2012年05月04日

エスペランサ日記1 ブラック&ゴールドの才能編

20120427昨年のグラミー賞最優秀新人賞に輝いた、シンガーでありベーシストのエスペランサ。ハッキリ言って賞なんてどうでもいい!プレイ・モードをスタートした時点で、全神経が彼女のサウンドに奪われてしまう・・・とにかくその類い希なるセンスと歌声にホールドされてしまったわ。

黒人アーティストは常にその歴史から生まれる反骨精神、宗教的な流れを汲んだソウルフルな魂の叫び、メロウな愛・・・といった表現が主流だと思い込んでいたピポ子にとって、彼女の登場は衝撃以外何ものでも無かった。日本でいう"癒やし系"の声というのは嘘くさくて大嫌いだけど、エスペランサの声は何の混じり気も無い純粋な養分だけで構成されている気がしてならないの。

オケにスーッと馴染んだまま登場し、各楽器に寄り添うように回遊したかと思えば共に消えていく・・・これは機械的な操作でも何でもないのよ。何故なんだろうと色々考えた結果、2つの考えが浮かんだの。エスペランザはベースをプレイする、つまり音の屋台骨を自分で築きながら歌という肝の部分を担っているから自分で作品の流れを完璧にコントロール出来ているのよ。

歌はメッセージであるけど、プレイヤーである彼女はメロディーラインは楽器のパートに近く、それが楽曲に自然に溶け込んでいるからなんだわ。そして歌には常にその人自身の生き様が出てしまう・・・自分自身に誇りを持ち、それをギスギスせず大きな気持ちで捉えられるような環境で生きてきたからではないか、そんな結論に達したの。

エスペランサは大きなアフロがチャームポイントなんだけど、あるインタビューで髪型についてふれられた時こう言っていたわ。「髪は私の心に、私が自分のスピリットと捉えているものに凄く近いところにあるから私の魂が何らかの形で宿っていると思う。だからヘアアイロンは使いたくない」と。

多くの黒人女性はストレートヘアを望んでそれを実現させているそうなのだけど、エスペランサは自分の信念と誇りを外見でも表現していたのね。ニューアルバム「Radio Music Society」を1枚聞き終わる頃には、その楽曲の質の高さにただ口があんぐり。

計算され尽くした技が幾重にも連なり、それを嫌味なくやってのけ挙げ句の果てに「え?なにもやってませんけど、なあに?」というナチュラルさ。玄人好きの小難しいことをやっていてもそれをさり気なくやってのけるから、結果聴きやすいという究極の技・・・これは恐ろしい。"仕事脳"で聴いてしまうと神経が集中して疲れてしまうけど、心地良く美しいエスペランザの歌声に身を委ねれば、たちまちポカポカ陽射しの中でお茶を飲むような気分になれるわ。

楽曲「Black Gold」は民族の誇りが伝わると共に、母のように大きな愛で洗礼を受けているよう・・・。しかし、ルックス、声、溢れる才能とセンス、といくつもの武器を持つエスペランサ。世界はあなたに跪くしかないのかもしれないわね。まさにブラック&ゴールドよ!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) 音楽 

2012年05月03日

アンドレア日記 オリエンタル編

20120425最近ママは外食が多いんだニャー。おかげでミーはいつも留守番…どうやら今日はチベット料理のコースを堪能してきたらしいニャーよ。目黒にあるMayaってお店でとてもオリエンタルな雰囲気でスタッフも全員ネイティブで異国情調たっぷりだったそうニャー。

インドの薄焼きせんべいやタンドリーチキン、モモって言うネパール風の蒸し餃子やに大根の和え物、定番のシシカバブにたっぷりな野菜カレーとチキンカレー…お腹いっぱいって言って、またそのまま寝ちゃったニャー。

何でも店内のBGMも現地のインドPOP略してi-POP!?…だったらしいのだけど、今風のPOPなアレンジでインド楽曲をアレンジしてあって歌心がとても感じられたって言ってるニャーよ。心の通ってない最近のJ-POPよりずっとずっと素晴らしいって。

レストランのインテリアがとても非日常的でライティングもとても綺麗でベリーダンサーが出てきそうでって、帰るなり腰をフリフリしながら酔っ払ってるニャーよ。でもベリーダンスさせたらミーの方が上手だって事は知らないらしいニャー)ૂ(=^..^=)ૂϠ੭

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(6) ごはんですよ! 

2012年05月02日

THE 料理教室日記 和食から始めよう!!編

20120424最近、料理を基本から学びたいと思い、料理教室に行くことにしたの。今まで自己流でやってきてしまったからこの辺りで基本の基の字をおさえたい、というのが一番の理由ね。

初めての教室は準備の段階から緊張・・・エプロンと三角巾、ふきんを用意という事だったので、気持ちを上げる為にオール猫柄で新調したわ。教室に入ると、年配の男性1人を除いて全部女性!さぞかし男性は肩身の狭い・・・いや楽しい気分だったに違いないわ。

プログラムの内容は、まずは講師の説明を聞いてから実習、そしてまた講義、実習、試食、質問、片付けという流れよ。1つのテーブルに4人のチームで、初めて会った人同士が協力しあって作業するというのが一番緊張したかも。

今回の課題は、鰆の木の芽焼き、筍と豚肉のきんぴら、三つ葉と麩のすまし汁の3品。限られた時間の中で3品作るというのは非常に困難で、講義のメモを片手に確認しながら見回る講師に質問しながら進めていったの。

普段は計量スプーンで計るという行為は全く行わないので、改めて調味料の分量を目で確かめることが出来て新鮮な気分よ。火の強さ、調味料を入れるタイミング、調理道具の扱い方、どれもが何となくしか理解出来てないことを思い知らされたわ。盛りつけに至るまでの間、料理というよりも戦闘といった雰囲気で、各工程をこなすのにへとへとになってしまったわよ。

ひとつ気になったのは、筍を炒める際に上白糖を使ったのでどこか変な甘みが残ってしまったことなのよ。早速講師にその甘みを解消する術はないかと質問すると、メイプルシロップで代用してはどうかという答えが返ってきたわ。家では殆ど上白糖を使わないので、甘みを出したい時に蜂蜜かメイプルシロップを使うことに決定。やっと出来上がった作品を皆で食べるのは楽しいけど、ちょっと調味料の量を間違えたのか、我がテーブルの鰆焼きはややしょっぱめに仕上がってしまったのが残念。

でもこうして一見難しそうでも"やれば出来る!"という意識が料理への関心や楽しさに結びつく訳だから、ちょっとワクワクしてくるわ。仕上がった作品をここでご紹介するのが自然な流れだろうけど、自分で納得がいかないので写真をアップするのは控えさせて頂くわね。

次回は煮物とお浸しにチャレンジするの・・・楽しみ!でも、せっかく学んでもきちんと復習しないと身につかないから、夕飯にこっそり作ってみないとね。今度はピポ子オリジナル味付けでチャレンジ!!か!?そして、花嫁修業は密かに進行中なり・・・ふふふ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(4) ごはんですよ! 

2012年05月01日

蕩けるラスク日記 宮城から春の風…編

20120421恒例である高校時代親友の食事会の席で、親友のひとりがおみやげにスイーツをくれたの。彼女は凄くセンスが良い子なので、毎回びっくりするようなおみやげを持ってきてくれるわ。

今回は彼女の嫁ぎ先、宮城県のケーキ屋さん「Patisserie MONK (パティスリー・モンク)」の手焼きラスクよ。

こちらはパティシエさんが一人で切り盛りしているお店で、在庫が無くなったら閉店するというこだわりよう。頂いたのはお抹茶味で、口に入れた瞬間サクサクした食感・・・と思いきやすぐ溶けてしまったわ。最初は甘さとお抹茶の風味が程よく香りだし、歯ごたえと後味の良さが残るので、あっと言う間に半分以上平らげてしまったの。

他にも桜の季節にちなんだ味もあり、ルックスの可愛らしさも魅力的よ。2011年の11月にオープンしたばかりの若いお店だけど、パティシエの体温と意気込み強く感じられて息の長いお店になりそうね。機会があれば他のスイーツも試してみたいわ。お近くの方は是非!

-MONK web site-
http://patisseriemonk.com/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2012年04月28日

峰不二子日記 大人向けの定義編

20120423アニメ「峰不二子という女」放映開始でTwitterのタイムラインが賑わっていたので、興味津々で視聴!

ルパンシリーズは初代青ジャケットの原作近いルパンがお気に入りなので、「カリオストロの城」には抵抗があったのよね。今回峰不二子にスポットを当て、原作に近い絵柄で"大人のルパン三世"が展開されるというから期待大よ。

最近は女性の進出がめざましいアニメ業界・・・「サムライチャンプルー」でお馴染みのマングローブ最新作「ミチコとハッチン」の山本沙代監督が今回指揮を執るというのも注目ね。原作の大胆さと女性ならではの繊細さが作品を独特な風合いに仕上がっていたわ。オープニングのインストは不二子の神秘的な部分をクローズアップし、レトロに装飾されたフォントが更にその世界観を引き立て、作画、音、フォントの3種の神器が見事に融合したという印象よ。

沢城みゆき嬢演ずる不二子は、若干艶やかさを意識しているのかな?という雰囲気は否めないけれど若き不二子というイメージで新鮮ね。私達の耳に馴染んでいた増山江威子さんの上品で大人、でも可憐という不二子像を塗り替えるには少し時間がかかりそう。

ルパン役の栗田貫一氏も最早"クリカン"とは呼べない本格派俳優・・・山寺宏一氏の銭形も惚れ惚れするような渋さで新旧いいとこどりといったところかしら。でも思い切って全キャスティングを改めるというのも潔かったのでは・・・と思えるわ。

ストーリーは不二子があるカルト教団の教祖の元へ輿入れするシーンから始まるの。彼女は教祖が信者を洗脳するために用いた「フラフラの灰」を奪うのが目的だったのだけど、同じ目的で潜入していたルパン3世と鉢合わせし対決するというもの。

最近では全くお目にかかれなかった、ピポ子がずっと待ち望んでいた70、80年代の鉛筆の"生き線"トレースが涙もの、全体的な色のトーンもディープでたまらないわ!ただひとつ残念だったのは、ストーリーと演出かしら。大仰な見せ場があるにも関わらず、とにかくスタイリッシュに見せようという感じが強くて全体的に軽くなってしまったわ。

1話から神秘的な不二子像ではなく生々しい女臭さだけが残り、ラストにルパンが銃を撃つポーズをとるという部分が陳腐・・・といった具合に、引っかかる点は多々あるわね。

放送終了後は不二子の胸の部分が露わだという指摘ばかりが目立ち、本当の意味合いで"大人のアニメ"とは言い難い気がするのよね。2話以降大好きな次元と五右衛門が登場するだろうけど、どうかキャラクターの奥深い部分を描きつつ、粋な不二子とルパンの感情の交差を楽しませて欲しいものね。今世紀最高の悪女・峰不二子から目が離せないわ!

ちなみに、今日のイラストは「もし、不二子がデブになったら」というものよ…フフ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(4) サブカルチャー 

2012年04月27日

アンドレア日記 インディペンデント映画編

20120420今日もママは試写会へお出かけのようだニャー。いつもは洋画が多いのだけど今回は邦画で独立系の作品らしいニャーよ…タイトルは「シーソー」

何でも独立系の映画だけどSNSを活用して単独配給にこぎ着けたそうで6/30日から全国の劇場で公開予定らしいニャー。

物語は…少しずつバランスを欠いてゆく都会で暮らすカップルの揺れ動く情感、微妙な 気持ちのずれ、恋愛心理を切り取った、老若男女、新婚、既婚、未婚問わず、全てのカップルたちに贈る せつない愛の寓話…って事らしいニャーよ。

今度、監督とお話をしてからちゃんとレビューするって言ってたから楽しみにしてるニャー。

【公式webサイト】
http://seesaw-movie.jp/

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) 映画&TV 

2012年04月26日

カチューシャ日記 留めるか魅せるか…編

20120419ボブにしてから、作業中髪がぱらぱらと落ちてきて気になるわ。髪が頬にかかるとニキビのもとになるし、何より気が散ってしまうのはいただけない。そこで、集め始めたのがカチューシャ!

髪のばらつきは抑えられるし、ビジュアル的にも落ち着くのが良いわ。

最近では細めで飾りの大ぶりなタイプが主流みたいだけど、なるべく髪が纏まるタイプをセレクトしてみたの。テーマはゴージャス、キュート、ワイルドの3点。

最近のお気に入りはシルバーの太めタイプ!これはお出かけは勿論、洗顔をする時に非常に便利よ。小振りのイヤリングを合わせて髪を後ろに引っ詰めれば、それだけでアダルトな雰囲気満載なの。

更にお花付きタイプはシンプルなワンピースに合わせるとちょっぴりよそ行きに見えるわ。幼稚に見えない程よいサイズだから、内巻きスタイルに合わせると上品な仕上がりに。

そして・・・スタッズつきリボンタイプは存在感大ね。敢えて合わせるならカジュアルなTシャツかしら。こちらも髪を膨らませて、その間からドーンとリボンを見せれば可愛いかも。

このところ髪にぴったり張り付くような大ぶりのヘアアクセを付けている女性が目立ち、どこかマンティックな印象が残るわ。ヘアアクセって女性をおしとやかに見せる効果があるから、女っぷりを上げるアイテムとして使いこなすのもいいかもね。仕事中着用する時は留める為、外出する時は魅せる為。さて、今日はお花を付けてお仕事しよう!

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ファッション 

2012年04月25日

桂正和日記 線画の王子様編

20120418「ウィングマン」「電影少女」最近では「Tiger&Bunny」のキャラクター原案でも注目を集めた桂正和氏の個展「桂正和の世界展」に行ってきたわ。

彼の最新作「ZETMAN」のアニメ化を記念し開催されたのだけど、初の個展というのが意外よ。会場は渋谷のPARCOギャラリー。作品の雰囲気に合っているし、何よりご近所だったので行きそびれる事が無くて良かった。

会場には「ZETMAN」の原作複製原画や絵コンテなどを中心に過去の作品の複製原画も展示されていて、桂ワールドを堪能することが出来たわ。ここ数年は漫画を殆ど読まなくなってしまったので桂氏の活躍は「Tiger&Bunny」が表立って聞こえがちだったけど、歴代作品が集結しタッチの変遷を目の当たりにすると、あぁ、ここに歴史有りと感慨深いものが込み上げてくる。

こうして桂氏の作品を間近で見てみると、その線の丁寧さにただ唖然!「電影少女」ではミュシャを彷彿とさせる色遣いにため息・・・よくよく見ると、女性の鼻の部分はアウトラインを描かずに色の陰影だけで凹凸がついてる事に気付いたの。

普通に考えると、顔の輪郭やパーツをしっかり描くなら中心にある鼻もくっきり描かないとバランスが取れないわよね。しかしその中心をぼかすことで瞳の美しさが増幅し、なんともいえない可愛らしさが強調されているのよ。

当たり前かもしれないけど、作品毎に作風が描き分けられており、プロフェッショナルとはかくあるべきか・・・と改めて思い知らされたわ。

桂氏の描く女性は、可憐、清楚、おしゃま。身体の線が柔らかく、とにかく瞳が美しい。女性の理想をそのまま紙上で表現してると言って良いわ!特にティーンエイジャーの大人の女性へと爪先立ちするような過渡期の美しさを描かせたら、彼の隣に出る人はいないかも。

会場正面に来場した桂氏の直筆ヒーロー像が飾られていたのだけど、下書き無しでも無駄な線が全く無いのよね。彼はそのルックスも実にシャープ・・・敢えて言うなら"線画の王子様"だな、などと考えながら会場を後にしたピポ子でした。


pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(2) アート 

2012年04月24日

お台場日記 このバス乗りたいぞ編

201204174/19にお台場に新しく「Diver City Tokyo」というショッピングタウンがグラウンドオープン。

お家が品川駅近でお台場も臨海線で一駅って言う近場なんだけど、何せ海ををまたいで感じなのであまり行く機会が少なかったのよね。

そのな時、目の前をこのバスが!!「ODAIBA RAINBOW BUS」

え、って事は品川駅から直結でお台場まで行くのかしらと思って調べてみたら、今月からの新設路線ではありませんか…運賃は\200で1時間に2本のペースで運行されてるようなのよね!

まだ乗ってないけど、これは近々に体験してくるわ!

「Diver City Tokyo」がオープンしたてでまだ混み混みだと思うので平日のお昼間に利用してみようかしら…フフ(^_^)

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(4) サブカルチャー 

2012年04月23日

肉肉日記 パワーが足りない編

20120416天井の高いお家に引っ越したのはいいけど・・寒い!!

それも窓が全面ガラスだから余計に・・寒い!!

まぁ、予想はしてたけど、こんなに足下が冷えるとエネルギーが削がれる感じで常にハンガーノック状態なのよね。

なのでそれを補うには肉を食うしか無い!!と言う事で最近は肉食べ放題のお店に行く回数が増えてきたのよ。

今日もA5和牛を食べ尽くしって事でパワー充填!

健康を考えるとどうかなって気もしますけど、やっぱり身体が欲するというか、食べないとやる気が起きないというか・・でも食べれるって事は健康の証ですからモリモリ頂きますわよ。

さぁ!お店のご主人、ドンドンお肉持ってきて(^_^)v

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) ごはんですよ! 

2012年04月21日

第9地区日記 真のドキュメンタリー編

20120413低予算、無名俳優のみの起用などをもろともせず数々の賞を受賞した2009年公開の映画「第9地区」。その見事な発想力と映像に、まだ記憶に新しい方も多いはず。

物語は、南アフリカ共和国の上空に突如エイリアンの宇宙船が出現したところから始まるわ。エイリアン達は支配層の死亡と宇宙船の故障により難民となり、MNUと呼ばれる超国家機関の監視の下、第9地区に隔離されるの。しかし市民とエイリアンの争いは絶えず、エイリアン対策課職員のヴィカスは彼らを強制収容所へ移住させようと第9地区から立ち退かせようとしていたの。その際、ヴィカスはあるエイリアンの家にあった謎の黒い液体を不注意で浴びてしまい、やがて身体に異変が起きてしまう・・・というストーリーよ。

何よりもお見事なのは、一見ばかばかしいともいえる状況を"真剣に"ドキュメンタリーにしているところね。

MNU職員のインタビュー、手持ちカメラでの臨場感ある映像、どれこれもがきちんと作られていて笑えるけど笑えない、という印象よ。エイリアンのルックスは甲殻類でグロテスクだけどキャットフードが大好物、ギャング団の食い物にされ食料のツケを払わせられたり暴行を受けたりと、かつてのエイリアンのイメージを覆したわ。この設定だけでも大笑いだけど、ストーリーが進行するにつれエイリアン達の悲哀と苦しみがじわじわと滲みだし、アパルトヘイト政策、差別といった本作のテーマを十二分に理解出来たの。

そしてとにかく印象深かったのは、ヴィカスを演じたシャールト・コブリーね。セリフの殆どがアドリブというのがお見事だけど、それが更にドキュメンタリー度を増す結果になったのでしょうね。最初は冴えない、妻の父親に頭が上がらない優男だったヴィカスがエイリアンに変貌していく間、妻への愛と孤独、人間としての卑怯で愚かさを晒していく様は実に生々しく人間臭く、非常に心を打たれたわ。

人間誰しも世間で生きて行く以上、上司や親、親戚とうまく関わっていかなくてはならないし、立ち回っていかなくてはいけないのよね・・・でもそれは時に自分を偽ることにもなる。だけどその中で自分にとって大事なものは守らなくてはいけないし、信念を貫くべきなのだわ。

登場するエイリアン、ヴィカス、彼の家族と同僚、ギャング、それぞれの立ち位置が自分の日常に当てはまってくるし、大笑いして見ていても最後は己の心と向き合わされる・・・この作品は、本当の意味でのドキュメンタリーなのかもしれないわね。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(4) 映画&TV 

2012年04月20日

アンドレア日記 林檎を支える編

20120415ベッドの上でモフモフしながら寝ていると、ミーの後頭部が妙にポカポカしてくるので何かニャーと思ったら、どうやらママがMacの支えにしてるだニャーよ。

まあ~ミーは筋肉質だし、若いし、でかいから仕方ないかって感じ。

家は林檎製品ばっかりだから、ミーはそれを支える大黒柱ってポジションだニャー。

たまにiPadで遊ばせてもらってるから背中ぐらい貸してやるニャーよ(=^..^=)

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) アンドレア 

2012年04月19日

ミニチュア日記 小さな物語編

20120414女子は細々としたもので気分を上げるのが大好き。デスクの片隅やテーブルの上など、ちょっとしたお花を飾ったり可愛い置物を置いたりして気分転換を図るのよ。特に洗面所はメイクなどで長時間過ごすから、視界に心ときめくものがあるとメイクののりも違う気がしてくるわ。

うちは戸棚が多くて収納には事欠かないので、洗面台のデッドスペースを活かしちょっとした小物を置いてみたの。実用的に綿棒を入れたり、アイペンシルを入れたりするものを兼ねられたらいいなと思っていたら、うってつけの置物を発見!本の形をした小物入れは綿棒を入れるに程よい大きさで、その雰囲気で統一しようと、フレームだけの写真立て、その中には同じ白のミニチュアの椅子、そして鳥かごには同じく白い鳥・・・を変更し兎を閉じ込めて釣ってみたわ。

そして一番置いてみたかった観葉植物を中央へ。

これだけで何だか不思議な物語を綴れそうよ。『小さな森の奥の小屋で偏屈な女の子が住んでいた。彼女は写真を飾ることを嫌い、母の遺した椅子を巨大なフレームの中に飾っている・・・それが彼女の唯一の思い出。女の子は自由な鳥を捕らえることが出来ず、野で走り回る兎を捕らえて慰みとし、日々物言わぬ植物を育てて暮らしているのだった。』よくよく考えると暗い話だけど、こうやって想像力を膨らましていくのも楽しいものよ。

これからもちょこちょこ小物を買い足しながら、次の物語の展開を考えていこうかしらね。そのうちドールハウスが出来上がっていたりして・・・ふふふ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) アート 

2012年04月18日

イヴロム日記 キング・オブ・クレンザー編

20120403頂いてからずっと使わずに保管していた化粧品「イブロム」。

実はクリームなのかゲルなのかわからないまましまい込んでいたのだけど、vogue誌で「世界一のクレンザー」と評されていたのを知り、手の届く場所へ移動。最近ピポ子の肌は乾燥が酷く、なるべく負担がかからないものを必要としていたので早速使ってみたわ。

ケースを開けると薬草のような独特の香りがして、ざらっとした手触りのクリームが・・・。顔に付けてみるとあっという間になめらかな感触に変わり、洗い流すと肌にもちもちっとした弾力が戻っていたわ。汚れが落ちるというより肌本来の機能を正常に戻してくれる、という感じね。

調べてみると、イヴロムは英国を代表するフェイシャルセラピストで、少ないケアで多くの恩恵をもたらすフェイスケアを推奨してるの。クレンザーを使う時は、耳から鎖骨、こめかみからあご、口の周りの指圧を行い、肌本来の美しさを取り戻す事を目的にしているわ。

マッサージをしているうちに毛穴に詰まった汚れが自然に落ちているし、何より潤いと弾力が残っているというのは嬉しいかも。これは確かに世界一のクレンザーと言えるわね!ただ、100mlで15000円というお値段も・・・キング級であることは間違いないわ…トホホ。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) コスメ 

2012年04月17日

禁断症状日記 依存の快感編

20120411電車やバス、街の至る所、老いも若きも視線を落として携帯に見入っている・・・そんな光景を目にしない日は無いわね。

今や携帯やスマートフォン所持は当たり前の事、もし落としたり無くしたりすれば、自分の仕事や生活の機能が停止してしまうという不安感を抱く人も多いわ。そんな中アメリカの大学生を対象に、音楽を含めて携帯メール、Facebook、テレビ等のメディアに24時間一切接触を禁じたらどういう症状が出るかという実験が行われたのよ。

結果、学生達の多くは一時的とはいえこれらのメディアとの断絶に渇望と不安を感じ、ドラッグやアルコールの中毒に似た禁断症状を体験したんですって!ある学生は自分の依存状態を「胸が悪くなる」、別の学生は「自分の人生から隔離され孤独」といった強いストレスを感じていたとか。

日本でこの実験をしたら、全く同じ結果になったかもしれないわね。ネット中毒というのは現代病だけど、アメリカでは中毒を治療するセンターが各地にあるそうよ。これらの中毒が嵩じると大学中退や失業、借金に繋がる可能性が高いというのが理由なんですって。それほど諸外国では深刻に受け止めているという事なのね。

FacebookやTwitter・・・色々なソーシャルネットを利用して人とコミュニケーションをとるのが当たり前の昨今、その中で自分の存在を見出す人も少なくはないわ。ネットという宇宙は人間関係を無限大に広げてくれるし様々な可能性を見出してくれるけど、そこに依存しすぎると弊害を生むのも確かよ。

人間関係においてはネットで程度にコミュニケーション、あとは実際に顔を合わせて話す、というスタイルにしないと・・・文字だけでは誤解を生み出してしまうから要注意だわ。ピポ子もどちらかといえば依存度が高いけど、窓の外の桜に目をやることも忘れないようにしないと、ね。

pipopipotv at 00:01|PermalinkComments(0) 自分探し