2012年03月29日

紙芝居日記 ただいま執筆中!編

20120322ピポ子のUSTREAM「PIPOPIPO TV」で名物コーナーになっている『ダークファンタジー紙芝居』。

3月現在で第5弾目になるのだけど、毎回スケッチブックに油性ペンで大胆に描いていくので家のスケッチブックが急に増えたわ。

思いつきでどんどん絵を描き、放送の時にアドリブでストーリーを付けていくというスタイルだから、1回に使う絵の数は結構多いの。

その時々でTLに参加して下さったお客様の意見も取り入れるから、結末がどうなるか予測不能で楽しい。表紙のデザインはピポ子が物心ついた頃から変わらなくて、どことなくほっとする色合いなのよね。こういうアナログ文具は、この先もずっと変わらずにいて欲しいわ・・・。

2011okabeそして昨年USTでゲストにお迎えした、ビューティ・サイエンティストで大のマイケル・シェンカー好きの岡部美代治さん。とってもダンディで優しく、放送中はとにかく笑いが絶えなかったわ。

フォロワーさん達の質問ひとつひとつを丁寧に答えて下さり、普段雑誌では余り取り上げられない、不規則な生活を送る女性の肌のメカニズムと対応や大事な日の前日にトラブルが起きてしまった時の対処など事細かに教えて下さったの。放送終了後も反響が大きく、第2弾を企画中よ!

Mr.シェンカー曰く「日常を楽しむこと、大好きなものを見つけることが化粧品の効果を最大限に引き出す」だそう。なるほど、なるほどやはりアンチエイジングは"萌え"なのね!

【ピポ子のUSTREAM】
http://www.ustream.tv/channel/pipopipotv

【岡部さんWeb-ビューティサイエンスの庭-】
http://www.kt.rim.or.jp/~miyoharu/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) USTREAM 

2012年03月27日

美肌日記 隠れ家サロンにて・・・編

21120326最近お肌のメンテナンスをサボり気味だったので、代官山のサロン「Bell Espace」へ行ってきたわ。ここは1回に1組という完全予約制なの。

サロン自体はマンションの1室だけど、非常に広々とした間取りで贅沢。施術前のカウンセリングは長い時間をかけて行われるし、押しつけの説明や勧誘が全く無いのも好感度アップよ。

対応してくれたエステシャンの方も大変な美人で、始める前からリラックスできたわ。数々のフェイシャルコースの中でお薦めは「エレクトロポーション」!"エレクトロポーション"というのは、皮膚上層部の細胞と細胞の間に一時的に穴を開け美容成分を導入する施術の事なの。

高分子美容液を皮膚の奥に浸透させ、肌の張りや潤い、頑固なシミにも効果があるというから、早速チャレンジしてみたわ。機械が皮膚の上を這い回りながらつまんでいく為、痛いようなくすぐったいような今まで味わったことの無い不思議な感覚が・・・。その後はパックとデコルテマッサージという王道メニューが続き、気付けば高いびきという恥ずかしい状況に。

オプションメニューも充実していて、目元集中ケア、リフトアップマッサージ、石膏パックなどコースにプラスして気になる部分を集中ケアできるのも嬉しいわ。

コースは1万円台、オプションも2000円からというのもお手頃ね。珍しい機材があるというのは魅力だけど、それに勝るエステシャンの細やかな心遣いと技術に大満足よ。エステの醍醐味は短時間で理想の肌に近づけられる事だけど、何よりも大切なのは緊張を解いてリラックスさせてくれるという事ね。

お肌は正直だから、ちょっとした身体や精神の緊張を感じ取ってしまう。だからこそ恋をする女性は美しいのよ!そんなお相手にまだ巡り会えないあなた、次のチャンスに備えてこの隠れ家的サロンへ・・・うふふ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) コスメ 

2012年03月26日

あめちゃん日記 送り主にリンク・・・!?編

20120328先日久しぶりに漫画家の萠ちゃんとお食事に行ったところ、彼女から素敵なおみやげを頂いたの。

中野にあるキャンディ屋「Papabubble」の手作り飴よ!

こちらのお店は本店がバルセロナで、オーナーが「キャンディが宝石みたいで感動した。」という動機で始めたんですって。飴作りが始まると周囲には甘い香りが漂い、そこにいるだけで幸せな気分になりそうよね。

頂いたキャンディは程よい甘さで、色合いもちょっと和風寄りで可憐よ。ケースに移して置いておくだけでもその空間がぱっと明るくなるのが良いわ。

そういえば、全ての要素が萠ちゃんそのもの・・・名は体を、いやプレゼントは送り主を表すものなのね。味もサイズも丁度良いからって食べ過ぎには注意よ!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) ごはんですよ! 

2012年03月24日

Rihanna日記1 音もルックスも良い女!編

20120201快進撃を続ける歌姫リハーナ。最新作「Talk That Talk」は更に洗練された仕上がりになっているわ。

音的にはエレガントだけど、彼女のボーカルはより濃厚で攻撃的!前々からリハーナの発する音は民族的だな、と思っていたのだけど今作ではそれが更に色濃く出ているの。

ヒットチャートではお馴染みの「We Found Love」「You Da Thang」などのダンス・チューンでも、どこか粘着質な彼女独特の歌い方はたまらない個性を打ち出しているわ。ちょっとした”間”でも舌をつけたままのようなべたっとした発声が聞き取れるのだけど、これがたまらなくセクシーで力強い。彼女ならではの歌唱法なのかも・・・。

数々のキャッチーな楽曲の中で、実験的で際立っていた「Cockiness」はリハーナの声の魅力を最大限に引き出していたわ。楽曲の背景が非常に民族的で、リズムパートは殆ど男性ボーカル、要所要所にちょっとしたシーケンスがあるだけ、というシンプルな編成だけど曲の構成が非常に凝った作品よ。

中盤にリハーナの粘着質な中低音がどっしりと構え、男性ボーカルのロングトーンが非常に格好良くて何度も聞いてしまうわ。リハーナの描き出す世界はどこか等身大で、恋したり悩んだりする女の子なんだけどちょっぴり生々しくて好感が持てるのよね。力強いボーカルからは彼女の生き様が感じられるし、アルバムを発表する毎に”良い女”になっている様な気がするわ。

今作のジャケットはタバコの煙を吐き出すリハーナのアップ、ブックレットは素敵なワンピースを気にせず路上でどんと座り込む彼女の姿・・・どちらも素敵なんだけど、決して作り込んでいない、自然な彼女の表情を捉えていて印象に残るの。これまでのアルバムのジャケットは徹底した”作り込んだ感”を感じるけど、今回の作品は作り込んでいながら自然に、という感じかしら。なんとなく色々な意味でリハーナ色を確立した1枚!と言って良いかもね。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) 音楽 

2012年03月23日

パクチー日記 誰とでも相性抜群!編

20120319高校からの仲良し3人組は、食べ物の好みもシンクロ。女の子は必ずと言って良いほど大好きなパクチーの専門店、経堂の「パクチーハウス」へ行ってきたわ。

早くから予約をしていたのに店内はほぼ満席。”交流する飲食店”というコンセプトのもと、席は個々でなく大きなテーブルを皆で囲むというユニークなものよ。メニューを回したり、隣の人が食べているものを聞き合ったりしてコミュニケーションするのも楽しいわ。

タイ料理店などではパクチーが少量しかなかったり、追加料金を取られてしまったりして思う存分堪能できないけど、ここでは追加はフリーだし、お料理一つ一つにこれでもか!という程の量のパクチーが出てくるので大満足。「どれもこれもがおいしい」と3人で片っ端から注文してしまったわ。特に驚いたのはパクチーを揚げた「パク天」ね。塩を軽くまぶして揚げてあるのだけど、アフロのように大きいのよ。これを箸で割って食べたけど、3人でようやく食べ切れた、という具合よ。

お酒との相性はバッチリでかなりお腹も膨れたわ。人気メニュー、長時間煮込んだ豚バラとパクチーの「パクパクピッグパクポーク ビッグパクパクパクポーク」はさっぱりして美味しかったけど、注文の際この名称をきちんと言わないと注文を通さないという洒落っ気も。

その他にも砂肝とパクチーのピリ辛煮、豆腐を使ったサラダなど、パクチーはどんな料理にも相性抜群と知り驚いちゃったわ。お酒は勿論のこと、パクチーの根、茎、葉の部分を使った3種類のお茶があったりしてどれもこれも外れなし!のお見事さ。

店内は明るく、スタッフの皆さんも実に楽しそうに接客してくれるので居心地が良い。他にも色々試したかったけどご飯ものを食べずしてお腹がいっぱいになったのと、大量のパクチーを摂取できた喜びに次回の来店を心に誓ったわ。帰り際、パクチー蜂蜜とパクチー麺に心を惹かれたけど、オリジナルソング「パクチーのうた」ダウンロード可!という張り紙に大笑いしてこちらも次回へ持ち越しに。

好きなものを思いっきり食べると元気になるし、楽しい仲間とテーブルを囲めたら尚更おいしいわね。コンセプト、味、洒落っ気も文句なしの「パクチーハウス」。”No Paxi,No Life”は納得!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) ごはんですよ! 

2012年03月22日

CUNE日記 連なる・・・連なる・・・編

20120321裏原宿ショップ「CUNE」

以前ブログでも紹介したことがあるけど、このブランドは可愛いのにどこか毒づいているのが特徴よ。看板キャラクターのウサギが大好きで、色々なシャツや小物を集めたわ。

今シーズンは”台車”がテーマで、台車をベースにウサギが様々にアレンジされたデザインになっているの。しかし・・・搬入の時にでも思いついたのか、凄い発想力よね。先日親友が遅れた誕生日祝いと称して、ウサギの髪留めをプレゼントしてくれたの!連なるウサギに餃子の付いたスティックという、またもや強力なデザインよ。

「CUNE」の小物はすぐ完売してしまうし高額なので、なかなか買うタイミングを逃してしまうの。そんな心を知ってか知らずか、親友は素敵なチョイスをしてくれたわ。ただ髪をバッサリ切ってしまったので、一定の位置でないと留められないのが残念よ。

おかっぱピポ子を知らなかった親友はひと言「オー・ヘンリーの”賢者の贈り物”話みたい。」・・・なかなか粋な事を言ってくれるわ!大好きなウサギグッズは本当に嬉しいけれど、こうして楽しい雰囲気を作ってくれる友達は本当に大切。この髪留めのようにいつまでも楽しい時間が連なっていきますように・・・。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ファッション 

2012年03月20日

エル・ブリ日記 舌が恋するクリエイティブ編

20120320世界一予約がとれないという事で有名なレストラン「エル・ブリ」。

2011年惜しくも休業となってしまったけど、映画「エル・ブリ」が公開されていたことを知り、駆け込み鑑賞。映画は全くと言って良いほど宣伝されておらず、あるスペインレストランで公開を知ったの。興味を持つ人は多いから、もっときちんと宣伝をしてくれていたら、と残念に思うわね。

本編は、独創的な料理を提供する為1年の半分を営業、半分を新メニュー開発に費やすオーナー・シェフ、フェラン・アドリアと革新的な彼のチームの1年を追ったドキュメンタリーよ。ご存じの方も多いと思うけど、フェランが生み出す料理は全てが実験的で独創的。料理という概念を超え、革新的なものづくりとしか言いようがないのよ。今作では彼と彼のチームがいかにして前代未聞の作品を作り上げるかをじっくり見る事が出来たわ。

メニュー開発で他の場所へ移動する日、店内の機材と道具を全て移動させるこだわりにはびっくり。道具は癖があるから、常に同じものを使ってベストの状況を作っているのね。新鮮な食材と液体窒素のタンクが並んでいる厨房は、最早実験室としか言いようがないの!主任シェフのエドゥアルドとオリオールが脳味噌を絞り出すほどの案を出し、試作を作り、緊張しながらフェランの前に出すのだけど「まずいものを私に出すな!」という彼のひと言に現場は凍り付いたわ。

でもフェランは決して怖い人ではなく、あらゆる事に興味を持ち、妥協せず、感情を真っ直ぐに出してくる少年のような人ね。「クリエイティブとは真似をしないこと」をモットーに常に新しい作品を生み続ける彼らは料理を超え、芸術作品を生み出すアーティストと呼ぶべきかも。

エル・ブリはコース料理のみでその品数は多い時で40種類!二度と同じ料理は提供される事はないのよ。私のLIVEと同じだわ。ユニークなのはお客が厨房を見学してから食事を楽しみ、最後に厨房で別れの挨拶をするの。一般的なレストランでは考えられないけど、フェランは厨房が全て作品の源と捉えているからなのかもしれないわね・・・納得。

エル・ブリの作品は日本料理に影響を受けたものも多く、柚子や抹茶が使われていたりするけど、食材がかつて見たことのない形状でし、未体験な食感で登場するからお客は驚くばかり。食材のありとあらゆる特色を知り尽くし、常に研究しているからこそなせる技だわ。

メインの食事だけでなく、器、テーブルへ料理を運ぶタイミング、全てが計算され、軍隊のように徹底されているの。フェランは従業員全員に料理のテーマと哲学をきちんと伝え、どうしたらお客をびっくりさせ楽しませる事が出来るかを考えているのね。これって何をするにも一番大事なことなんだけど、なかなか出来ない事だわ・・・反省。

武士魂で料理界に君臨するエル・ブジ、今後は料理研究財団として更に斬り込んでいくそうよ。本店に行けなかったのは本当に心残りだけど、フェランの料理を超えたクリエイティブ精神は多方面で伝承されていくでしょうね。五感に訴えてくるものづくり・・・まだまだ先は長いなぁ。

因みに現在もロングラン公開中なので是非見に行ってみてね~(^_^)

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(4) 映画&TV 

2012年03月19日

ギリシャ料理日記 36度の熱いスタート編

20120316ギリシャというと青い海に白い建築物、そして神話というイメージね。名物料理は、というと朧気にしか思いつかないのよね。そこで、六本木のギリシャレストラン「SPYRO'S」に行って確認したわ。

お料理はどれもこれも手が込んでいて美味美味!食前酒に代表的な"ウーゾ"というお酒を頂いたけど、36度という度数の高さと独特の味わいにビックリよ。ツーンとするミントの様な香りに始まり、飲み終えた後にカッと広がる熱さ・・・どのお料理にも相性はバッチリ。

ハルミチーズを鉄板で焼いた"サガナギ"、エビ、蟹、ホタテのクリームパイ"シェルフィッシュパイ"、そしてメイン料理の豚肉の串焼き"ポークスブラギ"、どれもこれも女性が好みそうなラインナップよ。お皿に添えられた野菜にはフェタチーズが彩りを加え、オリーブの種類の豊かさにも驚かされたわ。

揚げ物や焼き物の横では、脇役のソースがその存在感をアピール!ヨーグルトとキュウリのディップ、マッシュポテトとガーリックのソースはお持ち帰りしたいくらいの美味しさなの。よくよく見てみると、どの料理もお肌に良いし健康的・・・ギリシャの女性が美しいのも頷けるわ。

白を基調に青いテーブルクロス、開放感溢れる内装も素敵だし、女子会かデートに使うには丁度良いお店かもね。六本木に寄る時は是非。"ウーゾ"はロックで楽しんで!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2012年03月18日

エクステ日記 Let'sずぼら道!編

20120317数々のつけまつげを試してきたピポ子。しかし、毎回100%納得した仕上がりに仕上げるのは難しいわ。朝の限られた時間で完成させななければいけないという緊張感、糊の付着によるまつげの損傷・・・かといってマスカラだけでは物足りないし、つけまつげは手放せずにいたのよ。

でも遂に、このストレスから脱却すべく表参道のアイラッシュ・サロン「Lueur」の門を叩いたわ!

アイラッシュ・サロンはまつげのエクステを施術するサロンで、技術者が自まつげに1本ずつエクステを植え込んでいくの。初回は100本くらい付けるのものだけど、ピポ子は仕上がりを考えて120本にしてもらったわ。

まつげのカールの角度、太さなどを事細かに打ち合わせした後施術なので、あとは完成までリラックス。「Lueur」のエクステは60種類以上もあり、他のサロンでタブーとされていたオイルクレンジングの使用が認められているので嬉しい限りよ。

はっきりとした目元にしたかったので一番太くカールが際立ったエクステを選んだけど、自まつげから派生しているので自然でありながらクッキリ!という印象になったわ。これならメイクをオフしても、顔の印象が極端に変わらないから有り難い。

メンテナンスは2週間から3週間に1回、取れた部分を補強したり一から付け直したりとその時の状況で変えられるの。これからは毎朝ずぼらでも許されるけど、美容院同様メンテナンスは定期的にしなければ・・・。やはり美は1日にしてならず、ね。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ファッション 

2012年03月17日

newiPad日記 綺麗すぎるぞ!編

20120318行ってきましたよ朝のAppleStore銀座に。何が目的ってそれは勿論newiPad!!

今日は開店が8時だったので、開店時間に銀座に着。すでに400人ぐらいの行列ができてましたが、めげずに最後尾へ。そして小一時間かかって店内にご案内…一人一人Appleスタッフの丁寧な接客でめでたくゲットいたしましたわ。

今回は解像度が大きいので容量も拡大化するだろうと思って64GBを購入、で色は黒に。初代が黒、iPad2が白なので今回は黒というオセロ仕様ww

newiPadでは宣伝文句が「iPad 2の4倍のピクセル数。鋭いほどシャープなテキスト。より豊かな色彩。RetinaディスプレイはiPadでの体験を完全に生まれ変わらせます。見るもの、体験するもの、すべてが驚くほどリアル。すべてが完璧な精細さを持っています。」・・まさにその通りでございました!

ただ、「うっすら重いnewiPad」ってのも事実です。iPad2では感じなかったのですが、今回は初代のように長時間使ってると手首にシビレが・・。

でも写真撮影も綺麗になって、2,048×1,536の解像度で彩度は44%向上は実際目にすると本当に凄いです。

まだファーストインプレションなので、おいおい使い勝手をレポートいたしますわよフフ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ハイテク 

2012年03月16日

ゴールド・ラッシュ日記 ツモリチサト編

20120308今年は絶対新しいお財布を買うぞ!・・・そう心に決めてあちこち探し歩いたわ。そして前回に続き、大好きなツモリチサトの長財布を入手したの。

今まではバックのサイズを考慮して、コンパクトな折りたたみタイプばかりをチョイスしてきたのだけど、今回は大冒険。カード類がいっぺんに収まるのと小銭が探しやすいのが嬉しいけど、何よりこのゴージャスなデザインを見よ!

まばゆいゴールドの中に浮き彫りの猫シルエット、更に猫の手チャームという猫好きの萌えを刺激するポイントが満載なの。ツモリチサトの猫ラインは可愛くて飽きが来ないし、猫好き心をくすぐる工夫があちこちに見られるのが良いわ。

実用面も良く考えられていて、内側だけでなく外側にも小銭入れがあり、頻繁に使うショップカードや領収書を入れておくのに便利なの。さてさて、このにゃんこ財布、果たして招き猫となってくれるのか・・・楽しみだわ。ザックザック、ニャンニャン。

pipopipotv at 03:54|PermalinkComments(2) ファッション 

2012年03月15日

つけまつげつけ日記 女っぷりも増量!?編

20120313最近ばっさり髪を切ったので、どうしても視点が顔に集中してしまうのよね。特に気になるのは目!・・・ビューラーとマスカラで際立たせても、まだまだ足りないわ。そこで数種類のつけまつげを購入し、どの形がどんな風に瞳の印象を変えるのか検証したの。

目の際だけタイプ、全体的に毛量の多いタイプ、長さがランダムなタイプ・・・種類が多いからビックリよ。

少し前までは、家で商品を付けてみないとわからないから失敗することもしばしばだったけど、このところ需要が多いのか店舗によって試しまつげが置かれているので助かるの。ピポ子は若干垂れ目なので、意外と際につけるタイプが合ってるみたい。

忙しい朝に下地、マスカラ、コーティング、という一連の作業をカットし、ビューラーの後すぐ糊、まつげ、の一瞬で完成するのも嬉しいわ。イベントでドールの様にバサバサに仕上げたい時もあれば、ビジネスでクールに見せたい時もあるし、シーン毎に表情を変えられるのは魅力よ。

まつげ専用糊は、透明以外にアイラインに馴染むように黒いタイプがあるから自然な仕上がりになるし、キープ力もあるので「あれ?まつげとれてるよ。」なんていう悲劇は少ないわね。目元が華やかになると気分が上がるし、シンプルなお洋服でもカチッとした印象に仕上がるから本当に助かるわ。女っぷりを挙げるにはまず目元から!ですわよ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) コスメ 

2012年03月14日

宮川香山日記 モダニズムの巨匠編

20120306どうしても実物が見たい・・・!その強い欲求に抗えず、お仕事を抜けて上野まで行ってきたわよ。お目当ては初代宮川香山作の「褐釉蟹貼付台付鉢」!!

香山は明治時代を代表する陶芸家で、早くから海外輸出で功績を挙げていたの。その卓越した技術で写実的な立体装飾を伴う作品を多く生み出したのだけど、この2匹の蟹は今にも動き出しそうよね。

写実的な部分だけを突き詰めると、どこか野暮ったい印象が残ってしまいがち・・・でもこの作品は非常にモダンだわ。蟹は徹底的な生々しさがあるにも関わらず、器のフリーラインは手の温度が伝わって来るような大胆さが。そして下部の差し色の朱が全体をグッと引き締めて粋な仕上がりにしているの。

蟹の色を再現するだけでも大変な事だろうに、これほどまでに美しく躍動感を持った作品が明治時代に作られていたなんて・・・ただただため息をもらすのみよ。命あるものは色褪せない、それを体現した銘品のひとつであることは間違いないわ!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) アート 

2012年03月13日

岡本太郎日記 究極の言霊編

20120310大好きな友人が、どうしても贈りたいと言って渡してくれた本「愛する言葉」

岡本太郎氏と妻、敏子さんの言葉が1ページにひと言ずつ綴られているのだけど、どの言葉も心に呼びかけ、やがて細胞に染み渡ってくるわ。

岡本氏の言葉は青、敏子さんの言葉は赤で表記され、まるで二人が読み手に向かって語りかけてくるよう。つらぬく、はぐくむ、ひきあう、かさなる、ぶつかるといった4構成になっていて、彼らが出会い、そして運命共同体として融合していく過程が見えてくるの。誰でも心惹かれる人が現れると、熱に浮かされたようになり他のことが見えなくなるわよね。

やがて嫉妬したり傷ついたりして、そのうち熱が冷めたりして・・・愛するって本当に忙しい。

でもこの本を読んでいると、男女間というものを超越した大きく深い人間愛を感じずにはいられないの。どれほど岡本夫妻がお互いを認め合い、己をさらけ出して真剣勝負で生きてきたのか・・・言葉ひとつひとつからエネルギーが溢れ、ただ愕然としてしまう。

敏子さんの言葉の中で「自分だけの問題なの。あふれる愛を人から与えてもらおうと思ってもそれは無理。お互いに相手を引き出すの。自分だけでは『自分』にはなれないもの。」という1節があるわ。この部分を読み返した時、あぁ、なるほどと大きく頷いちゃった。

恋愛という枠を超えて、人間として相手の良い部分を引出しそれによって自分も向上する・・・どこまでも向かい合って尊重しあえれば、些細なことは気にならないしつまらないいざこざも起こらないわね。その為には精神的な自立が必要だし、それによって生まれる余裕は絆を結びつける為の太いパイプなんじゃないかしら。

岡本氏も敏子さん同様、男女という意識を超えて人間として一体であるべきと語っているのよね。この2人は最初から感性のアンテナの高さが近かったのかもしれないけど、この大いなる愛情の前には全てが浄化されてしまいそう。運命の人はどこにいるのかしら、どうして素敵な縁が結べないんだろう、と悩む前にまず己自身のアンテナをピカピカに磨いておくことが大事。例え形式上は結ばれなかったとしても、全身全霊でぶつかっていける相手に出会えれば本当に幸せなのかも・・・。さ、これからやってくる出会いに備えて、お顔のパックもしっかりやりますわよ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) ご本 

2012年03月11日

シンフォニック日記part-3 音楽映画編

20120315part3は映画制作編・・今日もスタッフからのレポートで!

映画と音楽・・制作の現場では常に比重は映像がメインで音楽はサブ的な立ち位置ですよね。特に日本なんかはスケジュール的に時間と予算のしわ寄せがいつも音楽制作現場に来るわけです。更に映像を作ってる人達は音に対して無関心で極端な話、入ってればいい的な・・そしてNightwishのTuomasも音楽があっての映画を作ろうって密かに企画していたのですね・・勿論日本国内の低次元の発想ではなくてね。

映画はとにかくお金がかかるので、特に今回のように音楽先行という新しい試みにどうだろうかと心配していたのですが、何とフィンランド政府が最初に7千万円ほど援助してくれるとの事で色々あって約5億円規模に・・映画で5億円というと決して大きなバジェットではないのですが、それでも十分な額・・主体は音楽アルバムですからね。

機材はARRIのAlexaというREDのようなデジタルカメラで特殊合成も含めて順調・・作品タイトルは新作アルバムと同じ「Imaginaerum」…ファンタジー・アドベンチャーでテーマは永遠の傷跡・・生命と老いの恐怖・・。

映像表現は異なる二つの次元をいききする旅の様子として描かれます。年老いた痴呆症の主人公(音楽作家)は自分を探す想像の世界を巡ります。そして娘は父との絆を取り戻そうと勇気を持って行動するのですが、思いとは逆に二人の距離が遠ざかります・・そして暗黒面の障害の中である鍵をキッカケに道を見つけ出すのですが・・。

主演が誰々とかでなく、音楽物語などの本質からの映画化はきっと例がないでしょう・・これで利益が出るのかと問われれば、マーケティング主体の企画ではないのでわかりません・・と言うか音楽映画を歴史に残すという本当の意味でのレコーディング(記録)ですから・・ちなみにアルバムは昨年末に発売後欧州を中心に爆発的なセールスで、あまり力を入れてなかった北米でもビルボードアルバム総合チャートで最高位28位を記録するなど大成功と言える結果で今月から自国フィンランドツアーを皮切りにワールドツアーが展開予定です(日本は未定ですが)。

と言う事で三回にわたりスタッフレポートをお届けしたわよ・・映画は日本での公開予定は無さそうなのが残念ね。あ~しっかりとお金をかけるべきとこにかけて結果が後からついてくるって素敵な好循環よね・・今の日本のエンタメ業界って心が寒すぎるわ・・。

あ、最新アルバム「Imaginaerum」のレビューはまた後ほど・・フフ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) 映画&TV