムを購入できるようになったようだけど、ピポ子は地道に釣っていくことにしよう・・・。

宇宙船もステージの段階かに別れ、カエル型やタコ型などユニークな形が一杯よ。そして各ステージをクリアすると壁紙をゲットできるというから楽しみね。ピポ子はまだファーストステージをクリアできずにうろうろしてるけど、このかわいこちゃんたちをゲットし、隠れキャラの猫を捕まえてみせるわよ。

そしてこのゲームの特徴であるサウンドも、かなり萌えポイントね。猫を釣る度に「ニャッ、ニャッ」と可愛い声で鳴いてくれるの!この声を聞くだけで癒やされるわ。このゲームは1人のクリエーターだけで制作してると聞き、そのアイディアとクオリティの高さに驚かされたけど、絶対に猫好きでなければここまで作れないでしょう、という点が多いのも魅力ね。さ、是非皆さんも猫を片っ端から釣り上げてみたはいかが?可愛いわよ~。


pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ハイテク 

2012年06月11日

たこパン日記 海の幸、山の幸編

20120608築地に個性的なパン屋さんがあると聞き、愛車ニャンボルギー二号を飛ばして行ったわ。その名も「築地折峰ベーカリー」。

店舗は小振りなれど、パリの小粋なパン屋さんという風情でとても可愛いの。中に入るとそのスタッフの多さにビックリ。並んだパンを見て、これはかなり気合いが入ってるな、と感じたわ。普通のパン屋さんでは決してお目にかかることの無い、「フォカッチャいいだこ」「フォカッチャしらす」は焼き時間を待ってGet!

築地という場所柄、この魚介パンは絶対に買わなければならない逸品よ。たこパン、たこパン、とうわごとのように言いつつお皿に戦利品を並べてみると、そのデザインと彩りの良さに食欲増幅。たこはアンチョビとトマトで味付けされ、中央にはイイダコが直立、という大胆さ!しらすは大葉の上にたっぷり散りばめられ、チーズを乗せられていたわ。どちらもサッパリとした味わいで、あっと言う間にペロリよ。

素材の良さをうまく引き出した、かといって海海しすぎないイタリアーナな味わいが粋だわ。その他にもゴルゴンゾーラを包み込んだフランスパン、ピスタチオとアーモンドクリームで焼き上げたサクサクデニッシュ、カスタード内蔵のブルーベリーデニッシュ、どれもこれもがとにかく美味しいの。パン生地もしっとり、サクサク感が半端なく、久々においしいなと思えるパンに出会えて嬉しいわ。

あとで調べてみたら、パン生地には改良材、イーストフード、乳化剤未使用なんですって!このこだわりにも脱帽ね。パンのサイズは小振りだけど、こういった素材のこだわりや、丁度「おいしいな」と思うところで終わるのが実に良い。全種類制覇すべく通い詰めなくては・・!次回はサバサンド、サーディンパンを狙って飛ばしていくわよ!

【築地おりみねベーカリー】
http://oriminebakers.com/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2012年06月09日

スコーピオンズ日記 蠍団と漆黒の歌姫編

2012061070年代からパワフルに走り続けてきた蠍団「SCOPIONS」…2010年、解散宣言と共にリリースされたラストアルバム「Sting In The Tail」は彼らの集大成ともいうべき作品集ね。

リアルタイムで彼らのサウンドを聴いていたわけではないけど、前作「Humanity Hour1」ではその繊細な世界観に感銘を受けたの。今作はラストと言うこともあり、これまで育んできた蠍団サウンドが炸裂しているわ。

バンド名から想像するに、パワーで押すようなごり押しサウンドかと思いきや、これほどまでに切なくメロディアスだったなんて・・・初期のアルバムは聴き込んでないので比較しづらいけど、王道なものをきちんと王道として表現しているという部分に敬意を表したいわね。

今作ではリスナーのヘドバン姿が思い浮かぶ「ROCK ZONE」、冒頭のドラムが印象的な「Turn You On」とパワフルな作品が続いたかと思えば、「Lorelai」のようにメロディラインの美しさが際立つ作品も並び飽きさせないわ。

でも最も最後にふさわしいと思ったのは、我が愛する歌姫、ターヤが「「The Good Die Young」で参加している事よ!今作はMikael Nord Andersson&Martin Hansenというフィンランドのプロデューサーが手がけたので、この夢のようなキャスティングが実現したのね。

でも、ターヤの歌い続けてきたロックのスタイルは蠍団達が築いてきた王道スタイルから派生しているから、しっくりくるのよね。彼女のあのハイトーン・オペラヴォイスと蠍団の切ないまでも美しい世界が合致した時、思わずぞくっときてしまったわ。まかりまちがえば王道も野暮ったく感じてしまうことがあるけど、彼らが長い間積み重ね発信し続けてきた音は、どんなに簡潔な事をしたとしても蠍音・・・これが王者の風格というやつね!これからは次の世代が、新たな蠍道を切り開いていかなくては。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) 音楽 

2012年06月08日

ケモノヅメ日記 新感覚荒削り編

20120607オープニングに"勝手にしやがれ"の「オーヴェール・ブルー」を起用したアニメ「ケモノヅメ」。久々にオープニングでガン!ときた作品よ。

新進気鋭のアニメクリエイター湯浅政明氏が初オリジナル、初監督を務め、2006年8月からWOWWOWで放送されていたのだけど、残念ながらリアルタイム放送時はその存在すら知らなかったわ。物語は、世間を賑わす食人鬼を狩る「鬼封剣」の若き剣士であり後継者である桃田俊彦が主人公よ。

彼は食人鬼を倒す事に集中し、日々トレーニングを積む超真面目人間なの。そんな彼がある日魅力的な女性、上月由香と出会い恋に落ちるのよ・・・でも彼女の正体は食人鬼だったの。シェイクスピア的な悲劇と思いきや、ホラー、アクション、コメディの要素がふんだんに織り込まれており、テンポ良い脚本が実に心地良いわ。俊彦を軸としたキャラクター達の立ち位置や心情も1話で直感的に理解出来るし、作り込んでいながらもその作り込みを決して見せないスマートさも好感が持てるわ。

食人鬼はどこか「ウルトラQ」を思わせるデザインで、最小限の線画で描かれたキャラは味わい深い。監督自身この作品を「荒削りだけど面白かった昔の漫画気分を今のスタイルで楽しんでもらいたい」と語っていたけれど、まさにその通り。70年代線画を指示する世代には惹かれる部分が多いかもしれないわ。

最近の綺麗にトレースされた線に慣れている世代にはかなりアクが強いかも。1話では俊彦が由香と出会うまでのエピソードが描かれているのだけど、その展開の仕方はお見事よ。一番印象敵だったのは冒頭、お洒落なバーでイケメン鬼がブサイク鬼にどんな風に人間を食べたか自慢するシーンね。

でもブサイク鬼はそれを羨ましくも疎ましく思い話を聞きながらメールをする、でもそのメールは打ってるふりをしているだけ・・・鬼とはいえ普段は人間の姿をしているし、人間と同じように小さなヒエラルキーがあるというのは面白いし、こういった細やかな描写が随所に盛り込まれてるのが良いわ。かと思えばがっつり二次元的な猿がマスコット的に登場したりと、気を抜くと面白いポイントを見逃しそうで画面から目が離せないの。

1話見ると続きが非常に気になって、あ、こんな時間!という事態に陥ってしまうから、時間に余裕がある時に一気に見直したいわ。しかし、この新感覚アニメ・・・6年経った今でもまだ新感覚と言えるのは、軸になるストーリーがしっかりしているからなんでしょうね。湯浅監督がこの作品を通じて伝えたいこと、というよりは、この作品自体が監督の目に映る現代そのものなのかも。

【ケモノヅメweb】
http://kemonozume.net

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) サブカルチャー